新型コロナウイルスの影響で今、大打撃を受けている飲食業界。そんな中で少しでも来店客を増やすため、値引きや新たなサービスをアピールするお店も見られますが、果たしてそれは「正解」なのでしょうか。今回の無料メルマガ『飲食店経営塾』では著者で飲食店コンサルタントの中西敏弘さんが、このような状況でもお客様を集めている店舗の特徴を分析・紹介しています。

「価値」を売る店であれば、自店の「価値」を伝えるべき!

コロナウィルスの影響が甚大な飲食店。そんな中で少しでもお客様に来店してもらいたいと色々な投稿をFBでも拝見します(コロナの影響の前からやっている人もたくさんいますが…)。

半額セールやってます! 今週の日曜は、15:00から営業中!併せてハッピーアワーも実施してます ご来店の方には、1品サービスします!

なんて投稿をたまに見かけるのですが、少し残念な気持ちになります。というのは、単に「値引きしてます」「時間早く延長してます」「サービスします」というだけの案内だけで、工夫が足りないからです。

逆に言えば、「値引きする」「時間を延ばす」「サービスする」ということしかできないから、集客に苦戦しているとも言えるのではないでしょうか?

きっとこんなご時世でも、お客様がそこそこ入っている飲食店はあります。そんなお店は、

定期的に新商品を投入している 日々、商品・接客の改善をしている 商品にこだわりがある 接客もお客様のシーンを考えて、さりげない接客をしている お客様が”驚く”商品がある 他では楽しめない商品がある(ありきたりの商品ではない) 店のコンセプトにあった商品がある どんなシーンで使えばいい店なのか、すぐにイメージがつく

などなど、お客様目線、コンサルタント視点で見ると、上記のようなこと(これら以外もたくさんありますが…)を確実に実践しているように感じていますが、これらは、「自店の価値」をいかに高めるかということを考えた行動なのです。

僕は、「値引き」自体が悪い事ではないと思います。また、早い時間帯に「割引」することも決して悪い事ではないと思います。でも、自店が「価格」ではなく、「価値」を売る店であれば、「値引き」や「割引」は、戦術的に間違っていると言っていいでしょう。

つまり、「価値」を売る店なのであれば、自店の「価値」を伝える取り組み(投稿)をもっとすべきだということです。「値引き」を考えるなら、

こんな方法で仕込みをしています この素材は、これだけ貴重なんです こんな方法で食べるとより美味しいです。 内緒ですけど、これとあわせると、美味しさが倍増します

などなど、その商品が持つ「価値」を伝えた方がいいでしょう。

早い時間帯からの、集客を考えるなら、「値引き」などせず、

「先日、なかなか入らない●●が手に入りました。これを××に調理してみました。でも、少ししかないので、先着5名さまだけ提供します」 以前から仕入れたいと思っていたワイン、手に入りました!これをグラスワインで楽しめるようにしました。ただ、2本しかないので、早い者勝ちです!」 「今週の日曜は、15時オープンにしました!せっかく早い時間からオープンするので、普段行っている〇〇の仕込みを特別に公開します!家でも〇〇を楽しみたいと思っていた方は、ぜひ!ちなみに同業者はご遠慮ください(笑)」

などなどの手段で、「早く行った方が“得”というもの」を作ってみてはどうでしょう。いわゆる「希少価値」をアピールするということですね!

こんな感じで、集客のために、「何か行動する」「何かアピールする」ことは大切なのですが、もう一深掘りして、「自店の価値」をどう伝えるかということを考えてみてはどうでしょう?

もちろん、常日頃からこういった取り組みをしていないとすぐに結果がでるような取り組みではありません。しかし、店を「永続的に」経営することを考えるのであれば、常日頃から「価値」を高める取り組みをしていないと、店を「永続的に」経営することは絶対に不可能です。

きっと、こんなご時世でも「お客様は入っているなあ…」などど思うお店は、これまでに「価値向上」のために取組みをこれまでずっと続けたきたお店だとも言えるでしょう。

もちろん、「今」の対策も必要ですが、「今」のことだけをやっているとずっと「今」を追いかけるだけです。「未来」のことも考えて、「価値」を高める、そして、「価値」をどう伝えるのかも考えてみてはどうでしょうか?

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS