国民的スター・嵐が活動を休止してから約1か月。櫻井翔(39)はキャスター業、相葉雅紀(38)と二宮和也(37)はタレント業、そして松本潤(37)は目立った活動こそないものの、2023年に放送されるNHK大河ドラマの主演が決定。それぞれが自分の道を歩み出したが、活動再開のカギを握ると言われていた大野智(40)にも何やら動きがあったとみられる。

「何をして良いかわからない」ヒマを持て余す大野

昨年の大晦日に行われたラストコンサート「This is 嵐 LIVE」を最後に休養に入ったリーダーの大野。当初はすぐに「沖縄の宮古島に移住するのではないか」「伊豆大島で暮らすのではないか」などと言われていたが、どうやらそういうことにはなっていなかった。

女性自身によると、大野はジャニーズ事務所が行っている月に2回のPCR検査にきちんと参加。緊急事態宣言下ということもあり、大好きな釣りやキャンプに出掛けることを控えているという。

【関連】石原さとみに人気急落と離婚危機。コロナ“隠蔽”で綾野剛が激怒、宗教問題で夫婦に赤信号

ジャニーズ事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「大野さんはまだ都内にいて、毎日を普通に自宅で過ごしているのではないでしょうか。大野さんほどの有名人になるとうかつに外出することはできませんから、家からほとんど外へ出ず、引き込まっている状態かもしれません。自分が想像していた休養とはだいぶイメージが違うでしょうね」

大野にとっては緊急事態宣言が想定外だったかもしれないが、事務所の後輩からは気になる発言も出てきた。

さまざまなJr.内ユニットで活動し、嵐のバックダンサーを10年間務めた林翔太(31)が、1月18日に放送された『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)の中で、大野の現状に言及。自身が出演する舞台の話をしたところ、「よし、じゃあ観に行く。俺は今ヒマだから」と言われたという。

あまり事務所の後輩とは接点を持たない大野だが、林のことだけはかわいがり、よく面倒を見ていた存在。

【関連】橋本環奈の「オヤジ転がしテク」キャバ嬢顔負けの貢がせ&思わせぶりで女優業は絶好調

「活動休止に入ったはいいものの、大野さんはよほど時間を持て余しているんだと思います。これまで嵐として忙しくしてきたのに、急にヒマになってどうしていいかわからない。おまけに外出もできない。あまりにもやることがなさすぎて、もしかしたら意外と早く一時的な活動再開があるのではとみられています」(前出・芸能記者)

“大野次第”とも言われている嵐の活動再開。休止したばかりですぐに完全復活というわけにはいかないが、大野と誰かという組み合わせの出演は十分ありえる。大野さえ動き出してしまえば、5人揃った姿を目にする日も近いかもしれない。

活動再開を意識した「メンバー共演は2人まで」ルール

休養に入った大野を他のメンバーたちが気づかっていることがわかるエピソードがある。

相葉が体調不良を起こして欠席した『VS魂』(フジテレビ系)の代役を二宮が務めたり、相葉がMCを務める『I LOVE みんなの動物園』(日本テレビ系)に櫻井がゲスト出演するなど、協力しながら支え合っているメンバーたち。

そんな大野を除く4人が決めたルールが、“メンバー共演は2人まで”だとされている。

「どういうことかというと、番組で4人が揃ってしまうと、大野さんだけいないことが際立ってしまいます。5人中4人が一緒になれば何となく“嵐”に見えてしまいますし、4人の需要が増えてしまってもおかしくなる。それは3人でも同じで、2人までだったら大丈夫だろうとのことからです。大野さんへの気づかいであると同時に、5人でなければ嵐ではないということを物語っています」(前出・芸能記者)

【関連】手越祐也が錦戸亮を上から目線で挑発!元ジャニーズ2人に深い確執、『NEWS』ガチ下剋上バトルの行方は

2人までの共演しか見れないことは、嵐ファンとしては寂しい気もするが、そのルールこそメンバーたちがリーダー大野を待っている証拠。活動再開がゼロではなく、きちんと視野に入れているといえるだろう。

活動休止後もメンバーの仲は良好な嵐

1月25日で39歳の誕生日を迎えた櫻井翔。ちょうどその日にレギュラー出演している『news zero』(日本テレビ系)の放送があった櫻井は、奇妙なマスクを取り出した。

それは“迷彩柄”の不織布マスク。「今日現場に着いたら大量のプレゼントが来てまして…」と切り出した櫻井、これが二宮からの誕生日プレゼントだったことを明らかにした。

独特なファッションセンスが「ダサい」とイジられる櫻井は、無類の迷彩柄好きとして知られ、これまでにも多くの番組で迷彩柄ファッションを披露してきた。そんな櫻井に二宮は“シャレ”で大量のマスクを贈ったのだ。

【関連】白石麻衣に17歳初体験説!ぶっちゃけ路線で恋愛解禁「男のアレが大好き」トークでアイドルからの脱却なるか

また、今月8日の同番組の中でも、櫻井は松本から大量の肉がプレゼントされたことを明かし、「松本からの鶏肉、ラム肉、で2日間過ごせました」と語った。

活動休止後も交流は続いており、関係性は良好だということがよくわかる。

次に誕生日を迎えるのは、少し期間が空いて、二宮の6月17日。メンバーたちはどんなプレゼントを二宮に贈るのだろうか。

松潤主演の大河ドラマPRのため活動再開が早まる?

早期の活動再開を望む声が多く聞かれる嵐だが、具体的にはいつ頃の復帰となるのだろうか。

嵐ファンの間でまことしやかにささやかれているのは、「2024年」説。

【関連】有村架純と菅田将暉に「熱愛発覚」の予兆あり。恋の舞台は4月春ドラマ、“共演者キラー”菅田が有村の純潔をロックオンか

その根拠は1999年9月にハワイでド派手なデビューを飾った嵐が、2024年に結成25周年を迎えるからだ。活動休止から3〜4年経過した頃で、メンバーそれぞれの活動もちょうど落ち着いているだろうという見立てもある。

そんな中、松本潤が2023年に放送されるNHK大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めることが先日発表された。これで2022〜2023年は大河のためにほぼ松本のスケジュールが取られてしまうことになる。

そうだとすると、なおさら2024年の活動再開が現実的になってくるが、どうやらそうでもないらしい。

「ジャニーズにとっても大河ドラマで主演することは大きな名誉。絶対に視聴率で外すわけにはいきません。いくら松本さんとはいえ、先のことはどうなるかわかりません。『いだてん』のように大コケしたら大問題です。そこで、大河ドラマが始まる少し前に、嵐を再結成させて話題作りをしようという考えもあるようです。NHKであればギャラは無尽蔵ですから、十分ありえますね」(前出・芸能記者)

【関連】上白石萌音のオトコの落とし方。ちょいブスの魔力で佐藤健すら魅了、女子ウケ最悪の裏で意外な一面も

松本が主演する大河ドラマを成功させるため、嵐を一度活動再開させれば、こんなに効果が期待できるPRはない。ドラマが終わってからでは遅いだけに、その可能性はおおいにありそうだ。

嵐メンバーの“勝ち組、負け組”は作らない

松本潤が主演する大河ドラマだけが要因ではない。他にも嵐の活動再開を急ぐ理由がある。それは相葉雅紀だ。

嵐の活動休止後、実は一番忙しくしているのが相葉。『VS魂』『I LOVE みんなの動物園』『相葉マナブ』(テレビ朝日系)のテレビ3本、ラジオ1本のレギュラー番組を持っている。

櫻井も3本のレギュラーを抱えているが、相葉はすべて時間がかかる収録番組で、かなりのスケジュールを取られている。

だが、『相葉マナブ』は健闘しているものの、他の2番組は視聴率で苦戦。特に『VS魂』は嵐から引き継いだ番組だけに、視聴率の落ち込みが目立ってしまっている。リニューアルした『I LOVE みんなの動物園』も評判が芳しくない。

一方、同じく嵐から引き継いだ、櫻井がMCを務める『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)は視聴率二桁をキープするなど好調。

これまでは5人で目立たなかった差が、それぞれソロ活動することによって出てきてしまったのだ。

【関連】中条あやみの「オトコ喰い」生活が肉食すぎる。好き好き猛アピールと“私生活では地味子”のギャップで男子陥落、9頭身ボディでも中身はオッサンの可能性大!?

すぐに番組が終わったり、打ち切られたりすることはないはずだが、嵐メンバーの中でも“勝ち組、負け組”のようなことが、いずれ言われるようになる。

そうなってからでは遅い。「最近人気のない●●●●を救うために活動再開したのね」と思われてしまっては、国民的スターである嵐に傷がついてしまうのだ。

メンバー間で優劣がある状態では、“5人で嵐”という形にはならない。彼らが常々公言してきたこの言葉に隙間風が吹いてしまうことは避けたい。

活動休止する前の考えでは、この先何年かは再開することはないと思っていたに違いない。しかし、いざ休止してみれば、メンバーそれぞれを取り巻く環境や状況が刻々と変化していくもの。

そうした現状を考慮しながら、嵐の活動再開は意外と早い時期にやってくるかもしれない。

image by : NuN547 / shutterstock

MAG2 NEWS