9月27日に行われた、小池都知事が代表を務める「希望の党」の設立会見。反自民票の受け皿として10月の総選挙での躍進を予想する声も多数ありますが、彼らの目指す先には何があるのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係研究者の北野幸伯さんが、党設立会見の小池氏の発言と綱領から、同党の「正体」を読み解きます。

希望の党、設立会見と綱領

10月22日の総選挙は、「自民党 対 希望の党」。もっといえば、「安倍総理 対 小池都知事」の戦いです。

安倍総理は、「小池新党は、まだ準備が整っていない。今のうちに解散総選挙にうってでよう!」と奇襲をかけた。小池さんサイドは、確かにドタバタしていますが、急いで陣容を整えつつあります。

小池さんは27日、希望の党の設立会見を行いました。何を話したのでしょうか?

皆さま、おはようございます。希望の党代表、小池百合子です。

 

しがらみのない政治、そして大胆な改革を築いていく新しい政治、まさに日本をリセットするために希望の党を立ち上げる。

 

リセットするからこそしがらみがない、いえしがらみがないからリセットができる。

ここで、小池さん、「結党の目的」が明らかにします。目的は、

しがらみのない政治 大胆な改革をする新しい政治 日本をリセットする

「しがらみがないからリセットができる」。リセットできるかどうかはともかく、「しがらみがない」のはその通りですね。自民党に逆らって都知事選に出るとか、なかなかできません。そして、勝ってしまうのは、さらに難しい。

日本にはありとあらゆるものがある。ものがあふれている。でも今、希望が足りない、私はそう思っている。

 

みんなが不安を抱くからこそ、これからの日本どうなるんだ、老後はどうなるんだ、この子はどうなるんだ―。

 

そんな不安の中で私たちは希望の党を作り、しがらみのない政治を作り上げることによって、国民の皆さんに希望を届けていきたい、そういう思いでいっぱいだ。

今の日本には、「希望が足りない」そうです。

そうでしょうね〜。時々日本に行くと、そう思います。なんというか、「少子化で人口減少は避けられない。人口は減り、高齢化が進み、経済は縮小し、財政はひっ迫し、年金は破綻し…。暗黒時代が到来するのが不可避であることを前提で生きよう」。そんなムードが満ちています。

しかし、「人口減少」は全然「不可避」ではありません。人口は、増やすことができます。ここでは詳述しませんが、興味のある方は、こちらをご一読ください。

● 日本以上に深刻な少子化問題を解決した、ロシアの大胆な「奇策」

小池さんには、日本に「希望」が戻るよう、がんばってほしいです。

ところで、小池さんは、どうやって日本に希望を取り戻すのでしょうか???

そして改革をする。その精神のベースにあるのは実はこれまでの伝統や文化や日本の心を守っていく、そんな保守の精神だ。寛容な改革の精神に燃えた保守、新しい政党だ。

「改革」のベースは、伝統や文化や日本の心を守っていく「保守の精神」だそうです。

次に小池さんは、「日本の現状」を語ります。たとえば、大学。

わが国の大学の最高峰といわれている東京大学においても、アジアの中でも1位を保ってきた。しかし、ここ数年じりじりとランクを下げ、今やシンガポール大学にとうの昔に抜かれている。世界で見てどうか。オックスフォード大学や世界の名門校の中で、東京大学は39位であったのが2017年の段階で46位。じりじりとランクを下げている。

確かに、深刻です。

次、日本企業の現状はどうでしょうか?

私が経済キャスターをしていたころの世界の企業の時価総額、これを比べてみると90年代初めは1位が日本のNTTだった。そしてその後に続くのが日本の銀行がだーっと続いていた。ジャパン・アズ・ナンバーワンという言葉もあった。しかし、その後はどうか。2000年代に変わる時価総額の順位は中国の企業がダッと並ぶ。そして今、どうでしょうか。最新のところではアマゾンやグーグル、こういったところが世界の1位となっている。ちなみにアップルが1位だ。一方で、わが国を代表するような企業が今、瀬戸際に立たされている。

これも、その通りですね。東芝みたいな日本を代表する会社でも、ボロボロになっている。

ところで、都知事の小池さんは、どうやって全国の改革をするのでしょうか?

日本津々浦々、北海道から沖縄まで事情が違う。だからこそ地方分権もしっかりと言葉だけでなく真剣にそれを改革していかなければならない。地方にあった改革をしていかなければならない。しかし全国知事会のほとんどは霞が関出身の方々で、むしろ中央集権を促進するかのような動きをとっている。

希望の党が政権をとれば、「地方の権限」「自治」は強まるということですね。少なくともそういう意志はあると。

北朝鮮問題については?

今の状況は東アジア情勢、極めて厳しい。北朝鮮情勢がこういう中にあって政治空白があっていいのか。いいはずがない。しかしながら、すでに安倍総理は総理の専権事項として解散総選挙をうたっている。であるならば、ここは改革のチャンスだ。

北朝鮮情勢が緊迫しているので、選挙やって「政治の空白」を作ってる場合か! と。しかし、総理が決めてしまったので、これを「改革のチャンス」と考えることにしたと。

どうぞ皆さんとともに希望を求めていきましょう。希望を手にしてまいりましょう。そして今こそ、日本が世界の片隅の一つの国だったね、と記憶にただ残るだけでなく、これからも世界をリードするそんな日本であり続けるために、希望の党にお力を賜りますように、よろしくお願い申し上げる。

どうでしょうか、皆さん。この先どうなるかわかりませんが、小池さんの存在そのものが、希望ですね。たとえば、「自民党みたいな巨大組織に逆らって、勝つことができるんだな〜」「女性でも、都知事になったり、総理に互角の勝負を挑むことができるんだな〜」とか。

こういうダイナミズムがあるのは、とてもよいことです。北朝鮮や中国で政権トップにケンカを売れば、捕まるか、殺されるか、どちらかです。日本は、健全ですね。

希望の党の綱領は?

時事9月27日付にあった、希望の党綱領要旨を載せておきます。

わが党は、立憲主義と民主主義に立脚し、次の理念に基づき党の運営を行う。

 

一、わが国を含め世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す。

 

二、国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する。

 

三、国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする。

 

四、平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する。

 

五、税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す。

 

六、国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍できる社会づくりに注力する。

image by: 小池百合子 – Home | Facebook

出典元:まぐまぐニュース!