声をかけても無視、もしくは「見てるだけですから」などと接客を拒むようなお客様に対して、どのように対応すれば売上につながるのでしょうか。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、「潔く諦めることも大事」とした上で、「声をかけずに商品を提案する方法」を紹介しています。

潔く離れる

昨今のお客様の様子を見ていると、なかなか接客に入るのが難しいお客様もたくさんいらっしゃるように思います。声をかけても、ほとんどリアクションが返ってこないこともありますし、場合によっては、無視に近いようなことや、「大丈夫です」と断られてしまうこともあります。販売員としては、なかなか厳しい現実です。

しかし、そういう場合にどうしていくべきかは、常に考えておく必要はあると思います。そんなお客様が、ついつい買い物をしたくなるような状況が生み出せなければ、売上は下がってしまう可能性が高いからです。

そうやって考え出すと、「じゃあどうやって接客させてもらえるようにしていくか」という議論になります。確かに、接客させてもらえる流れができれば、それに越したことはないので、そこを考えることも大事なのですが、個人的には、潔く諦めることも、時には必要だと思っています。

例えば、リアクションの薄いお客様に対して、どうすれば接客させてもらえるかを考えて、何回も声をかけにいくとします。販売員として、そうしたい気持ちはよくわかりますが、お客様は嫌がることの方が多いでしょうし、場合によっては、お怒りを買ってしまう可能性も出てきます。それよりは、できるだけ自由に商品を見ていただきつつ、自分でも買い物ができる雰囲気を作るということも大事です。

ただ、そのまま放置し続けると、何も起きず買ってもらえないではないかという意見も、よくわかります。実際、多分そうなってしまうので、そこは、やっぱり工夫ではないでしょうか。

先ほどのようなお客様で、声をかけても、「いや大丈夫です」とか、全然リアクションがないような場合。例えば、私だったら、お客様の目に入る範囲で、商品をどんどん出していきます。アパレルショップだとしたら、そのお客様が好きそうなコーディネートを近くの什器などで、どんどん作っていくわけです。

もちろん、他の仕事をしているかのような雰囲気で行います。

すると、お客様は、自分が接客をされているわけではないので、自由に商品を見られますし、そのコーディネートが気になってくれるかもしれません。そうなれば、その商品を見せることもできますし、お客様が見ている商品について、コーデを作りながら、声をかけることもできます。

ただ離れるだけではなくて、お客様が自ら行動しやすくなる状況を作っていくということです。そういうテクニックをいくつも持っていれば、潔く諦めて離れることも、しやすくなります。

接客をさせてもらえず、難しいと感じるお客様に対しては、どんなことができるでしょうか。まずは考えることが大切です。

今日の質問です。

リアクションが薄いお客様に対して、どんな方法で、商品に興味を持ってもらいますか?
そうなった場合にやること(テクニック)を、3つ考えてみましょう

image by: Shutterstcok.com

MAG2 NEWS