アイアンショットはダフリやトップばかり…
日々の生活の座り方や立ち方を変えるだけでダフリやトップは直せます!

アマチュアゴルファーがよくやるトップやダフリ。多くの人は、スウィングに問題があると思っているようだが、実はアドレスが間違っている場合が多いと三觜喜一プロは言う。さらに三觜プロは、普段の生活での“座り方”や“立ち方”の間違いが、ミスを生むアドレスを作っているとも言う。そこで今回は、ダフリ、トップが出なくなる、正しいアドレスと、それを実現するための座り方、立ち方を教えよう。

スコアがアップする座り方
背中を垂直にして座ればスウィングの構えも安定する

●座った姿勢が猫背の人は構えも猫背になりやすい

<三觜> 今、アドレスの話をしたけど、スウィングのときだけきちんと構えようとしても上手くいかないことが多い。

<幡野> 付け焼き刃はダメってことですか?

<三觜> まあ、そんなところだね。スウィングでいい構えをしようと思ったら、普段から正しい姿勢をする必要があるんだよね。

<幡野> どうすればいいんですか?

<三觜> 最も意識したいのは座り方。残念ながら普段正しい座り方をしている人は意外と少ない。

<幡野> 学校では座り方まで教わらなかったなあ。どういうのが悪い座り方なんですか?

<三觜> 骨盤が後ろに傾いていて、背中が丸くなって、頭だけが亀のように前に出ている人。

<幡野> いますね、そういう姿勢でパソコンを打っている人。

<三觜> 骨盤が後傾するとバランスを取るために身体を前に倒すと同時に頭も前に出さざるを得なくなる。このような姿勢で座っている人は、アドレスでも骨盤が後傾して、背中が丸まった構えになりやすい。

<幡野> そういうもんなんですね。

<三觜> 一方、骨盤を立てると背中が真っすぐになって自然とバランスも取れるので、構えも自然と良くなる。それに正しい姿勢で座ったほうが、体重が真下にかかるから疲れにくいという利点もある。車もふんぞり返って運転していたらかえって疲れが溜まりやすいんだよ。

<幡野> なんと、ゴルフ場に行くときの運転からゴルフが始まっているってことですね。これからは座り方にも気を付けます!

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。