タレントの熊田曜子さん(39)が泥沼の離婚劇を繰り広げています。DV容疑で逮捕された夫が熊田さんの不倫疑惑を暴露するなど、もはや収拾がつかない状態です。そこで今回は、多くのメディアで活躍する有名芸能リポーターの井上公造さんがメルマガ『井上公造の「とっておき芸能情報+LIVE」』の中で徹底検証。“週刊誌戦争”となってしまった裏側を明かします。

芸能界の裏を知り尽くした井上公造さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

【月曜コラム】1週間の気になる見出し!

今週は、女性セブンの「熊田曜子 夫からの壮絶DV『ぶっ殺すぞ!』現場音声データ公開」、週刊文春の「熊田曜子 夫が明かす“不貞の証拠”『ママバッグに大人のおもちゃが』」、週刊新潮の「『熊田曜子』夫が激白 私が妻の『不倫』を問い質した『セックスと嘘と録音テープ』」の3誌をピックアップします。

すべて、DV・不倫騒動の渦中にある熊田さん関連の見出しですが、「女性セブン」と「週刊文春」&「週刊新潮」ではずいぶんトーンが違います。

週刊誌戦争

見出しを見ても分かるとおり、「女性セブン」は熊田さんに寄った記事、「週刊文春」と「週刊新潮」は夫のA氏に寄った記事になっていて、まるで“週刊誌戦争”です。

なによりボクが今回驚いたのは、A氏が「週刊文春」と「週刊新潮」のどちらのインタビューにも応えていること。両誌は同日発売のライバル誌。

にもかかわらず、どちらの雑誌に対しても、自身の入手した音声データをもとに熊田さんの“不倫疑惑”を語り、さらには自身がDVで逮捕された当日のことなど詳細を話しています。

芸能界にいるわけではないので、A氏がメディア事情やそれらの暗黙のルールに詳しくないのは仕方のないことですが、正直、これはやってはいけないことでした。

とはいえ、時すでに遅し。両誌ともカンカンで、それぞれ「向こうがやるならうちはやらなかった」と立腹しているようです。

また、A氏が主張している熊田さんの不倫相手とされるB氏の職場であるフジテレビが、A氏を訴える可能性もあるとか。

【関連】華原朋美“戦略的デブ化”の決断と苦悩とは?激太りBMI上昇で仕事殺到「目標体重100kg」説まで飛び出しファン歓喜

「週刊文春」も「週刊新潮」も、そしてフジテレビも敵に回してしまったA氏は、“形勢逆転”のつもりが、マスコミに味方がいなくなる事態で、より不利になってしまいました。

離婚の争点

そもそも、この夫婦のトラブルが表沙汰になったのは、熊田さんへのDVでA氏が逮捕されたのがきっかけ。そこから熊田さんの不倫疑惑が浮上し、今の“週刊誌戦争”に至ります。

DVにしても不倫にしても、本当のことは当事者にしか分かりませんが、A氏が逮捕されたこと、熊田さんが被害届を取り下げていないこと、そして離婚手続きの準備に入っていることは事実。

そもそも、お互いに“何かあった時のための証拠”として、パートナーの音声を隠し録りしている時点で、健全な信頼関係は終わっていますよね。

離婚はもう決定的だとして、この先、争点となるのは子供の親権と慰謝料。程度の差はあれど、A氏は熊田さんへのDVで逮捕されているわけですし、そのA氏がいくら証拠の音声テープを持っていても、内容が熊田さんと友人の会話だけでは不倫の立証は難しいでしょう。

取材に対し、子供への思いを語っているA氏ですが、もし本当に子供のことを考えているのであれば、今回のような熊田さんへの憎しみから来る暴露は、子供を傷つける行為でもあると気付いてほしいと思います。 

【関連】中居正広が事務所独立を大後悔!? キムタク海外大作ドラマ大抜擢の影で番組打ち切り連発のリーダー、明暗くっきり元SMAPの2トップ

※2021年6月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、6月分のメルマガがすべてすぐに届きます。

芸能界の裏を知り尽くした井上公造さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

※メルマガ『井上公造の「とっておき芸能情報+LIVE」』では月曜から金曜まで、日々のオススメニュースに加え、以下コラムをお届けします。
【月曜】1週間の気になる見出し!
【火曜】井上公造「芸能ウラネタ」、中西正男「マル秘取材メモ」
【水曜】駒井千佳子「イケメン倶楽部」、島田薫「エンタの花道」
【木曜】芸能Q&A
【金曜】エンタメデータ室
※火曜、水曜は1コラムずつお届けします。
※芸能Q&Aへのご質問やリクエスト、曜日コラムへのご感想は、メルマガに返信してお寄せください! 初月無料のお試し購読は、コチラから。 

image by:Shutterstock.com

MAG2 NEWS