中央住宅(埼玉県越谷市)は、草加市の大型分譲地「LAUGHラフ草加」(全25邸)の5号棟を無人モデルハウスとして公開した。

画像=プレスリリースより

「無人内見システム」は、IoT機器を活用することで、スタッフを伴わず顧客のみでモデルハウスを見学できるもので、スマートフォンによって24時間何時でも内見予約が可能だ(見学は平日6:00〜23:00、土日祝は9:00〜18:00でスタッフが案内)。

「無人内覧システム」は、ショウタイム24(東京都港区)のサービスで、同社代表の市川達也氏によると、中央住宅での導入は4棟目になるという。

画像=プレスリリースより

「LAUGHラフ草加」は、東武鉄道伊勢崎線「草加」駅から徒歩12分の立地で、全25邸の大型分譲地だ。公式HPには、無人見学の申込み以外にもVRサービス「Matterport」を活用した360°VRなども公開されている。