2022年も明け早くも2週間以上が経ちましたが、未だにお正月気分が抜けず仕事に身が入らないという方、少なくないと思われます。そんな正月ボケを解消し脳内を仕事モードに切り替える方法を紹介しているのは、6つの仕事を掛け持ちする時間管理の専門家であり、建設会社の役員も務める石川和男さん。石川さんはメルマガ『石川和男の『今日、会社がなくなっても食えるビジネスパーソンになるためのメルマガ』』で今回、自身も実践しているという「仕事スイッチの押し方」を記すとともに、年始に立てた1年の目標を三日坊主で終わらせないための、心理学に裏打ちされた裏ワザをレクチャーしています。

会社がなくなっても食べて行ける術をレクチャーする石川和男さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

年明け!まだ「やる気スイッチ」が押されていないあなたへ

正月が明けて、仕事モードに戻りましたか?

まだ身体が「お休みモード」から抜けきれず、ダラダラと過ごしているかもしれませんね。

正月に立てた目標も忘れ、「早く次の休みがこないかなぁ」と思っている方もいるかもしれません。

某個別指導塾のコマーシャルのように「誰かわたしにやる気スイッチを押してくれ!!」と願っていませんか。

人からスイッチを押されるのを待つより、自分でスイッチを押したほうが早いですよね。

今回は、わたしがどのようにして自分自身でスイッチを入れているのか。

集中力を切らさずサクサクと6つの仕事をこなしているかをお伝えします。

仕事が速い人は頭の切り替えが速い

あなたは、オンとオフを切り替えるスイッチを持っていますか?

私は、仕事をするとき最初にやることがあります。それは、「仕事モード」のスイッチを入れることです。

あなたも思い出してみてください。数々のヒーロー、ヒロインは必ず自分で変身という名のやる気スイッチを押しています。

月野うさぎは、ブローチやスティクを使って、セーラームーンに変身します。

如月ハニーは、ハニーフラッシュの掛け声とともに、キューティーハニーに変身します。

不動明は、毎回黄色いTシャツを引きちぎって、デビルマに変身します。

どのキャラクターも普通の自分から、ヒーローになるためのスイッチをいれています。

仕事も同じです。

仕事ができる人は、頭の切り替えが速くできます。

それを知って以来、わたしは仕事モードに変えるスイッチを入れています。

そのスイッチとなる動作は、何でもOKです。

私のスイッチは「メガネを変えること」。室外用のメガネから室内用にかけ替えた瞬間、仕事モードになります。

スイッチを入れることを習慣づけると、意志の強さに関係なく仕事モードに入れるようになります。

指サックをしたとき、コーヒーを飲み干したあと、椅子に座って伸びをしたあとなど。自分なりの「オフからオンになる仕事スイッチ」決めてみてください。

会社がなくなっても食べて行ける方法をレクチャーする石川和男さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

少しでも作業を始めたら、止まらなくなるのには理由があります

スイッチをいれ、仕事モードに切り替えたあなた。

さらに仕事モードを加速させましょう!

そのために、この言葉を頭に思い浮かべましょう。

その言葉とは、「かっぱえびせん」。

ドイツの心理学者エミール・クレペリンが発見した作業興奮。

簡単にいえば「作業をやることで脳が興奮し、その作業をやり続けたくなる」という心理的効果のことです。

例えば、「縄跳びを毎日100回跳ぶ」という目標を立てて、実行するとしましょう。最初の数日はなんとなく100回跳べるはずです。

しかし、何日か経つと「今日は寒いな」などと、言い訳を考えはじめてサボってしまいます。

そして三日坊主の道にまっしぐら。

では、どうやって三日坊主を回避するのか?

答えは、「1回でも、跳ぶ」です。

「今日はサボりたいな」と思ったとき「また明日からやろう」ではなく「1回だけ跳んだら終わりにしよう」と考え、行動するのです。

1回でも跳んでしまえば、こっちのもの。

せっかくだからと2回、3回……10回と跳び続け、勢いづいて結局100回ぐらい跳べてしまうのです。

1回でも跳べば、作業興奮が脳内に発生し跳び続けようと無意識のうちに思うのです。

仕事も同様に、面倒なのは「はじめていないから」なのです。

一度火がついたら止まりません。

「やめられない。止まらない〜♪」と、かっぱえびせんを思い浮かべながら、作業興奮を発動し、仕事に取り掛かりましょう。

朝イチに取り組んではいけない仕事とは?実は、優先順位の高い仕事

スイッチをオンに切り替え、仕事モードに入ってから注意すること。

それは、「優先順位の高い仕事から取り掛からない」ということです。

ビジネス書にはよく「優先順位の高い仕事からやりなさい」と書いてありますよね。

午前中の集中力がある時間帯に優先順位の高い仕事を行い、集中力が切れてくる午後に簡単な仕事をする。

実際、私もそうしていますし、部下にもそう伝えています。しかし、注意するのは、決して朝イチからではないということです。

優先順位の高い仕事は、難易度が高くて大変な仕事の場合が多く、仕事のリズムも崩れがちです。

締め切り間近だったり、今日はやるぞと燃えている日は別ですが、気合いが入らない朝だと、つい挫折してしまう可能性もあります。

挫折してしまうと仕事が進まなくなってしまうのです。

仕事も運動も、ウォーミングアップが必要です。

私は、会社に着いたら「昨日あったことを手帳に書きとめる」、「田舎に住む母へメールをする」など4つのルーティーンを行ってから、優先順位の高い仕事に取り掛かります。

ルーティーンの所要時間はたったの5分。この時間があるかどうかで生産性は、がらりと変わります。

アクセルをゆっくり踏み込む気持ちで、快適に仕事をしてみてください。

時間の長さは常に平等です。

しかし、濃さは違います。

ダラダラしてすごすか、テキパキ仕事を片づけるか。

スイッチを入れ、気持ちを切り替え、サクサクと仕事をこなし有意義な時間を過ごしていきましょう。

会社がなくなっても食べて行ける方法をレクチャーする石川和男さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS