つい部下や後輩を叱咤激励するつもりで出てしまう「やる気を出せ」という言葉。しかし、無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者で戦略コンサルタントの中久保浩平さんは「そのセリフを使っているとしたら恥ずべきことだ」と断言し理由を説明するとともに、「命令」と「教育」の違いについてわかりやすく解説しています。

やる気を出せと言ってはいけない

経営者や管理職の人の中には、教育するということを、命令や指示と同じこととしている人もいます。命令や指示と教育することとは全くの別物であるということを明確にしておかないと部下やスタッフは育ちません。

たとえば、経営者や管理職から見て「やる気がないな〜」と感じるスタッフに対して「やる気を出せ」というのは教育ではなく命令です。そして、その命令に従って、ようやくやる気を見せるようになったとしてもそのスタッフは、「こうしておけば文句を言われない」とそこそこの姿勢を見せるだけで、またいずれ同じように「やる気を出せ」的なことで怒られるのが大半です。それは、本人の意思でやる気を出しているわけではないからです。

「やる気を出せ」という台詞を使っていたなら、それは恥ずべきことです。なぜなら、「社員達が自らやる気を出すという教育や環境作り、またその他の工夫」を経営者、管理職が怠っていることの「逃げの言葉」になっているからです。

「やる気を出せ」と言って、やる気を出したようにみせるというのは、仕事に対して、やらせているという「やらせている感」があります。そうした空気が社内に蔓延しているのです。あるいは、しっかりとしたモチベートを社員と共にコミットメントしていないのです。

こういわれたから、こうする こういわないと、こうしない やれと言われたから仕方なくやっている

というような空気や空間の中では決して人は育ちません。それどころか、お客様にもその空気が伝わり、ツケは周り回って、自社に返ってくるのです。やる気を出せ、やる気がないなら帰れ的な指導をされている経営者や管理職のいる会社は、そのところに気がつかないといけません。

極端な例ですけど、「部長から行って来いと言われたのでやって来ました」なんていう営業マンが目の前にいたら、その会社のことをどう思いますか? 「店長にやれと言われたから今お客様の応対をしているのです」なんてことをいう接客担当者が目の前にいたら、そのお店のことをどう思いますか? ってことです。

それとは逆にやらされてる感がない会社やお店はいつも活気があり、且つ、仕事に対するスピード感もあります。たとえば、会議やミーティングで新たに担当者を決めなくてはならない場面になったとき、

「ぜひ僕にやらせてください」
「私ならこのようなやり方でやります」

などと積極的に手を挙げる人が必ずいるものです。

経営者や管理職が部下、スタッフを教育するということは、知識や技術を教えることや、激を飛ばすことでもなく、また、命令や作業手順を指示するということでもなく、

スタッフの中にある「やらされてる感」を完全に払拭してあげること 自らの意志によって「やってやろう」と取り組んでもらうように持っていくこと 上記を実現するために具体的にどのようなことができるか? どのようなサポートや環境が必要か? を考え提供すること

これらを実践することです。もちろん一朝一夕では行きません。粘り強く信念を持って取り組まないといけません。

また、スタッフも経営者や管理職が、なかなか自分たちの「やる気を引き出してくれない」「あんな社長や部長だからやる気が出ない」なんてグチグチ言っている場合でもありません。どうすれば、やらされている感を払拭し、自ら行動を起こせるか? ということを考え工夫し実践していかなければなりません。

やらされている感を感じているうちは、もはや仕事ではありません。どのような仕事であっても自らやっている意志を常に持って取り組むのが仕事です。

■今日のまとめ

『やる気を出せといっているうちはダメ。』

やらされている感を社内で完全に無くすためにはどんな取り組みや工夫ができるか? 考えノートに書きだす。 書き出したことを題材に社内でも話し合う。 話し合ったことを基に、実際に取り組む。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS