帝国データバンク(東京都港区)、全国約119万社の自社データベースをもとに、女性が社長(代表)を務める企業について分析を行い、都道府県や業種別の女性社長比率を発表した。

画像=プレスリリースより

全業種での国内全体の女性社長比率は8.3%で、前年(8.2%)を上回り、統計として遡れる1990年以降で過去最高を更新する結果となった。しかし、比率は未だ1ケタ台で、2023円6月の「女性版骨太の方針2023」において、プライム上場企業の女性役員比率を2030年までに30%以上とする、といった女性リーダーや女性活躍を掲げているにも関わらず、低水準にとどまっている。

画像=プレスリリースより

また、都道府県別では「徳島県」が12.0%でトップ。次いで沖縄県(11.6%)、青森県(10.9)という結果だった。

画像=プレスリリースより

社長に就任した経緯に関しては、「同族承継」が50.6%と約半数を占めた。男性社長の「同族承継」が40.2%で、男女比では女性の方が10ポイント以上高いことがわかる。2番目は「創業者」で35.2%だった。

画像=プレスリリースより

業種別の女性社長の比率を見ると、「不動産」業が17.3%と他業種と比べても大きく差をつけて最も高く、「サービス」(11.2%)や「小売」(10.9%)などが、全体平均の8.3%を上回った。