京セラの創業者で経営のカリスマと呼ばれる稲盛和夫氏。そんな彼が「魂を磨いて生きる」お手本として名を挙げるのは、二宮尊徳です。現役弁護士の谷原誠さんは自身の無料メルマガ『弁護士谷原誠の【仕事の流儀】』で、稲森氏の著作を引きながら、人格を高める仕事の仕方について記しています。

稲森式人格を磨く方法

こんにちは。弁護士の谷原誠です。

京セラの創業であり、JALを再生させた稀代の経営者である稲森和夫氏のベストセラービジネス書に『生き方』(サンマーク出版)があります。この書籍の中で、稲森氏は、「人格を練り、魂を磨いて生きることが大切だ」と説いています。そして、人格を練り、魂を磨く方法としては、山にこもり、滝に打たれるなどの修行は必要ではなく、俗世間で日々懸命に働くことこそが大切だと説きます。その例として二宮尊徳を挙げます。

二宮尊徳は、生まれも育ちも貧しく、学問もない農民でしたが、朝から晩まで田畑でひたすら誠実、懸命に農作業に努め、働き続けました。ただひたすらに農作業に邁進したということによる能力で、疲弊した農村を次々と再生させる、という偉業を成し遂げています。そして、ただひたすら農作業に邁進したという業績で、徳川幕府に登用され、諸侯の中で殿中に招かれるまでになります。その立ち居振る舞いは、作法を習ったわけではないのに、威厳に満ちていたと言います。

稲森氏は、この二宮尊徳の例を挙げ、田畑での精進が、自分でも意識しないうちに、彼の内面を耕し、人格を陶冶し、心を研磨して、魂を高い次元への練り上げていったのではないか、と考察しています。

他人を騙そうとして働いたり、なるべくサボりながら高い給料をもらいたい、などと考えていたら、もちろん人格を磨くことはできないと思います。貨幣経済においては、そもそも仕事とは労働をし、その対価として、誰かがお金を払ってくれるものです。お金を払う、というのは誰かの役に立っている、ということです。役に立たなければお金を払ってはくれません。その誰かの役に立つ行為を真剣に誠実にやり抜いていく行為は、人格を高めることにつながるものだと思います。

私は弁護士ですが、ただお金のために働き、なるべく楽をしようとしていたら、生活は堕落し、劣悪な人格者になりそうです。しかし、困っている人の権利を守り、困っている人を助けることに全力を傾け続けるならば、人格が磨かれていくものだと思います。

仕事を通し、人生の修行をすることについて、もう少し考えてみたいと思います。

「俺は、依頼に対して、全力を尽くして遂行する…そして、その結果に生じるすべての責任を追うのも、俺のルールだ…」(ゴルゴ13)

今回は、ここまでです。

image by: Flickr

MAG2 NEWS