いも類、根菜類は糖質高め

野菜はヘルシーで、脂肪を減らすには最適な食材ととらえている人は多いと思います。ただ一口に野菜といっても、どんどん食べてほしい野菜と、注意してほしい野菜があります。

たとえば、じゃがいもやさつまいも、里芋、山芋などのいも類は糖質が多いので注意が必要です。食物繊維は豊富なのですが、糖質含有量もじゃがいも1個(150グラム)につき22グラム、さつまいも1本(250グラム)は65.7グラムと高め。春雨や片栗粉もいも類のでんぷんが原料となっているため控えたい食品です。

また、根菜類も糖質量が比較的高め。かぼちゃは50グラムで8.6グラム、にんじん小1本(90グラム)で5.6グラム、れんこん小1個(120グラム)で13グラムです。甘いフルーツトマトも糖質が多いので食べ過ぎは禁物です。

ただ、いも類や根菜類に含まれる糖質は多糖類と呼ばれるもので、ほかの糖質に比べて消化・吸収に時間がかかるという特性があります。食物繊維も豊富なので食後に血糖値が急上昇することはないため、極端に減らさなくてもよいでしょう。

一方、葉物野菜は糖質が少なくビタミンCも補給できる優秀な食材です。ブロッコリーやほうれん草、アスパラなどはたんぱく質の代謝に不可欠な葉酸を多く含んでいるため、肉や魚、卵などと合わせて食べるとよいでしょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話』
著:栗原毅

シリーズ累計発行部数150万部突破!ダイエットでも健康でも超重要な『内臓脂肪』をテーマに、速攻で落とせる方法を医師が解説する図解シリーズ最新作! 新型コロナウィルスの影響でテレワークの導入や、不要不急の外出など、何かと家にいる時間が多くなっているため、運動不足や食事量の変化により、肥満になって健康状態が悪化してしまう人も多くいます。 そこで問題なるのが『内臓脂肪』。ゆるキャラみたいなかわいいぽっこりおなかになってきた……と悠長に考えている場合ではありません。 内臓脂肪の増加は見た目の変化だけでなく、放置すると健康状態に様々な悪影響が出てきます。 本書ではそんな内臓脂肪が増えてしまう理由から、速攻で落とす食事法まで、すぐに使える超実用的な情報を幅広く紹介します。 『内臓脂肪の前に脂肪肝が問題』『内臓脂肪を減らすには緑茶を飲むのが最短ルート』『お酒を飲みながら内臓脂肪を減らす方法』など、 今日から使える知識が満載です!痩せたい、健康になりたい、家族の健康が気になる、という方にはぜひ読んで頂きたい一冊です。