「全世代型社会保障制度」の実現に向けた改革を年内に実行すると安倍晋三首相が表明したと共同通信、東京新聞などが報じた。具体的には、年金受給開始の選択肢を75歳からに広げる点などを述べた。

全世代社会保障へ改革着手 − 施政方針演説の概要判明https://t.co/WmbVb3K1My

— 共同通信公式 (@kyodo_official) January 16, 2020


内閣最大のチャレンジ「年内実行」宣言

安倍首相が通常国会召集日に行なう施政方針演説の概要について、16日判明。「内閣最大のチャレンジ」と述べていた「全世代型社会保障制度」を年内に実行するという。国家戦略として、人工知能やビックデータを活用する「第4次産業革命」に取り組み、技術革新を図る狙いだ。また、「現役世代の負担上昇に歯止めをかけるのは待ったなしの課題」と語り、年金受給開始の選択肢を75歳からに広げることになるとのことだった。

全世代型社会保障制度とは

高齢者の就労を促進し、「社会保障の支え手を増やす」ことや、負担能力がある人には年齢問わず多く負担してもらう「応能負担」を2本柱として打ち出しているのが、「全世代型社会保障制度」だ。

たとえば、就労促進策では、希望する70歳まで働き続けられるよう機会の確保を企業の努力義務にするという内容。これについて安倍首相は「意欲ある皆さんが働き続けられる生涯現役の社会をつくり上げる」と意気込んでいたが、若手世代の待遇が圧迫されることや、働き続けざるを得ない非正規雇用が出てくることなどの問題点が浮き彫りとなっている。

「もう騙されない」国民の声

志位氏。総理は「社会保障のため」と言って増税したが、出てきたのは「全世代型社会保障大削減」。75歳以上のお年寄りの窓口負担2割を導入。「マクロ経済スライド」で年金を基礎年金を3割、7兆円削る。一番被害を受けるのは若い世代。公立病院のネットワークを再編してズタズタにしてしまおうと

— Note and memo 2 (@Noteandmemo2) January 17, 2020


何が全世代型社会保障だ。
また口先だけのパフォーマンス。

— 無糖の紅茶 (@andoo134) January 16, 2020


安倍晋三氏が晴れ晴れしい様相で「全世代型社会保障の充実!」と言っているが、やろうとしているのは、死ぬまで働け、医療費負担は増やすよ、ってことだから、本当は苦々しい顔で言ってもらわないといけない。中身が喜ばしくないことを得意げに語るのは、選挙向けの詐欺に近いものを感じる。

— ホワイトカラー (@skysammy555) January 15, 2020


「デフレ脱却」を声高に叫び、デフレを固定化させた安倍政権。

「沖縄県民の気持ちに寄り添う」と言って弾圧し、「全世代型社会保障」と、幅広く社会保障を充実するかの如き言葉で削減してゆくように、全てがアベコベだが、経済政策でもアベコベの結果を出すなんて、なかなか狙ってできないよね😓

— 但馬問屋 (@wanpakuten) January 14, 2020


「社会保障のため」といって増税しながら、出てきたものは「全世代型社会保障大改悪」。
75歳以上の高齢者の医療費窓口負担の2倍化、基礎年金の3割・7兆円の削減、全国の公立病院の統廃合。詐欺的やり方だ。
切り下げを中止し、国保料引き下げ、保育充実、減らない年金など、充実に向けた改革を! https://t.co/ppJt1o5pRV

— 志位和夫 (@shiikazuo) January 13, 2020


全世代型社会保障なんて前向きな名前で年金減らして負担を増やす安倍政権の常套手段。前向きな言葉だけで騙される。 https://t.co/uo6MyhkbWx

— Michael. A (@nasitaro) January 13, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:共同通信、東京新聞

image by:首相官邸

MAG2 NEWS