飛距離を生むバックスウィング始動時の下半身の動きとは!?

バックスウィングでエネルギーをためる上半身の動きを紹介します。

上半身も下半身同様、しっかりと回転させることが重要です。

そのためには、バックスウィングの始動とともに左肩を低い位置に下げるように回していくことが必要です。左肩はバックスウィングの始動で低い位置に向かい、アゴの下に入ってきます。

肩を水平に回そうとする人は、アゴが邪魔になり身体の回転が止まります。

しかし、軸は前傾しているので軸を中心に回転しようとすれば左肩は動き出しから下へ向かって動くのが正しいのです。 左肩を下へ動かせばアゴが邪魔せず、肩が回ります。トップのポジションで左肩はアゴの下を通過し、右足側まで回るのです。

この動作を身に付けるドリルを紹介しましょう。

スタンスの中心に棒を置いてアドレスし、バックスウィングをします。左腕が地面と平行になるまでに、左肩が棒を越えて右足側に回り込むように動かします。

ぜひ、試してみてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。