3月31日をもって長瀬智也(42)がジャニーズ事務所を退所し、3人体制となったTOKIOが4月1日、「株式会社TOKIO」を始動させた。昨年7月の新会社設立発表から9カ月、ジャニーズ事務所からのれん分けした形となったTOKIO。公式サイトもオープンさせ、上々の滑り出しに見えるが、一方でTOKIOは体よくジャニーズから“追い出された”のではないかという見方もある。

城嶋、国分、松岡の3人で「株式会社TOKIO」が始動

会社の第一歩として1日午前0時に企業サイトを立ち上げたTOKIO。

リーダーで同社の社長となった城島茂(50)は「それぞれがこれまでに培ってきた経験をもとに、今日をより良く、明日をより楽しく生きていく『術』を世に伝え、新たなる『術』を構築しながら次の未来へと紡いでいくことが、弊社の理念です」と所信表明した。

国分太一(46)と松岡昌宏(44)は副社長として城島を支えていく。

同社で企画を務める国分は「アイデアを形にして、この手を働かせて、ワクワクを一緒にいっぱいつくっていきましょう」と抱負を語った。

広報担当となる松岡も「自分らしく皆さまにこれからのTOKIOをお伝えしていきたい」と同社サイトで意気込みを述べている。

株式会社TOKIOはメンバーのほか、ジャニーズ事務所からの出向社員や、TOKIOをよく知るスタッフら数人が加わり運営していく。

ゆかりのある福島県では、企画調整課内に株式会社TOKIOとの窓口となる「TOKIO課」も設置されるなど、すでに新たな試みが動き出している。

【関連】木村拓哉が「おじさん」認める自虐。“タブー解禁”は静香が画策?Koki,大炎上で見せる父の顔とは

滝沢副社長がTOKIOをジャニーズから追い出した?

1990年の結成から約30年、バンドだったTOKIOが株式会社となった。長瀬智也、山口達也(49)が抜け、3人となったTOKIOだが、これからは芸能活動だけではなくさまざな事業にも足を踏み入れていくことになる。

今回の事務所内独立はジャニーズ事務所の関連会社という扱いになったが、なぜこのようなこれまでにない形で落ち着いたのか。そこには滝沢秀明副社長の思惑があったとされる。

ジャニーズ事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「長瀬さんの脱退をきっかけに解散やむなしとみられたTOKIOですが、会社を作るというウルトラCのような方法でグループを存続させることに成功しました。彼らにしてみれば苦肉の策だったと思いますが、これを誰よりも喜んだのは滝沢秀明副社長だといわれています」

滝沢氏にとってTOKIOは大先輩。しかし、自分はジャニーズ事務所の副社長として会社を運営していかなければならない。

「滝沢副社長はTOKIOの扱いに困っていたというのが本音です。というのも、現在社長を務めているジュリーさんが初めてきちんとマネジメントをして育てたのがTOKIOです。それだけに彼らはジュリーさんや名誉会長である母のメリーさんから寵愛を受けてきました。なので、滝沢副社長はTOKIOに手を出すことができなかったのです」(前出・芸能記者)

若返りを図るべく、次から次へとジャニーズ改革をしていった滝沢氏だが、TOKIOだけは治外法権としてこれまで触れずにいたのだ。

そんな中、飛び出したTOKIOの会社化。扱いづらい先輩を事務所内独立という形で“体よく”追い出せる、滝沢氏にとってこの上ない方法だった。

【関連】石原さとみに「夫婦不仲説」 綾野剛のせいで“夜の生活”おあずけ。綾瀬はるかへのライバル心、春ドラマで人気回復なるか

この決定に滝沢氏はもろ手を挙げて大賛成したといわれている。

滝沢副社長にとって先輩ジャニーズは“邪魔”な存在

「ジャニーさんが残してくれたTOKIOという名前を残すため」「自分たちがやりたいことをやるため」に株式会社TOKIOを立ち上げた城嶋、国分、松岡の3人。

しかし、胸の内では日を増すごとに独裁的になる滝沢副社長のことをよく思っておらず、居心地が悪い状況が続く中、対決姿勢すら見せていた。

滝沢氏とは比べ物にならないほど事務所に貢献してきた彼らにとって、後輩である滝沢氏が好き勝手にジャニーズ事務所を変えていくことが許せなかったのである。

「表向きはTOKIOの新たな挑戦となっていますが、実際は滝沢社長に反発して事務所を出ていったということです。要は追い出されたという形です。滝沢副社長も目の上のたんこぶがいなくなって清々しているのではないでしょうか。表向きには円満という風に見えますしね」(前出・芸能記者)

自ら主導するジャニーズ帝国を築くために、滝沢氏にとって先輩ジャニーズたちは“不要”な存在。

V6は今年11月1日をもって解散することをすでに発表したが、まだまだ滝沢氏が疎ましいと思う先輩たちはたくさんいる。

今回、TOKIOが取った事務所内独立という形は都合の良い“リストラ策”として、これから増えていくかもしれない。

【関連】白石麻衣が「エロキャラ」解禁。まいやんの“あの音”にファン悶絶、脱アイドル&セクシー路線で男漁りか

厚遇されるSnowMan、冷遇されるキンプリ&セクゾ

現在、ジャニーズ事務所にはデビューしていないグループも含めて、数多くのメンバーたちが所属している。

ジャニー喜多川氏が2019年に亡くなり、ジュリー社長&滝沢副社長体制になってからは、明らかにメンバーの扱い方に違いが出てきた。

「滝沢副社長が長い間面倒を見てきたSnowManとSixTONESは事務所からかなりプッシュされ、メディア露出がとても増えています。レギュラー番組を与えられるなど厚遇を受けています」(前出・芸能記者)

SnowManは4月からグループで『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)が始まるほか、『ラヴィット!』(TBS系)でもマンスリーゲストとして出演。

ポストKAT-TUNと目されているSixTONESもメンバーがそれぞれテレビや映画で活躍している。

「一方で冷遇されているグループもいます。2018年に鳴り物入りでデビューしたKing&Prince(キンプリ)は個々の活動こそあるものの、いまだにグループとして番組をもらえていません。またSexy Zоneは3年間レギュラーを務めていたラジオ番組を降板させられ、その枠を後輩グループが務めるなど、あからさまな仕打ちを受けています」(前出・芸能記者)

推しか、推しじゃないかで事務所からの扱いが明らかに変わってくるという現状。

【関連】佐藤健がモテモテ人生にピリオド?映画『るろうに剣心』順調も悩める女性スキャンダル、上白石萌音との結婚あるか

ジャニーズ事務所に所属しているメンバーが売れるためには、滝沢副社長にいかに気に入られるかが重要なようだ。

Twitterの反応

株式会社TOKIOのサイトができてる!!
リーダーが企業の社長みたいなことしてる!!w#株式会社TOKIO pic.twitter.com/X2vjg6riVq

— もちぇ@平日は多忙につき低浮上 (@moche_) March 31, 2021

株式会社TOKIO 普通に新聞広告も出していた。 pic.twitter.com/n3uZISNv8Q

— @んぜんぴん (@anzenpin) March 31, 2021

株式会社TOKIOのウェブサイト、予想以上に「会社」だった。 pic.twitter.com/MQc1ybronn

— 瑛里 (@_erkmb_) March 31, 2021

いいじゃんどうせ5人なんだからを聞いた時に、長瀬くんがTOKIOに入ったばかりの時、長瀬くんの前の元メンバーのファンから長瀬くんがメンバーだと認めないと言われて落ち込んでたら、山口くんがいいじゃん俺らが認めてんだから気にすんなと言ってくれた。優しい兄貴なんだ。とゆう話しを思い出した💛❤️

— 氷月🌙 (@Glace_lunaire) March 31, 2021

厳しいことを言うが、たとえどんな形であれ世間からのバッシングがあってでも「会社の部下」を、TOKIOを、長瀬君を奮い立たせられなかった時点でタッキー無能なのでは。

— ゆきむらたける (@Takeru_yukimura) March 31, 2021

おはようございます。
株式会社TOKIO始動です。みんなと一緒に楽しみたいです!よろしくお願いします!#ダテに待たせたワケじゃない pic.twitter.com/ed3RksjAAf

— 国分太一 (@tokioinc_taichi) April 1, 2021

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by : 株式会社TOKIO公式サイト

MAG2 NEWS