大切な話をしても、ボーッと話を聞いているだけの新人を見てイライラしている方は少なくないと思います。が、もしもそれが自分の話し方の問題だとしたら…。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者の坂本りゅういちさんが、「メモをとってもらうための工夫」について記しています。

メモを取らない人

いつの頃からかわかりませんが、「最近の新人は、メモも取らない」という呆れた声が聞かれるようになりました。入社してくる新人さんに仕事を教えても、メモを取ることなく、ただ話を聞いているだけだというのです。

そういう人たちを、まとめて「ゆとり世代」とか呼ぶようになり、仕事ができない人の代名詞のようにもなりました(ちなみに私もがっつり、ゆとり世代ですけど)。

しかし、なぜメモを取らないのか?

よく言われるのは、そういう世代の人たちは、書くという行為が減っているからということです。昔は、書くという行為でしか記録に残すことができませんでした。ですが、彼らは幼い頃から携帯やスマホが身近にあって、写真や動画を使うことが当たり前になっています。録音だってスマホでできるので、わざわざ書かなくても、記録ができるわけです。だから、普段からいちいちメモを取ることが当たり前ではなくなっているんですね。

この理由もよくわかります。でも、個人的にはもっと大事なことがあるんじゃないかと思っています。伝えていることに、メモを取る工夫があるかどうかです。

例えば、「こういう時はこうしましょうね」という仕事の仕方を教えたとします。これだと一方的にやり方を教えているだけなので、メモに取ろうが、録音していようが変わりません。むしろ、やり方が書かれたマニュアルを見た方がよっぽど早いでしょう。

これが、メモを取ってもらえるように工夫をすると伝え方が変わってきます。

「こういう時はこうしなければいけないんだけど、他にどんなパターンが考えられる? 3つ書き出したら見せに来て」

強制的とまでは言いませんが、何かに書かないと課題をクリアできないんです。そうすると、自然とメモを取るしか道はなくなってしまいます。

仕事を覚えてもらう、伝えたいことを意識してもらうためには、メモは欠かせないことかもしれません。しかし、一方的に伝えるだけなら、メモではなく、動画や写真の方がよっぽど効率が良いことも増えています。

何をメモしてもらいたいのか? 書くという行為で、何を学んで欲しいのか? そんなところまで考えた伝え方でなければ、いつまで経っても、「これだからゆとりは…」という口癖を続けるだけになるでしょう。

メモを取るという行為は、確かに大事なことかもしれません。でもそれ以上に、メモを取ってもらうような伝え方ができているかどうかの方が大事です。

どんな工夫をすれば、メモに取ってもらえるか? メモだけではなく、どうすれば記録しようと動いてくれるか? そんな伝え方を考えてみてください。

今日のおさらいです。

メモを取れ! ではなく、取りたくなる伝え方を工夫する。 image by: Shutterstock.com  

出典元:まぐまぐニュース!