メール全盛のご時世とはいえ、ビジネスの現場では、まだまだはがきや封書でやり取りするシーンはなくなりそうにありません。最低限のマナーは身につけていたいものですよね。今回の無料メルマガ『神垣あゆみメールマガジン 〜仕事Beginのメール作法〜』では、はがき・封書やビジネスメールにおける敬称や「御中」の使い方について詳しく解説しています。

基本は「様」

敬称には、「様」「殿」「先生」「氏」などがありますが、ビジネスメールでは「様」が一般的です。公的な手紙も「様」は失礼にあたりません。

「先生」は教職の人に使う敬称。「先生」自体が敬称ですので、くれぐれも「先生様」と重ねて使わないように気をつけましょう。○○局長、△△教授など、官名や職名を氏名の下につけて敬称として用います。

担当者名が分かれば「御中」は不要

「御中」の使い分け、できていますか?

御中は、担当者名が分からない場合や、はっきりしない場合に、官庁、会社、団体宛てに送る時に使います。ですから、宛先の個人名が分かっている場合は不要です。

株式会社○○○ 御中 ○○会社○○部 御中

担当者の個人名が分かっている場合は

○○会社△△部 山本太郎様

といった具合です。

ハガキ・手紙の宛名で使う場合の注意点もご紹介しておきましょう。応募などの宛先が「○○係」とある場合も御中を忘れずに。「係」のみで送るのは「御中知らず」と言ってNGです。

封書やハガキの宛名に「行」「宛」とある場合は、それを二重線で消して「御中」や「様」と書き、送付します。その時の「御中」「様」の位置は、二重線を引いた「行」「宛」の下に続けるのではなく、縦書きの場合は消した字の左、横書きの場合は消した字の下に書くとされます。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS