出口の見えない泥沼の離婚劇となっているタレントの熊田曜子(39)に新たな疑惑が生じてしまった。これまで不倫相手とされていた民放キー局のプロデューサー以外にも、複数の業界関係者と男女の関係にあったと報じられたのだ。次から次へと出てくる不倫疑惑。果たして、真相はどこにあるのだろうか。

熊田曜子の不倫相手が平井理央の夫疑惑で大騒動に

先日、文春オンラインによって熊田が夫であるA氏から不貞行為の慰謝料を求める裁判を起こされたことが発覚した。

しかも、その男性がフジテレビの人気アナウンサーだった平井理央(38)の夫のB氏である可能性が高まり、関係者の間で大騒ぎとなっている。

「B氏はバラエティ班に所属し、多くの人気番組を抱えるチーフプロデューサー。2012年に平井さんと結婚しお子さんも一人います。B氏は甘いマスクで若い頃からかなりのモテモテ。結婚前は平井さんの先輩にあたるTアナと交際していたり、タレントやモデル、数多くの一般女性と付き合っていたりと、かなり派手に遊んでいたことで有名です」(スポーツ紙の芸能記者)

【関連】菅田将暉&小松菜奈、同棲解消で結婚遠のく?交際は事実上“認める”も急ブレーキ、ゴールインは「2年後」の現実味

熊田とB氏は15年前からの知り合い。いつから男女の関係にあったかは不明だが、当初報じられていた情報番組『ノンストップ』のスタッフとは異なる人物だったため、局内には動揺が広がっているという。

「熊田さんの夫A氏から不貞行為で訴えられ、それが家族にバレるのを恐れたB氏は、訴状が自宅に届く前に裁判所に取りに行くなど大慌てだったそうです」(前出・芸能記者)

しかし、今回の件で肝を冷やしているのはB氏だけではないかもしれない。

平井理央の夫だけじゃない!?複数男性との不倫疑惑

週刊女性によると、熊田はB氏以外にも複数の業界関係者と男女の関係にあったといい、夫のA氏が現在も証拠集めの調査を進めているという。A氏の代理人弁護士はB氏以外との不貞疑惑についてはコメントを差し控えるとした。

A氏がどこまで熊田の複数男性との不貞疑惑の証拠を掴んでいるかはわからない。だが、代理人弁護士のコメントは何か含みを持たせた発言だといえそうだ。

仮にもしこれが認められるようなことになれば熊田は絶体絶命のピンチに陥ることが確実。一方、A氏にとってはかなり有利な展開へ持ち込めることになるだろう。

【関連】戸田恵梨香と松坂桃李が離婚寸前の夫婦危機!?「精神的な不調」でドタキャン連発、長期休養の可能性も示唆

そこで思い出されるのは芸能界を引退した島田紳助氏だ。

「島田紳助さんはお気に入りの女性タレントを抱え込んでいたことで知られ、それは『喜び組』と称されていました。その中には熊田さんも入っており、過去には沖縄での密会が報じられるなど、親密な関係にあるのではとかつて言われていました」(同・スポーツ紙記者)

ちなみに、島田氏のお気に入りだとされた女性タレントは報じたメディアによって顔ぶれが少し異なる。

2011年9月7日のアサヒ芸能では、「紳助愛人7人」と題し、熊田曜子、ほしのあき、藤原紀香、小林麻耶、上原美優(故人)、吉田真由子(鑑定団)、青木直子(鑑定団グラドル)の名前が挙がっている。

また、同年9月8日付の東京スポーツには「喜び組疑惑7人の女」とされ、熊田曜子、ほしのあき、ヨンア、小林麻耶、伊東美咲、高橋みゆき(女子バレー)、大木優紀(テレビ朝日アナウンサー)が報じられた。

一方、同年9月6日の女性自身は「愛した女、泣いた女 31人の黒い閻魔帳」とのタイトルで31人もの女性タレントの名前を列挙。熊田曜子やほしのあき、小林麻耶に加え、木下優樹菜、里田まい、スザンヌ、南明奈など、“ヘキサゴンファミリー”を中心とした女性の名前が挙がっていた。

上記3つの中に熊田曜子の名はいずれも入っていたのである。

【関連】熊田曜子の不倫相手は平井理央アナの夫!? “不貞行為”で妻を訴え返し直接バトルへ、ウーマナイザーの大きすぎる代償

とはいえ、これは熊田が結婚する以前の話。実際に熊田がA氏と結婚してからどんな人物と不貞関係にあったのかは定かではないが、今後の行方を左右する大きな要因となりそうだ。

ロンハー出演も共演者から“腫れ物”扱いの熊田曜子

自身を殴ったとして夫が暴行罪に問われ、離婚の意思を示しているタレントの熊田曜子。しかし、今度は夫であるA氏から不貞行為の慰謝料を求める裁判を起こされ窮地に陥っている。

そんな熊田が19日、『ロンドンハーツ「女性芸能人スポーツテスト 歴代勝手にNo.1決定戦」ゴールデン2時間SP』に出演。久々にテレビにその姿を見せた。

番組冒頭、MCの田村淳(47)がノースリーブの体操着姿で張り切る熊田対し「みなさんなんか、スタジオ入って熊田さんのこと見てニヤニヤ笑ってましたよね。ああいうのダメよ」と早速イジるが、他の出演者は気まずいリアクション。

そこへ磯山さやか(37)が「さっき曜ちゃん(熊田)に『元気ー?』と言ったら『元気じゃないでしょ!』って返したときに、みんな全然笑ってなくて、静まりかえってた」と暴露した。

「泥沼離婚騒動中の熊田さんにオファーを出すロンドンハーツも凄いですが、それを受け番組に出演する熊田さんはもっと肝っ玉がすわっていますね…。100%イジられるのはわかっているはずですから。でも、熊田さんからはいつまでもクヨクヨするより、むしろそれをいかして前へ進んでいこうという思いが感じられました」(同・芸能記者)

自身のインスタグラムも積極的に更新し、新たな船出をしようとしている熊田曜子。ひとりで子供を育てていく“働くママ”としての決意を固めたのかもしれない。

【関連】広瀬すずと戸田恵梨香が元彼めぐってバトル!?姉アリスと立場が逆転、女優生命最大の危機で「艶路線」解禁か

大手メディアがスルーした熊田曜子の不貞疑惑

なかなか出口が見えない熊田曜子の離婚騒動だが、やや違和感を覚えるのはこの件のメディアでの取り上げられ方。

なぜかこうした泥沼ぶりは大手メディアではほとんど触れられておらず、夫が不利になるような話ばかりが報じられている。

「夫であるA氏が熊田さんからDV裁判を起こされたという件はテレビでも報道されました。でも、A氏が熊田さんを不貞疑惑で訴えたというニュースは大手メディアでスルーされています。熊田さん側に忖度しているのでしょうが、これは同一のものといっても過言はありませんから、どうしても取り上げ方が不公平に映ってしまいますね」(同・芸能記者)

あまりに一方の主張しか報じられないのであれば、「触れちゃいけない」という心理が生まれ、熊田が腫れ物になってしまう。

特にコンプライアンスを重視する昨今のテレビ業界では、不倫に対してかなりの拒絶感がある。

不倫イメージをごまかそうとするのはむしろマイナスで、今後はさらに熊田を取り巻く環境が厳しくならざるをえない。

【関連】浜辺美波が自ら彼氏の存在におわす!?交際否定も“恋人フラグ”で人気急落、ファンがアンチに転身する異常事態で脱清純派へ

多くの人物を巻き込みつつある熊田曜子の泥沼離婚劇。次回の公判は11月9日となり、熊田も出廷を予定している。

Twitterの反応

ちなみに当時浮気を疑ったのは
1人ではなく複数人です
その内の1人が今回のB氏でした
なので、当時疑った他の人物も、現在も関係を続けていてもおかしくないなと思ってます
ほぼ業界人#熊田曜子

— Z (@jakumamoto) October 15, 2021

今の芸能界、グラドルに枕営業はないと信じたいところだがわからんなぁ。性欲は男女どっちもノンストップだからね。

熊田曜子のDV裁判に慌てる不倫疑惑のプロデューサー、有名女子アナ妻にも“飛び火”か #ldnews https://t.co/wLhSLW056X

🐈‍⬛🐈🐇@Are you ready? (@amamix_) October 20, 2021

いや〜〜 そうであって欲しい って感じやな。
逆に何もないってなら熊田曜子のブランディングとしてどうなん?って思っちゃうw

夫からのDV被害を訴える熊田曜子 複数の業界人と男女の関係にあった? #ldnews https://t.co/5hroBZeMfQ

— ゴイスー (@goisup) October 20, 2021

熊田曜子の夫、殺すぞとか言ったり壁蹴ってるだけでもう無理だけど…

— 西森路代 (@mijiyooon) October 18, 2021

今テレビつけたら、熊田曜子さんの裁判の話で。DVの音声データがあるという話の流れで「…用意周到というかー」という坂上さんの言葉。
こういう家庭内の暴力は見え難いし、前例もあるのに?何とか証拠残したら『用意周到』って言うのかねえ。はあやっぱりワイドショーは見んでおこ

— たけぞー (@signe705) October 18, 2021

ロンドンハーツに熊田曜子出てる😑💦よく出て来れるなぁ〜!

— シャア (@lupan3sei1967) October 19, 2021

熊田曜子出すのはさすがロンハーwwwこういう時出せるのロンハーか水ダウぐらいでしょwwwただへそ出しはキツいからやめてくれ真顔#ロンドンハーツ #ロンハー

— あ (@doshiyoujinsei) October 19, 2021

熊田曜子って大したたまやでww https://t.co/aSW89R9wHW

— REDJON (@data025) October 22, 2021

【関連】新垣結衣&星野源が破綻寸前?ガッキー激やせで心配な夫婦の亀裂、「観葉植物だけが癒し」長引く別居生活に我慢の限界か

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image : 熊田曜子オフィシャルブログ 

MAG2 NEWS