「相手と円滑なコミュニケーションを取る」ことは、どんな仕事にも求められる重要なスキルですよね。とは言えこれがなかなか簡単ではありません。特に人見知りの方にとってはある意味苦痛ですらあります。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で自らも「人見知り」という自覚をお持ちの坂本りゅういちさんが、初対面の人とでもすんなり会話ができてしまうという裏ワザを紹介しています。

打ち解けるための方法

基本的には人見知りな私が(たいてい信じてもらえませんが)、お客様と仲良くなるために、意識してやっていることがあります。

クラスの人気者的なコミュニケーション能力は持ち合わせがないので、普段は常にこれを意識して生きています。そうすると、初対面のお客様でも、わりとすんなり話せるようになるんです。

同じように仲良くなるまでのコミュニケーションに不安を抱えている人がいると仮定して、せっかくなのでお伝えしておきます。

何も難しいことをしているわけではありません。お客様の好きなこと、得意なこと、興味のあることを教えてもらう。たった、それだけです。これさえできれば、お客様とも、また、新しく入ってきた新人スタッフとも圧倒的に打ち解けるのが早くなります。

販売業の皆さまなら、よくお分かりかと思いますが、人は、自分の興味のあること、好きなことについては話したがります。一方的に商品説明をしてしまう販売員はその典型で、自分の興味や知識をとにかくまくしたててしまうんです。だから、お客様からは敬遠されてしまいます。

ですが、これは販売員だけではなくお客様も同じです。お客様も同じように、自分の好きなことや興味のあること、得意なことは話したがります。いえ、正確には、そこを引き出すような質問をすることで自然とお客様から会話をしてくれるようになります。

これだけで、初対面だろうと何だろうと、打ち解けることができるわけですね。私が人見知りだと言っても信用されないのは、多分これがうまいからです。

私は普段、基本的に相手に話してもらいます。慣れたら自分の方が話すこともありますが、最初から自分の話はあまりしません。それよりも、相手の話を聞くことに集中するわけです。

その人がどんな人か、好き嫌いはどんなところにあるのか、どんなことが得意なのか、そういうことを聞き出すんですね。そうすると、相手は話しやすいのでただ頷いているだけで、どんどん話をしてくれます。

私は聞いているだけです。それなのに、相手からすると、「話しやすい人」という認識になるので、とても人見知りだとは思われないんですね。実際は、私が話しているのではなく、本人が話しているんですけども。でも、そうなってくれれば、こちらはとても楽になります。

相手は話しやすい人だと思ってくれているので、ある程度信頼関係が生まれます。意見も伝えやすいですし、オススメもしやすくなってくるわけです。

とにかく相手に語らせる。そこから、発展させることで、こちらの意見も通るようになります。私は、接客でも、マネジメントでも、この基本は変わりません。多分向いているんでしょうね。同じような状況にあったり、悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしていただければ。

今日のおさらいです。

まずは語るのではなく、相手に語らせる。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!