GW交流重賞最後の1戦、船橋競馬場で開催される「かしわ記念(JpnⅠ)」。

この時期のGI級レースとあって、GI級を勝った5頭を含む12頭が揃った。

特に今年は地方所属馬のメンバーが厚く、混戦模様となっている。


そこで地方所属の有力メンバーを挙げてみよう。

・2021年川崎記念(JpnⅠ)を制した⑥カジノフォンテン

・牝馬限定交流重賞を2勝目船橋競馬場と好相性の②サルサディオーネ

・近走の交流重賞では常に掲示板内の⑤ミューチャリー

JRAの牙城を崩すことが出来るのは、実績からこの3頭と考えられる。


対するJRA勢。

・今年のフェブラリーS(GI)を勝った③カフェファラオ

・昨年のかしわ記念勝ち馬⑧ワイドファラオ

・2019年のフェブラリーS勝ち馬⑩インティ

・GI級1勝だが末脚が魅力の⑫サンライズノヴァ

以上4頭が有力候補に挙がる。


勢いと実力から言ったらカフェファラオが筆頭と言いたいが、気になるところもある。

唯一の地方ダートを走った、ジャパンダートダービーで参敗していることだ。

ただ、この時は重馬場だったので、それが原因だったかもしれないが、そもそも地方ダートが合わないのかが分からないので、本命に挙げるのを難しくさせている。


となると、近走の成績から地方勢のカジノフォンテンが本命に挙がってくる。

GI級レースでも安定した走りを披露しており、マイル成績も良いため、ここでもJRA勢を撃破する可能性がある。

そこで、3連単はカジノフォンテン1着、カフェファラオ2着。

3着にまだまだ見限れないインティ、末脚がハマれば怖いサンライズノヴァ、名手・御神本騎手のお手馬のミューチャリーを推奨したい。


果たして、地方の星・カジノフォンテンはここでもJRA勢を倒すことが出来るのか!?

発走は5月5日 船橋競馬場 11レース 16:05予定。