人は死んだらどうなるのか…こんな、生きている限り知ることができない「人類永遠の謎」の答えが書かれた書籍があるそうです。無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では、5度の臨死体験をした著者があの世の秘密を暴露したという、なんとも凄いとしか言いようのない1冊が紹介されています。

『5度の臨死体験でわかったあの世の秘密』
小林健・著 イースト・プレス

小林健『5度の臨死体験でわかったあの世の秘密』を読んだ。すご過ぎるタイトル。図書館のお姉さんが怪訝な顔で渡してくれた。経歴を読んでもよくわからないが、筆者はヒーラーらしい。現在76歳だが、これまでの人生で五度死んで、五度生き返った。「はっきり申し上げたい。死は怖れるものではない」とのこと。30分かけて一気読み。感想「………」。

一度目、7歳で溺死。二度目、20歳で高度から海面に激突死(パラシュートのテスト飛行というアルバイトで、パラシュート開かず)。三度目、45歳でスキューバ・ダイビング中にサメに追われて、船底に頭を激突させて即死。四度目、50歳で雪の中で眠って凍死。五度目、田舎道で交通事故、転落して崖の途中にひっかかるが力尽きる。五度とも「死体」から甦ったということだ。

どの死も恐怖心を覚えたことがなく、痛みも苦しみもない。二度目、海面に衝突する瞬間自分の存在が素粒子に戻るのを感じた。いずれも、天国で神様から「ここに来るのはまだ早い」と言われて帰された。幾度も死を経験することにより、脳波がフラットな領域に達するようになった。ひと粒の素粒子まで分解されるようになり、その結果、量子波を出しやすくなり、コントロールもしやすくなった。……何を言っているのかわからないが、そうなんだそうです。

なぜ五度も死を体験しながらその度にこの世に戻されたのか。著者には「ひとりでも多くの人の病気を治す」という使命が残されているからだ。「正確にいえば、私は使命を果たすために五度も『死』を経験させられたのだと確信している」。

彼は幽体離脱して天国に行き、甲田光雄や船井幸雄に会う。著者の素粒子が、おふたりの波長に合うから、究極のコミュニケーションがとれるのだという。ロシア人の父と祖父は、宇宙に遍満する「量子」の波動をあやつり感じとれる能力があった。って、なんのこっちゃ。母は十日町で350年以上続く「春日木草閣」という治療院の家系だとか。ヒーラーって何? よくわからん。

彼の頭の中には毎日すごい数の有名人がアクセスしてくる。スティーブ・ジョブス、ロビン・ウィリアムズ、原節子らとも交信した。まあそういう世界の人もいるんだなあと思うが、「世界の政治や経済の大部分は、たった10数人の人たちが支配しコントロールしている。今後はユダヤ系とロシア系の人たちがキーになる」とか言われると困惑する。この人に「スピリチュアル的なものがブームだが私はお勧めしない」と言われてもなあ。本文で太字になっている部分がある。ここが勘どころらしいが、ハズレが多い。編集者は、小林健の文章を本当に理解しているのだろうか。わたしの頭では理解不能である。

編集長 柴田忠男

image by: Shutterstock

 

『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』
デジタルメディアで活躍する現役クリエイターたちのコラムで構成されている本格派。総発行部数約16000! 真のクリエイターを目指している方からデジタルに関わる方まで、すべてに向けて発行中!

出典元:まぐまぐニュース!