企業が永続的に発展するためには何が必要なのでしょうか。その問いに稲盛和夫さんが生前に答えてくれていました。今回のメルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』で、横綱・白鵬との対談を紹介しています。 

稲盛和夫×白鵬 「永続的に発展する企業の3つの条件」

永続的に発展する企業になるための条件。このことは経営者のみならず企業活動に関わる方なら、誰もが関心を抱くテーマだと思います。

名経営者・稲盛和夫氏は月刊『致知』2012年10月号の第69代横綱・白鵬翔氏との対談の中でその答えを明確に示されています。

─────────────────

白鵬 「私は参加できませんでしたが、去年の盛和塾の大会で稲盛塾長がお話しになった内容に皆さんが大変感動されたと聞きましたので、どんなお話をされたのか、ご紹介いただけませんか」

稲盛 「あの時は、『永続的に発展する企業になるには3つの大切なことがある』とお話ししたと思います。これは企業に限らず、個人の人生にとっても大切なことだと私は思っています。

1つは『謙虚にして驕(おご)らず』。

例えば大相撲の世界でいえば横綱はトップですから、おそらく周りからチヤホヤされて、自分では威張るつもりがなくても、ついついそういう形になってしまうことがある。

その中にあって、謙虚さを維持していくことは相当な修業だと思うんですね。

大体、頂点を極めた人が没落していくのは、謙虚さを失って傲慢になった時です。これは経営に限らず、スポーツでもなんでも同じだと思って、「謙虚にして驕らず、さらに努力を」と自分に言い聞かせてきました。

27歳で京セラの経営をやらせていただいて、KDDIをつくり、そして今回JALを再建しましたが、80歳になったいまもそう思っています。

2つ目は『思念は業(ごう)をつくる』ということです。

人間は人生のその時々でいろいろな思いを抱くわけですが、その思いが様々な業、つまり原因をつくっていくんだと。いいことを思えばいい原因をつくるし、悪いことを思えば悪い原因をつくる。

仮に思っただけで、口に出したり実行しなかったとしても原因になるのです。

だから『思い』というものを軽々に考えてはいけないと思っています。本当に長い間、人生を極めていこうと思えば、『どんな思いを抱くか』が大切だと思いますね」

白鵬 「『思いは実現する』という言葉をよく聞きます」

稲盛 「そうですね。思念は実現します。それはすぐには実現しないけれども、思いが積み重なって、やがて現実になる。だから常日頃どんな思いを抱いているかが大切だと思ってきました。

3つ目は『宇宙の心と一体になる』ということです」

白鵬 「宇宙の心、ですか」

稲盛 「私は『謙虚にして驕らず、さらに努力を』『思念は業をつくる』と思って経営を続けてきたわけですが、ある時感じたんですね。

宇宙には森羅万象、すべてのものをいい方向に生かそうとする、そういう素晴らしい愛の心、思いやりの心が充満しているということを。

ですから、その宇宙の心に沿った思い、つまり愛の心、優しい思いやりの心を抱いて行動をすれば、必ず宇宙は手助けをしてくれると思ってきました。

長い間会社を発展させていくには、宇宙の心が支援してくれるような考え方を持たなければなりません」

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS