捻転差よりも回転量を重視するスウィングがアマチュアに向く理由とは!?

スウィングには「捻転差を重視するスウィング」と「回転量を重視するスウィング」があります。

捻転スウィングのバックスウィングでは、腰の回転をできるだけ抑え、肩をできるだけ回転させ、腰と肩の回転量の差をつくってねじれを生みます。このスウィングは、筋力や柔軟性に恵まれたプロが目指す難しいスウィングです。

回転スウィングは、バックスウィング時に腰も肩もどちらも止めずに大きく回します。

ですので、アマチュアゴルファーの多くは回転スウィングを目指すほうがいいと思います。

私の「アクシス理論」は回転スウィングを目指すスウィング理論なので、アマチュアの皆さんにとって飛距離を伸ばしスウィングを安定させ、スコアアップにつながる近道と言えるのです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。