新型コロナウイルスの影響によりテレワークが広がり、緊急事態宣言が解除されても引き続き出社せずに自宅で仕事をしているという会社員の方も多くいます。そうした人たちから聞こえてくるのは、コミュニケーションの難しさ。一方で、直接会う現場に圧を感じてしまうという人にとっては快適な環境を獲得できたとも言えます。どちらのタイプの人も不都合を感じないコミュニケーションは可能なのでしょうか。コロナ以前から障がい者の18歳以降の教育のために遠隔講義を推進してきた引地達也さんが、メルマガ『ジャーナリスティックなやさしい未来』で、1つの考え方を示します。

テレワークのコミュニケーションは補完ではなく拡張と考える

新型コロナウイルスの影響で新しい社会変革が求められる中で、外ではソーシャルディスタンスを維持し、中ではテレワークを使った働き方に誰もが戸惑いつつも、否応なく受け入れなければならず、そのストレスを多くの人は緊急事態の時限的な措置との解釈に落とし込んでいるようにみえる。

ワクチンが開発され、新型コロナウイルスが危機でなくなった時、ソーシャルディスタンスから解放され、テレワーク・テレコミュニケーションからメディアを介さないコミュニケーションが再度中心になる、と。

特にテレワークでの不便さは、これまで対面を基本にしていた人には致命的で「会って話す」が基本との感覚は根強い。そして多くが、対面コミュニケーションが出来ないための補完機能としてテレコミュニケーションを考えがちである。しかしながら今の状態を「私たちの身体の拡張機能」として捉えれば、積極的なコミュニケーションとして受け入れ、行動が創造的になるのではないかと考えている。

これはメディア学の大家マーシャル・マクルーハンの「メディア論」からの発想である。マクルーハンはメディアに関する2つの大きな定義づけをしている。「すべてのメディアが人間の感覚の拡張である」「メディアはメッセージである」は代表的な主張だ。

「いかなるメディア(つまり、技術)の場合でも、その『メッセージ』は、それが人間の世界に導入するスケール、ペース、パターンの変化に他ならないからである。鉄道は移動とか輸送とか車輪とか線路とかを人間の社会に導入したのではない。それ以前の人間の機能のスケールを加速拡大し、その結果まったく新しい種類の都市や新しい種類の労働や余暇を生み出したのである」(メディア論)。

メディアの発展は私たち自身と社会の欲求によって生まれた。そのメディアは「私たち」である。私たちの拡張したいという意思とその結果と考えると、現在行われているテレワークのコミュニケーションはメッセージを相互交換するための、今現在の私たちの姿である。

コロナ禍の前の昨年度から私は、名古屋のNPO法人見晴台学園大学、新潟のKINGOカレッジとをウエブ会議システムでつないだ遠隔授業を行ってきた。インターネットメディアを使って遠隔地を同時に結びコミュニケーションを取ることは、現代社会で当たり前に行われているコミュニケーション行為であり、何ら違和感はなかった。むしろ、障がい者の18歳以降の教育現場においては、メディアを使ってのコミュニケーションに焦点を当てて実践する機会はないから、あえてお互いが遠くにいることを意識し強調しながら、講義を進めてきた。

例えば、埼玉県和光市にいるホスト役の私は現在の天気を名古屋と新潟に聞き、さらに出席した一人ひとりの名前を呼ぶような工夫をするなどで、距離をメディアで縮めているだけではなく、言葉と意思によってコミュニケーションの成立の仕方が変わってくることの実践として、お手本を示す必要があったのだ。この論点は、某大学の研究者と紀要論文を先日書き上げたので後日紹介したい。

今日は遠隔講義を前例としてコロナ禍におけるテレコミュニケーションを、自分がやりたいことの欲求を達成するための装置とし、それを「拡張機能」と捉えた場合に、今後の取組はまだまだ創造的になる、ということを強調したい。やはり会ってコミュニケーションするのが一番ですね、という感覚は残りつつも、その一番は全員にとっての一番ではないかもしれない。

会ったらその雰囲気に気圧されてコミュニケーションが成り立たない人にとってテレコミュニケーションが最適な場合もある。同じ空間にいて威嚇されることもないし、殴られることもない。だから安心ができる。そこに安心できる社会が広がっていることを示せる。

誰でもマクルーハンが言う「メディアはメッセージである」を享受するため、情報弱者をなくしたい。それはテレコミュニケーションの認識ひとつで変わるはずだ。メディアを無自覚に受け入れると「壁のない牢獄」(マクルーハン)になるから、やはりメディア利用は自覚的に創造的に行っていきたいと思う。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS