以前、「白バイ警官がノルマを暴露。交通違反で「反則金」を稼ぐ裏事情」という記事で、交通違反を取り締まる警察官に実はノルマが課せられているという裏事情をご紹介しましたが、他にも疑問点はいくつかあるようです。メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学教授・武田邦彦先生は、警察がしっかりと説明責任を果たしていない「道路交通法」の異常さに疑問を呈しています。

交通事故が増える要因にもなる「酒気帯び運転」の曖昧な定義

かつて交通戦争と言われた時代は、1年間に死者が1万人、負傷者が100万人を越えていました。人生は80〜90年ですから、日本人は一度の人生のなかで必ず一度は交通事故で負傷するという状態でした。それが死者4000人を切るまでになったのです。

それでもまだ、最近では自転車の乱暴運転や、スマホを見ながら赤信号をゆっくり渡る歩行者などの問題がありますが、ともかく交通事故死亡者が激減したことは素晴らしいことでしょう。

ところで、警察が「点数稼ぎに取締をしている」という感覚は広く国民の間で信じられています。たとえば、一時停止を取り締まるのなら、停止標識や停止線のところに警官か、あるいは交通整理の人を立たせれば事前に一時停止違反を防ぐことができるのに、わざわざ一時停止線から見えないところに警官がいて、一時停止しなかった車両を捕まえるのですから、現代の日本の中でもその異常さは際立っていると言えるでしょう。

しかし、このままこのような野蛮な取り締まりによって交通事故をさらに減らすのは難しいのではないかという、まともな考えも出てきています。現在、警察が進めている対策の中で奇妙なものは、1)酔っ払い運転、2)後部座席のシートベルト着用、3)バスの優先走行、等があります。

酒気帯び運転(「酔っ払い運転」とは定義が違う)は呼気中のアルコール濃度で検出されますが、日本は0.15mg/Lで、違反すると3年以下の懲役という本格的な犯罪者扱いになります。この基準は飲酒による悲惨な交通事故が大きく報道され、感情的になった日本社会におされて決まったものです。

呼気の0.15mg/Lは、現実の危険度を示す血中の0.3g/Lになりますが、公表されている「交通事故が増加する血中アルコール濃度」のデータをみると、事故の危険性が高まるのは0.4g以上で、危険性が2割程度上がるのは、さらに0.5g程度です。

事実、報道が悲惨な事故を大々的に報じる前の基準は呼気で0.25mgであり、諸外国も厳しい国でその程度だったのに、突如、基準が厳しくなりました。

「アルコールを飲んで運転してはダメだからそんなこと言わなくても」という情緒的な意見が強いのですが、お酒を飲んだあと、呼気中のアルコール濃度が0.25までは数時間で下がるのですが、その後はダラダラと減っていくので、自覚的に0.15という基準は判断できないのです。だから、前の日の夜に飲んだお酒が残っている場合も「酒気帯び」になってしまうという場合があります。

その結果、運転手などで勤務の前の日はお酒を飲むことができなかったり、常識的には到底酒気帯びとは言えない状態でも違反になるケースが出ています。でも、そんなことを言うと「お前はお酒を飲んでも運転して良いと言うのか!」とバッシングを受けますが、「合理的ではない取り締まりでは交通事故根絶はできない」という点では、このようなバッシングこそが交通事故の犠牲者を増やしているとも言えるのです。

交通取締りの時代から、人々が納得して安全に運転をする時代に

国がやることですから、正々堂々と取締の基準を科学的に説明する必要があります。

また、「後部座席のシートベルト着用」についてはさらに不透明です。東京で410円の初乗りでタクシーに乗り、5分後に降りるまでシートベルトをするように言われます。そこで運転手に「こんな状態でシートベルトに関係があるのですか?」と聞いても、まったく説明できず、「指導されている」と言うだけです。つまり「お前たちは庶民でバカだから、理由を聞くな。警察の言うとおりに守れ」というのですから、まさに封建時代のようです。

シートベルトは社会の公共性で求められているというより、本来は本人の命に関わることですから、十分なデータと広報を行えば運転手も同乗者も積極的にシートベルトをするのは当然で、日本国憲法でも国民の個人に属することは個人の判断を尊重しなければならないとされています。

警察がシートベルトメーカーと結託しているのではないかと言われるのも合理性がないからでもあります。もともと運転の取り締まりをするのが警察の目的ではなく、国民の命を守るのが目的ですから、一時停止を隠れて摘発するのと類似の思想と言えます。

バスの優先走行は少し違います。

かつてバスが庶民の主要な足だった時代から、自家用車やタクシーが輸送のほとんどを受け持つ時代になっても、まだバス優先走行が前提になっています。たとえば名古屋市では車の交通で市民が移動する総量のうち、バスが担当しているのはわずか2.5%、つまり40分の1にしか過ぎません。だから、多くの人の利便性を考えると、駅前を駐停車禁止にしてバス停を作るというのは主客転倒なのですが、まだバス優先の取り締まりがされています。

(『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』より一部抜粋。続きはご登録ください、初月無料です)

有料メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め7月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できる人気バックナンバー>

・〜変わりそうな日本社会(2)誰もいない公園が賑わいを取り戻す〜(6/28)
・〜変わりそうな日本社会(1)シャッター通りがなくなって明るい街に〜(6/21)
・〜憲法を深く考える(4)最終回・・・明るい憲法改正〜(6/14)
・〜憲法を深く考える(3)「戦争」や「軍隊」の定義〜(6/07)
・〜憲法を深く考える(2)憲法の限界〜(5/31)
・〜憲法を深く考える(1)憲法前文と自衛権〜(5/24)
・〜すぐ給料を二倍にする方法(8)未来の日本社会の像〜(5/17)
・〜すぐ給料を二倍にする方法(7)お金持ちの生活〜(5/10)
・〜すぐ給料を二倍にする方法(6)ドンドン捨てても大丈夫?〜(5/03)
・〜すぐ給料を二倍にする方法(4)なぜ、政府は欺したか?〜(4/19)
・〜すぐ給料を二倍にする方法(3)第二に、隠しているお金を出させること〜(4/12)
・〜すぐ給料を二倍にする方法(2)政府以外にどこに赤字があるのか?〜(4/05)
・〜すぐ給料を二倍にする方法(1)まず、ダマシを見抜くことから〜(3/29)
・〜メディアの錯覚を切る!(7)「反権力」の妄想〜(3/22)
・武田邦彦メールマガジン『テレビが伝えない真実』〜メディアの錯覚を切る!(6)地球の環境と利権〜(3/15)
・〜メディアの錯覚を切る!(5)私たちの健康と病院経営〜(3/08)
・〜メディアの錯覚を切る!(4)反日国家に塩を送る〜(3/01)
・〜メディアの錯覚を切る!(3)マスコミの編集と経営〜(2/22)
・〜メディアの錯覚を切る!(2)「第二次世界大戦」は誰が名付けたのか?〜(2/15)
・〜メディアの錯覚を切る!(1)選挙後のデモ〜(2/08)
・〜分別は役に立っているのか?(8)私たちの希望を実現するゴミの捨て方〜(2/01)
・〜分別は役に立っているのか?(7)お金持ちは資源を使う〜(1/25)
・〜分別は役に立っているのか?(6)分別・リサイクルの周辺・・・レジ袋〜(1/18)
・〜分別は役に立っているのか?(5)分別しないとどうなるか?〜(01/11)

※6月以前に配信された記事を読むには、7月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、ご希望の配信月分バックナンバーをお求めください。

image by: Shutterstock

 

『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』

著者/武田邦彦(記事一覧/メルマガ)

東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。メルマガで、原発や環境問題を中心にテレビでは言えない“真実”を発信中。

出典元:まぐまぐニュース!