チーム唯一のマルチヒット放った梶谷隆幸

4月30日に東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの一戦に、「1番・右翼」で先発出場した梶谷隆幸は、4打数2安打と2度に渡り、先頭打者で出塁し、1番打者としての役割を果たした。

第1打席、第2打席は中日ドラゴンズ先発の柳裕也の前に、ゴロアウトに抑えられたが、6回先頭打者で迎えた第3打席、柳裕也の初球チェンジアップを捉え、センター前ヒットを放つと、8回には中日ドラゴンズ2番手・又吉克樹の8球目146キロのカットボールをバットに当て、ボテボテの当たりながら、内野安打とし、チーム唯一のマルチヒットを放った。

1番打者の梶谷隆幸が2度先頭打者で出塁するも、巨人打線の中軸である坂本勇人が2つ、丸佳浩が2つ、岡本和真が3つと三振の山を築き、丸佳浩は加えて2併殺と制裁を欠き、好調の巨人打線が沈黙した。

巨人打線の中軸が無安打に終わったことに対し、原監督は「そうね。本人たちは対応するでしょう、次回」。と次戦での活躍に期待した。

4試合連続安打中の梶谷隆幸が1番打者としての役割を果たし、打率.280まで上昇させており、巨人打線を盛り上げている。

梶谷隆幸には引き続き、ヒットを量産し、連続安打記録を伸ばしてもらいたいものだ。