東京五輪まであと1年を切り、ラグビーW杯が連日話題となっている我が日本ですが、ほんの少し前までは「スポーツで稼ぐのは不道徳」という意識が残っていたことも事実です。果たして、スポーツ真っ盛りの現代日本では、その意識は本当に変わったのでしょうか。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者の梅本泰則さんが、新札の顔になることが決まった実業家・渋沢栄一の名著『論語と算盤』の内容を紹介しつつ、スポーツを通じてお金を稼ぐことの正しさを説いています。

スポーツと算盤

『論語と算盤』という書物があります。新一万円札の肖像となる渋沢栄一が書いたものです。

ご存知のように渋沢栄一は日本資本主義の父と言われています。明治時代に、今の日本経済の基礎となる500社の企業を立ち上げた業績は、驚くべきことです。実はその時代、道徳と商売は両立しないと言われていました。簡単に言えば、道徳心をもってお金を稼ぐのは無理だということです。

しかし渋沢は『論語と算盤』の中で、その考え方をきっぱりと否定しました。それどころか、道徳心の伴わない商売は成功しないとさえ言っているのです。

では、どうして道徳と商売は両立しないと思われてきたのでしょうか。

徳川以来、日本の道徳観は武士道をベースにしてきました。例えば、「正義」「廉直」「義侠」「敢為」「義教」「礼譲」といったもので、これらは今の日本でも生きています。そして、その道徳観の中には、武士は「損得勘定」を考えてはいけない、といったものがありました。ですから武士は決して商売はしません。

この道徳観は「論語」から出てきたようですが実は「論語」にはそんなことは書いてありません。正しい考え方と正しい行いをもって富を得るのは正しいことだと書いてあります。さらにいえば、自分の利益だけを考えるのではなく他人の利益を考えるのが正しい道だとも。

渋沢は、だからこそ道徳と商売は両立させなければいけないと訴えています。江戸時代の人たちはどこで誤解をしたのでしょうか。

■スポーツと算盤

さて、ここでスポーツのことを考えてみましょう。

日本のスポーツには武士道の精神が引き継がれていきました。日本のスポーツは武道がその源ですから、仕方がない面があります。

武士道においては、損得勘定を考えてはいけませんでしたからスポーツで利益を出すのは卑しいことだという感覚が定着していきました。ですから、スポーツとお金は相いれないものとされてしまったのです。ここには『論語と算盤』の考え方はありません。

そんな流れが明治以来、脈々と続いていきました。そのため、日本最大のスポーツ団体であるプロ野球にしても利益を出している球団はわずかです。実業団のようなアマチュアスポーツにいたってはなおさら利益を考えることはありません。スポーツで稼ぐのは不道徳だという意識があるからです。

ところが、最近ではその風向きが変わってきました。国は、スポーツを利益を生む産業として位置づけたのです。つまり、スポーツを通じて金を稼ぐことは正しいことだと宣言しました。

そのためのスポーツ行政を進めていく方向に舵を切っています。まさに『論語と算盤』と同じ考え方です。いわば「スポーツと算盤」言い換えてもいいでしょう。素晴らしいことですね。

そして今まで、スポーツで必死に稼いできたのは、スポーツ用品業界です。いよいよスポーツ用品業界の出番と言ってもいいでしょう。なぜなら、業界の人たちは稼ぎ方を知っているからです。そして、経営経験の豊富な人材をたくさん抱えています。さらには、スポーツそのものに精通しているではありませんか。そんな人材を、スポーツ産業界は積極的に活用するべきです。

■求められる人材

とはいえ、考えなければいけないことがあります。渋沢栄一は、次のようなことも言いました。

「正しい徳を身につけた人だけが良い経営者になれる。そして、得られた利益を社会の発展に活かしてこそ、会社の存在意義がある」

そうした経営者や企業でなければ、この出番にふさわしくはありません。

では、「正しい徳」とは何でしょう。「論語」にはいろいろな表現が出てきます。しかし突き詰めれば、それは「思いやりと誠実さ」ということです。決してむつかしいことではありません。

また、『論語と算盤』には利益に関してこう書いてあります。

「金はもともと無心である。善用されるのも悪用されるのもそれを使う者の心にある」

ですから、正しい心をもって正しい行いを心がけよということです。

さて、経営者のあなた。「徳」について考えていますか。「正しい行い」とはどんことかと考えているでしょうか。また、「社会のためになる企業」を目指していますか。決して自社の利益だけを追求してはいけません。

どうしたら利益を社会に還元できるでしょうか。こうした考えが、スポーツ産業を成長させるために必要なことです。

今求められる人材は、スポーツ業界、スポーツ産業はもとより日本や世界のためになることを考えられる人ではないかと思います。これがまさに「スポーツと算盤」です。そんなことを『論語と算盤』から教えられました。

■今日のツボ■

・「論語と算盤」は、道徳と商売の両立を唱えている
・スポーツ産業も「算盤」が求められるようになった
・スポーツ用品業界には「算盤」に役立つ人材が多くいる

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS