例えば、なぜ憲法改正が必要なのか、慰安婦の強制連行はあったのか等々、きちんと人に説明・解説できるかと問われたら少々自信がない、という方も多いかと思います。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介しているのは、そんな質問に対して過不足ない回答が掲載されている1冊。「日本の真実」を知るには最適の良書です。

『日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル』
和田政宗・著 青林堂

和田政宗『日本の真実50問50答 わかりやすい保守のドリル』を読んだ。参議院議員1期、42歳。2013年みんなの党公認で当選、近く自民党に入るらしい。50の質問&50の回答は、タイトル通り明解である。世間でいわれていることが嘘か真か、きちんと解説されている。子供だって読める。

NHK出身というので、ちょっと心配だったが、捏造に近い報道や番組を作る勢力とは一線を画す、心あるジャーナリストがNHKにもいたんだ、という意外性がある。著書は共著をいれて三冊目。自身が日教組の偏向教育に洗脳されてきた過去がある。そこで今、若者に向けたまともなテキストを作ったのだろう。

憲法第9条で平和が守られたというのは本当ですか? 中国が南シナ海を制圧しようとしているのはなぜですか? 沖縄の真実の声は、本当に反基地・反米軍なのですか? 日本は韓国や台湾を植民地にしたのですか? 慰安婦の強制連行はあったのですか?

等々、一問一答形式でじつにわかりやすく解説する。

よくある質問である。それに対して、うまいというか、正確というか、誠実というか、過不足ない回答がそれぞれ3〜6ページある。こんなのもある。

Q32:現行憲法で、大震災が起きたときに国民を守れますか?
A:残念ながら十分ではないと思える部分があり、改正が望まれます。

……想定外のQ&Aだった。

憲法では個人の利益や権利を広く大きく認めている。一方で極端な個人主義に歯止めをかけられないという面がある。それが現実問題として起こり得るのが、大震災などの大規模災害時である。私立学校や私有施設などは、いくら緊急時だ、人命がかかっているといっても、持ち主から拒否されたら使用できない。

多くの被災者が存在しても私的権利を尊重するあまり、国民を守れないのが現憲法である。道路上に放置された車を移動できるようになったのは、3.11以降に法整備が進んだからだ。憲法で「緊急事態条項」を規定しておかないと、思いがけぬところで行き詰まる。自然災害ばかりでなく、軍事的な攻撃を受けた場合など、多数の国民に被害が及ぶ緊急時の対処を定めておかねばならない。

現行憲法は国土防衛や大規模災害への対処について、憲法作成時のアメリカ側の思惑から、まったく備えを欠いている。緊急時の財政出動にも言及されていない。憲法改正の最重要項目のひとつだと筆者は考えている。なぜここに注力するのか。3.11の際、2か月にわたり現地を取材したときの思いからだろう。

6月7日初版で24日に6刷とはすごい。カバーは本人の上半身を斜めから、にこやかな笑顔、いまどき肖像写真をこんなに大きく出すなんて珍しい。いや、ほとんどないだろう、スターじゃないんだから。これは名刺代わりに配布する本かな。内容に文句はないが、売れてる理由はそれかも。驚いたのはAD奥村靫正さん、まだ現役だったのか。わたしより一歳上だけど。えらいな〜。

編集長 柴田忠男

image by: ESB Professional / Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!