世界的な知名度を誇る、山形のとあるカーペット企業。皇居や歌舞伎座などで採用され、超一流の方々の足元に触れることを許されたカーペットとは、一体どんなものなのでしょうか。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者の青山烈士さんが、「オリエンタルカーペット」の経営戦略を紹介しています。

新しいものへの挑戦

山形県にある世界的なカーペット(じゅうたん)メーカーを分析します。

● オリエンタルカーペット(高級カーペットメーカー)

戦略ショートストーリー

足元にこだわる方をターゲットに、「日本で唯一の生産体制と独自技術」に支えられた「色の豊かさ、緻密なデザイン」「手触りがいい」などの強みで差別化しています。

皇室御用達であることや過去の納入実績に慢心することなく、著名なデザイナーとのコラボレーションなど、挑戦を続けることで、新たな顧客を開拓しています。

分析のポイント

新しいものへの挑戦

オリエンタルカーペットが力を入れているデザイナーラインに日本を代表するクリエィティブディレクターの佐藤可士和氏が加わったようです。奥山清行氏、隈研吾氏を含めて、そうそうたる顔ぶれです。

ちなみに、奥山清行氏とのコラボレーションは、10年も続いているそうです。オリエンタルカーペットには、著名なデザイナーを惹きつけるものが、あるということでしょうか。奥山清行氏のインタビューがHPに記載されていましたので一部引用します↓

工場に行くと、職人さんが本当に丁寧にじゅうたんを織っていて。その姿を見て、涙が出るくらい感激したんです。

最高品質と言えるものを作っている職人さんの存在は、同じくプロフェッショナルであるデザイナーの方々も惹きつけるということでしょうね。

そして、第一級の施設への納入実績が物語っていますが、オリエンタルカーペットがつくっているものは、すべて芸術性が非常に高いものです。デザイナーとしては、デザイナー冥利に尽きる機会とも言えるかもしれません。

また、上記のようにデザイナーラインに力を入れていることから、オリエンタルカーペットが新しい顧客層(主に個人ユーザー)を獲得することを狙っていることが伺えます。

第一級の施設への納入実績はありますが、それらの施設から度々、発注があるわけではないと想定できます。例えば、歌舞伎座のメインロビーのカーペットなどは、そうそう入れ替えないでしょうからね。第一級の施設からの発注は一件あたりの売上でみると大きな案件と言えますが継続的に受注し続ける、つまり、案件と案件の間の隙間をなくすということは難しそうですし、案件の規模もまちまちでしょう。要するに第一級の施設からの発注に頼った経営をしていては売り上げの山谷が大きくなるとういうことです。これは、工場の稼働率の山谷も大きくなるということでもあります。

企業が継続するうえでも、安定的に受注がある、工場の稼働率が安定することは、非常に重要なことだと思います。だからこそ、安定的な売り上げにつながる、個人ユーザーを惹きつけるデザインを生み出すことができる著名なデザイナーは、オリエンタルカーペットにとって非常に重要な存在になっているのです。

以上のように、新しいものに挑戦(新しい価値を提供)するうえで、お互いを惹きつけるオリエンタルカーペットとデザイナーとの密な関係性も他社が真似できないコアコンピタンスといえるでしょう。歴史も実績もある企業が、新しいものに挑戦している姿勢が素晴らしいと思います。今後のオリエンタルカーペットに注目していきたいです。

◆戦略分析

0802_mba1

■戦場・競合

戦場(顧客視点での自社の事業領域):高級カーペット 競合(お客様の選択肢):ペルシャ絨毯などを製造している高級カーペットメーカー 状況:国内のカーペットの市場規模は横ばいで推移しているようです。

■強み

色の豊かさ、緻密なデザイン
まるで絵画のよう 手触りがいい
毛皮のような感触

★上記の強みを支えるコア・コンピタンス

「日本で唯一の生産体制と独自技術」

日本で唯一、糸づくりから染め、織り、アフターケアまで、すべて職人による一貫生産でつくられます。
→手織りの場合、1日に織り上げられる長さは7cm程度。6帖サイズの絨毯で、受注から完成まで約3カ月かかるそうです。 マーセライズ(化学洗濯艶出)という独自技術
この技術により独特の馴染んだ陶器のような光沢と毛皮のような手触りの感触を生み出します

上記のような生産体制と独自技術が強みを支えています。

■顧客ターゲット

足元にこだわる方 デザインにこだわる方

◆戦術分析

0802_mba2

■売り物

古典ライン:日本の古典を題材に、美しい図案で表現したじゅうたん 新古典ライン:和の空間にも洋の空間にも合う、新しい古典柄のじゅうたん 現代ライン:自然がつくり出す空をグラデーションで表現したじゅうたん デザイナーライン:独自の技術と著名なデザイナーとのコラボによって生まれたじゅうたん
→イタリア人以外で初めてフェラーリをデザインした工業デザイナー奥山清行氏、新国立競技場をデザインした世界的な建築家の隈研吾氏など著名なデザイナーとコラボレーションしています

■売り値

奥山清行氏 デザイン UMI 四季島限定色 ダークグレー(2帖):45万3,600円 隈研吾氏 デザイン KOKE(こけ)モスグリーン(2帖):68万5,800円

⇒他にも多数の商品を揃えていますが、基本的に高額な商品ラインナップです。

■売り方

納入実績
歌舞伎座 メインロビー、皇居新宮殿「春秋の間」、京都迎賓館貴賓室、経団連会館、バチカン宮殿の法王謁見の間 など
⇒納入実績を見るだけで、オリエンタルカーペットの売り物の品質の高さが伺えます。 受賞実績
経済産業省中小企業庁「元気なモノ作り中小企業300社」(2006年)
ものづくり日本大賞経済産業大臣賞(2009年)
GOOD DESIGN AWARD(2015年) 皇室御用達
秋篠宮妃殿下・長女眞子さまが工場ご視察(2014年)されるなど、過去には多くの皇族の方が視察に訪れているようです

■売り場

オンラインショップ 百貨店などで展示会を開き、商品に触れる機会を提供しています

※売り値や売り物などは調査時の情報です。最新の情報を知りたい場合は、企業HPなどをご確認ください。

image by: 「オリエンタルカーペット」公式ホームページ

出典元:まぐまぐニュース!