【タイミング】トスバッティング

トスバッティングは、ひとりがトスしたボールをひとりが打つ練習法。ネットがあれば広いスペースがなくてもバッティング練習ができるのでオススメだ。

①相手に見えるようにボールをトスする
投げる側はバッターにしっかりとボールを見せることを意識して、リズムよくボールをトスする。

②ボールをよく見て打つ
バッターはトスされたボールをしっかりと見て、できるだけ正面に打ち返そう。

前田流ワンポイントアドバイス

●実は投げる側が大切!?ポイントはリズムとコントロール
トスバッティングで意外と大切なのは、バッターよりもトスを上げる側。バッターに合わせて、「打ちやすい」場所にリズムよく投げ込んであげよう。指導者や親御さんにはぜひ、子どもがどんなタイミングで、どのあたりのコースが打ちやすいのか、しっかりと見てあげてほしいですね!そうすれば、子どももきっと楽しく練習できるはずです!

『やればできる!ティモンディのベースボール教室』
著者:ティモンディ

お笑い芸人・ティモンディによる野球がうまくなる指南書。超名門・済美高校野球部出身ならではの日々の練習法、トレーニング法などはもちろん「野球部あるある」「済美あるある」「本当にうまくなる練習法」などを網羅した「笑って野球が上手くなる」1冊。投球編、守備編、打撃編などに分けて、比較的基礎的な内容の技術を解説。ティモンディ高岸による「子どもたちへの金言」も掲載。実際に150キロを投げる方法、柵越えを打つために必要なことを大公開します。