先日掲載の「資生堂に異変。米国仕込の『プロ経営者』が日本の老舗企業を食い物にしている?」で、さまざまな企業をトップとして渡り歩く、いわゆる「プロ経営者」たちのそもそもの手腕に対し疑問を投げかけていた、元全国紙社会部記者の新 恭さん。そんな中のとある人物のメッキが今、剥がれ始めてきているようです。新さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で今回、上記記事で資生堂の事業売却において大きな役割を果たした藤森義明氏が、先日話題となった東芝の買収騒動にも同社取締役という「当事者」として絡んでいた事実を紹介。結果的に社を追われることになった藤森氏の姿勢を、「強欲資本主義」という言葉を以て否定的に記しています。

【関連】資生堂に異変。米国仕込の「プロ経営者」が日本の老舗企業を食い物にしている?

国家権力と偏向メディアの歪みに挑む社会派、新 恭さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

東芝・資生堂で暗躍したプロ経営者の挫折

東芝の社外取締役の1人が6月25日に開かれる定時株主総会をもって退任する。これだけなら、ありふれた知らせである。だが、退く取締役が東芝の買収騒動に絡んでいたとなると、その意味するところは大きく異なる。

元LIXIL社長、藤森義明氏がその人だ。資生堂の魚谷雅彦社長、元日本マクドナルド社長の原田泳幸氏らとともに、「プロ経営者」とメディアでもてはやされてきたが、ここへきて地金が出はじめている。

東芝の買収騒動は、今年4月7日、日経新聞に掲載された記事(下記)がきっかけで起きた。

英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどが東芝に買収提案することが6日分かった。物言う株主との対立が続いている東芝の株式を非公開化して、経営判断を速める。買収額は2兆円を超える見通し。日本を代表する企業が統治体制を変えるため、非公開化を検討する異例の事態となった。

この買収話をCVCに持ちかけたのが、あろうことか東芝社長の車谷暢昭氏だった。それがバレて、取締役会が紛糾、車谷氏は取締役会議長、永山治氏(中外製薬名誉会長)らの厳しい追及を受けて辞任した。

車谷氏はCVCの元会長、藤森氏は今もCVC最高顧問である。そして、現CVC社長の赤池敦史氏は、東大アメリカンフットボール部における藤森氏の後輩だ。この三人が東芝買収計画を練ったことは容易に想像がつく。当然、藤森氏の退任も、買収劇の幕引きにからむ人事に違いない。

ご記憶の方もいるだろうが、実は当メルマガが、今年3月4日に配信した「老舗大企業を私物化するプロ経営者たち」という記事に、藤森氏は登場する。このときは、資生堂が舞台だった。

【関連】資生堂に異変。米国仕込の「プロ経営者」が日本の老舗企業を食い物にしている?

資生堂はヘアケアの「TSUBAKI」、ボディケアの「SEA BREEZE」など、安定した利益をあげている日用品事業を、CVCに売却したが、CVC最高顧問である藤森氏は、資生堂でも社外取締役をつとめており、魚谷雅彦社長とは昵懇の仲だ。

つまり、買収する会社の最高顧問と、買収される会社の社外取締役を兼務していたのが藤森氏であり、それぞれの社長との親密さを含め、構図は資生堂も東芝も同じだ。

藤森氏は米GEで、故ジャック・ウェルチ氏の経営手法を学び、シニア・バイス・プレジデントまでつとめた。LIXILの社長になり、就任時3%にすぎなかった海外売上高比率を、30%近くにまで高めた。その手腕はGE流の「選択と集中」と評価された。輝かしい経歴をメディアはもてはやした。半面、LIXIL時代に子会社にした中国企業ジョウユウの破産で、巨額の損失を出したことについては、さほど問題にされなかった。

しかし、今年に入って資生堂の日用品事業売却話が持ち上がったのをきっかけに、藤森氏を取り巻く状況が一変する。

国家権力と偏向メディアの歪みに挑む社会派、新 恭さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

この件を調べていたある関係筋が、資生堂社外取締役の経歴を見ているうちに、藤森氏がCVCの最高顧問でもあることに気づいたのだ。「利益相反ではないか」「売却の裏で藤森氏が暗躍しているのではないか」。そんな疑念を抱いたのは当然のことだ。

資生堂のサイトに掲載されている経歴を見ると、藤森氏は現在、資生堂、東芝をはじめ武田薬品やボストン・サイエンティフィック、日本オラクルでも社外取締役をつとめている。CVC最高顧問であることも記されている。

筆者は、その関係筋からの情報をもとに、さらに調べを進め、藤森氏の「利益相反」などについて問題提起する記事を書いた。

藤森氏、あろうことか、CVCキャピタル・パートナーズ日本法人の最高顧問なのである。そんな人物が相変わらず社外取締役として入る。「利益相反」ではないのか。しかも藤森氏は次期社長候補とも観測されているのだ。2024年まで任期を延ばした魚谷社長が、魚谷・藤森の長期支配体制を固めようとしているように見える。

【関連】資生堂に異変。米国仕込の「プロ経営者」が日本の老舗企業を食い物にしている?

このメルマガ記事を契機にして、大手の日刊紙、経済誌などでも、資生堂の事業売却をめぐる藤森氏の介在が取りざたされるようになった。

そんなところに起きたのが、東芝の買収騒動だった。CVCの買収提案を呼び込んだのは元CVC会長である東芝社長と、現CVC最高顧問である東芝社外取締役。まさに自作自演の買収劇だ。資生堂の事業売却とからめ、両社の黒幕として藤森氏に焦点を当てる報道がこのところ目立っている。

さて、東芝の車谷社長と藤森氏がなぜCVCに買収を持ちかけたのか。背景にあったのは、いわゆるアクティビスト(物言う株主)との対立である。

その一つが、筆頭株主のエフィッシモ・キャピタル・マネジメント。「村上ファンド」を源流とするシンガポールの投資ファンドだ。「2020年株主総会が公正に開かれたかどうか調査せよ」という株主提案を3月18日の臨時株主総会で通し、車谷社長を追い詰めていた。

事態打開をはかるため、車谷社長と藤森氏は、CVCの赤池社長に東芝の買収と株式非公開化を検討するよう要請した。CVCの社長、元会長、最高顧問である三者が、東芝の命運を左右する密議をこらしたのである。この買収が成功すれば、アクティビストを締め出せる。ただそれだけの目的で、日本有数の企業を金融資本に売り渡そうとしたのだ。

たしかに東芝は米ウェスティングハウスを買収し、海外で原発建設を進めて巨額損失を出し、その穴埋めに6,000億円の増資を行った。引き受けた多くの株主のなかにはアクティビストが含まれるのも仕方がない。

しかし、車谷社長にアクティビストとうまく対話する器量がなかったのは致命的だった。その能力に疑問を抱いた永山議長ら取締役会メンバーは4月6日、車谷社長に辞任を勧告した。日経新聞にCVCの東芝買収提案を報じる記事が掲載されたのはその翌日のことだ。焦った車谷氏らが既成事実化をはかるためのリークとみられているが、かえって買収話の発覚で墓穴を掘り、永山議長らによって追放される羽目になった。

三井住友フィナンシャルグループ副社長から東芝社長に転じたほどの超エリートにしては、はなはだお粗末な顛末といえよう。社内ではとかく「上から目線」の言動が目立っていたらしく、エリート金融マンの限界を、はしなくも露呈したかたちだ。

国家権力と偏向メディアの歪みに挑む社会派、新 恭さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

「上から目線」という点では、藤森氏もひけをとらないようだ。YouTubeの映像やインタビュー記事からは、何かにつけてMBA取得、ジャック・ウェルチ流経営という、頭でっかちの金看板をひけらかす印象を受ける。

「20世紀最高の経営者」と評されるウェルチ氏の薫陶を受けたのは誇るべきことだ。保身のためのウソ、人の出世への妬み、無駄なだけのルール。そうしたものを会社から排除すべく奮闘し、「選択と集中」のスピード経営を実践したのがウェルチ氏だ。しかし、その経営姿勢は、躊躇なく従業員を解雇し、事業や会社を売り買いして会社を成長させた側面も併せ持つ。

それを間違って学ぶと、やたら社外に良いものを探し、社内にある良いものに気づかず、リストラとM&Aばかりに憂き身をやつす経営になりかねない。「プロ経営者」と呼ばれる人たちのなかに、そうした傾向が見られるのは気がかりだ。

会社は人間の生活をより良くするために人間がつくったものだ。株主価値の最大化だけが目的となった経営は、1万分の数秒で売買を繰り返す金融工学の奴隷であり、大金持ちにひれ伏すだけのものでしかない。

東芝買収の失敗により、藤森氏は多額の成功報酬をもらい損ねたといわれる。安全保障や原発にもかかわる会社だけに、藤森氏は経産省を納得させるため奔走したようだが、それも無駄骨に終わった。

もとはといえば、買収する側、される側に身を置いて利をはかる藤森氏の姿勢が問題なのである。強欲資本主義と決別すれば、新しいビジネスの視界が開けるのではないか。

国家権力と偏向メディアの歪みに挑む社会派、新 恭さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

image by: yu_photo / Shutterstock.com

MAG2 NEWS