プロのスウィングでできている「投げ縄」の動きとは!?  

2重振り子スウィングは、大きな弧を描く、投げ縄を回すような動きです。

プロのスウィングは、クラブがトップの位置から背中をなでるように下りてきますが、アマチュアは、トップからクラブヘッドが直接ボールに向かいアウトサイドインの動きになっています。

また、2重振り子スウィングは、インパクト付近でクラブがしっかりとリリースされヘッドが走りますが、アマチュアは手元を固めてクラブを振り、振り子運動になりません。

以上のように、プロのスウィングでできている動きを2重振り子スウィングによって身につけてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●和田泰朗
1976年生まれ。スポーツ医学、ゴルフトレーニングを学び指導者に。2013年に世界的なプロ団体 WGTF(世界ゴルフ教師連盟)で会員38000人中1%しかいない「マスター」資格を取得。独自のキープレフト理論が認められ同団体のトップ100にランクされた。著書に『世界が認めた究極のシンプルスイングキープレフト理論」(日本文芸社)がある。