2013年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で大ブレイクを果たした、能年玲奈改め女優・のん(27)。しかし、直後に引き起こした事務所独立騒動をきっかけに、その姿をすっかり見なくなっていたが、実は今のんの年収が軽く1億円を超えていると話題になっている。

テレビ干されてものんは“年収1億円超”

『あまちゃん』が国民的な大ヒットとなり、その後の活躍は約束されていたのんだが、2015年4月以降は開店休業状態。いわゆる、テレビ業界から“干された”形となった。

しかし、最近テレビをつけると、頻繁ではないものの、のんの姿を見かけるようになってきた。なぜなら、のんは今、さまざまなCMに出ているからだ。

テレビからNGを出されているとはいえ、誰もが知る存在であるのん。その知名度をいかして、岩手銀行や神戸新聞などローカル色の強いCMをゲットしていった。

すると、それが広告業界で話題となり、ロート製薬やユニクロ、グーグル、ゴディバ、ラクスル、警視庁など名立たる企業や官庁から依頼が殺到。

1本あたりのギャラを200万から高くても1000万円程度に抑えることが功を奏し、仕事が入りやすくなっているという。芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「のんさんが受けているCMのギャラは破格です。もし、大手事務所に所属していたら受けない値段でしょう。でも、のんさんはそうした小さな仕事をコツコツ積み重ねていくことで、次の仕事につなげています。その結果、今や年収は1億円を超えていると言われています。以前事務所に所属していた頃より稼いでいるのは確実です」

地道な努力が実ってか、のんはCMだけではなく、舞台や映画、ネットなどからも声が掛かるようになり、オファーが殺到しているという。

【関連】株式会社TOKIO始動も「円満独立」は大嘘。“タッキー邪魔者扱い”ジャニーズ追い出しの真相とは

ドラマ関係者に注目され再ブレイクの兆し

日本では長い間その姿を見かけることがなくなっていたが、のんはアジアで評価を上げていた。

中国ではユニクロのCMが流れていたことから知られた存在であり、また台湾やタイでは『あまちゃん』が放送されていて、認知度は高かった。

不遇な時代もアジアという活路を見つけ、腐ることなく活動していたのだ。

一方、日本ではCMなどに出演していくことで、少しずつ露出を増やしていった。

「人の目に触れる機会が多くなれば、それだけチャンスに巡り合うきっかけもできます。もともとは朝ドラで主演を張った女優ですから演技はお墨付きで、華もあります。なかなか大声では言える雰囲気ではなかったものの、業界関係者も注目していたようです」(前出・芸能記者)

のんが最後にテレビドラマに出演したのは、2014年に放送された『世にも奇妙な物語’14春の特別編 』。しかし、今後は再び女優として脚光を浴びることができるかもしれないという。

「最近ではNHKや民放のプロデューサーがのんさんに接触するようになっているようです。すでにドラマのオファーが届いているという話もあります」(前出・芸能記者)

【関連】石原さとみに「夫婦不仲説」 綾野剛のせいで“夜の生活”おあずけ。綾瀬はるかへのライバル心、春ドラマで人気回復なるか

もしかしたら、近々テレビドラマや映画で「じぇじぇじぇ」と驚くような復活があるかもしれない。

都心のタワマンで一緒に生活する人物とは

芸能界で2度目のブレイクをめざす能年玲奈改め、女優・のん。年収1億円とも言われる順調ぶりは嘘ではないようだ。

Smart FLASHによると、のんは東京都心にある、家賃40万円の豪華タワーマンションに最近引っ越したという。

地上50階以上あるという大規模タワーマンションで築年数は10年ほど。現在の販売価格は新築時の1.3倍から2倍ほど値上がりしているといい、70平米で1億円を超える高級マンションだ。

コロナ禍で苦しむ芸能人も大勢いる中、なかなかこの規模のタワマンに住むことはできない。のんの仕事が好調だということを物語っているだろう。

そんな豪邸に1人で住んでいるかというとそうではない。実はこの同居人に問題があるのだ。

【関連】木村拓哉が「おじさん」認める自虐。“タブー解禁”は静香が画策?Koki,大炎上で見せる父の顔とは

8年経ってものんの洗脳はいまだ解けず

2015年に当時所属していた大手芸能事務所から独立を図り、騒動となってしまったのん。テレビ局などは事務所と揉めることを恐れ、忖度した結果、のんは干されることになった。

その原因を作ったとされるのが、女性演出家のAさんだ。

「Aさんはのんさんに演技指導する中で、彼女を洗脳していったと言われました。厳しくダメ出しをして、『あなたは女優にならなきゃ生ゴミね』と言ったことから、“生ごみ先生”というあだ名も付けられました。のんさんは当時Aさんにだいぶ心酔していたようです」(前出・芸能記者)

芸能人が洗脳騒動を起こすことはよくある。他人を蹴落とし、勝ち抜いていかなければならない厳しい芸能界だけに、芸能人は心のすきを突かれやすいのだ。

最近ではフリーアナウンサーの小林麻耶(41)が、“子宮系”スピリチュアリストの夫に洗脳されたとして話題となった。

小林はレギュラー出演していた番組を降板し、所属事務所もクビに。騒動から数カ月後に夫と別居していることが明らかになり、少しずつ洗脳が解けているとみられている。

のんも小林のように元に戻る気配が感じられれば良いが、Aさんとの関係はすでに8年に及んでいるのだ。

せっかく順調に復活を遂げようとしているのに、それを邪魔する存在がすぐそばにいることになる。

【関連】白石麻衣が「エロキャラ」解禁。まいやんの“あの音”にファン悶絶、脱アイドル&セクシー路線で男漁りか

女優としての再ブレイクを目指し、一歩一歩前へ進んでいるのん。同じ過ちを繰り返さないよう、人間関係を含め自分を見つめ直した方が良さそうだ。

Twitterの反応

私をくいとめて
の、のん。
一時期売れて無かったせいか、いい意味で素人っぽさが出て、でも演技はA級なので、リアリティがハンパない。映画はヒットしなかったが、ノン自体は、最強女優である。本当は彼女が日本アカデミー主演女優と思う。

— Roko (@Rokoroko18jk) March 28, 2021

私をくいとめて
あまちゃん大好きだったので、能年玲奈さんと橋本愛さんが同じ画面に出てるだけで嬉しかった
能年玲奈さん、のんさん、久しぶりに感情豊かでぴったりな役て思いました
1人暮らしのこじらせ具合も好き
林遣都さんめっちゃ好き
中村倫也さん素敵な役

— satoshi (@satoshi76) March 25, 2021

最初は、全然関心がなかった。
電車で前に立ったお母さんが「じぇじぇじぇ」とか言っててバカじゃんと思った。

いつのまにか、#あまちゃん を毎日観ていた。
良い眼をしている女優さんだと思った。

そして、なんと数年の間、のんを応援することになるとは。

才能の火は、消したくなかった。#のん https://t.co/QXVLYm33tZ

— 青海義行 (@oomikoukou) April 1, 2021

「陰のCM女王」とされる、のん 年収は一流女優並みの1億円以上か #ldnews https://t.co/H5X6NQt3Ht
心配してたけど…年収がホントの話なら心配する必要はないね。ただ変な人に洗脳されて詐取されてなきゃいいけどね。

— jun (@SweetSeasonJ) March 16, 2021

CMで稼いでいるのは間違いないだろうけど、「女優のん」を一番見たい!

— YO-GON-METAL 💙🌸🐷🎸⚡️ 私をくいとめて (@YO_GON_METAL) March 31, 2021

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by : のん公式サイト

MAG2 NEWS