北海道根室市の漁協に所属する漁船「第68翔洋丸」が15日、北方領土周辺の海域でロシア当局に連行されたと、共同通信、NHK、日本経済新聞などが報じた。ロシアの国境警備局は、「漁船を検査をしたところ申告されていない漁獲物が見つかった」とし、必要な手続きをとるため北方領土の国後島に連行したと発表している。

ロシア当局 漁船を連行と発表 「不申告の漁獲物見つかった」 #nhk_news https://t.co/UOkFMAzeAE

— NHKニュース (@nhk_news) January 15, 2020


他に臨検を受けた船はない

連行されたのは、根室市の歯舞漁協所属のマダラ底はえなわ漁船「第68翔洋丸」。当時、6人が乗船していたとのこと。外務省などによると、この漁船はロシア200海里内でロシアから許可を得てマダラやカレイをとっていた。しかし、漁を終えた15日午後、根室に戻る途中でロシア側の検査を受け、連行された。なお、現時点で他に臨検を受けた船があるとの情報はない。

先月も拿捕されたばかり

北方領土周辺の海域では、昨年12月にも根室市のタコ漁船5隻が、ロシア当局から国後島に連行された後、拿捕されている。このタコ漁船は、ロシア側に協力金を支払って行なう、安全操業の枠組みで漁を行なっていた。罰金を納めた後に解放され、根室市に戻っている。

漁業者「新ルール、初めて聞いた」

NHKによると、「船での加工は今年から禁止されている」と指摘されたとのこと。日本とロシアの間で操業条件を決める交渉の結果、今年から船内で多くの漁獲物の加工が認められなくなった。今回連行された漁船と同じ「はえなわ漁」を行う根室市の漁業者は、「初めて聞いた」と話している。新しいルールが現場に十分に伝わっていなかったがゆえに起きてしまった可能性が高い、今回の件。北海道は、緊急の指導会議を開く予定だ。

Twitterの声

漁船内でカレイの頭を切り落としただけでロシアに連行、恐ろしいルール。 https://t.co/LYz2SO6PEU

— yousuke (@yousuke121115) January 16, 2020


「#北方領土 方面」漁船が狙われている。

— チャトラCats (@tyatora1690) January 16, 2020


北方領土は日本の領土なのにねと
ぶっちゃけ納得いかんけど、
昨年末、日本側の漁船がやらかしてたもんやからロシア側も敏感になって拿捕してんねやろ?
取り決めた魚種以外のもんとったら不利よね
北朝鮮のイカ漁船とかわらんやん https://t.co/KB4Rd9WSkI

🖇️こけだーま🖇️ (@avontamacoron) January 16, 2020


海外では領海侵入した船は撃沈するのが常識()なのでロシア側の対応は優しい()

— 紙入 (@camel_ys) January 15, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:共同通信、NHK、日本経済新聞

image by:Shutterstock

MAG2 NEWS