新型コロナウイルスの終息が一向に見えません。一部で解除された地域があるとはいえ、外出自粛が続き、自由な行動が制限される中で、私たちが真摯に考えなければならないこともいくつかあるようです。世界の金融の舞台で活躍する渋澤健さんがコロナ禍の現状を考察しながら、自由であることと、安心安全との関係について問いかけていきます。

プロフィール:渋澤 健(しぶさわ・けん)
国際関係の財団法人から米国でMBAを得て金融業界へ転身。外資系金融機関で日本国債や為替オプションのディーリング、株式デリバティブのセールズ業務に携わり、米大手ヘッジファンドの日本代表を務める。2001年に独立。2007年にコモンズ(株)を設立し、2008年にコモンズ投信会長に着任。日本の資本主義の父・渋沢栄一5代目子孫。

安心、安全、安定にはらむリスク

謹啓 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

緊急事態宣言が延長され、コロナ禍からの出口がなかなか見えません。毎年ゴールデンウイークは、混雑している高速道路、飛行機、新幹線などでうんざりしていましたが、ガラガラに空いている状態も不気味で落ち着きません。

一方、『足るを知る』という意味がわかってきたというポジティブな側面も感じています。

若い頃には魅力を感じることのなかった先代からの教えです。無いものを嘆くのではなく、有るものへの感謝こそが大事である、ということを日々実感しています。(もちろん、足らないを知る、も大事ですが!)

ステイホームとはいえ、一日中家の中に閉じこもっているのは心身の健康によくありませんので、人混みを避けて早朝に散歩することが私の日課になっています。緊急事態宣言が春であることに感謝。今は花が本当にきれいな季節で、心が和みます。

また、「誰一人取り残さない」世の中という理想にも心が和みます。しかし、こちらは春に咲く花のような当たり前の現実ではありません。

新型コロナウイルス感染によって生活が困窮する状態に陥る方は多く、また米国のような世界一豊かな国でさえ、重症者・死亡者の多くは低所得層です。当初はセレブなどが感染したのでウイルスは平等と言われていましたが、結果的には格差社会が顕著に現れることとなりました。

多くの方が困窮し、安心、安全、安定を求める声が各地から上がっています。政府はこの要請に応えなければなりません。

しかし、安心、安全、安定という切実な要望にはリスクがはらんでいるということも私たちは忘れてはなりません。

shutterstock_1504244858
image by: shutterstock 

新型コロナウイルスによる監視社会への懸念

感染が広まることを阻止することは安心につながります。しかし、強制的に検査を実施し、IT技術などを駆使して徹底的に陽性・陰性の市民を分断して行動を監視する世の中が理想であると言えるでしょうか。

有事では政府介入が不可欠です。しかし、有事において導入された多くの措置が、平時でも安心、安全、安定のために多くが継続されることになるでしょう。安心、安全、安定という市民の切実な要望が、全体主義の監視社会を招いてしまうことが、アフター・コロナの最大のリスク・シナリオです。

「全体主義と言っても、それは制圧的な独裁者が現れるということより、市民が知らず知らずのうちに自ら自分の自由を手放していく危険性である」と早稲田大学大学院の岩村充先生は警鐘を鳴らしていらっしゃいます。

確かに日本人は誰かに決めてほしいという傾向があるようです。実際、「不要不急の定義は何か」という声が上がりました。また、日本人が一番戸惑う言葉は「ご自由にどうぞ」かもしれません。

岩村先生がご指摘のように、かつて自由は「命を落としてでも獲得するもの」でした。今は、自由は当たり前のものと思っているため、実際に奪われるまでは自由の価値の実感が湧かないのかもしれません。

人間は複雑な状況に対して単純な答えを求める傾向があります。例えば、検査を徹底しワクチンさえ開発できればコロナ禍を抑え込むことができて社会が正常化するという答えがあります。合理的な考えではあります。しかしこの答えが「正しい」と言い切れるでしょうか。

専門家であっても、公衆衛生、疫学、研究、臨床という立場によって、PCR検査については賛否両論です。ウイルス感染を抑え込むことと医療崩壊回避は必ずしもイコールではなさそうです。トランプ大統領が消毒剤を注射することに効果があるのかと記者会見で呟いただけで、それを信じたアメリカ人が少なくなかったようです。「自由」が建国精神であるアメリカでさえ、このような思考停止の状態にあります。

一人ひとりが自身で考えて行動するという力が衰えてしまえば、そこには自由はありません。

自身でしっかり考えずに、自由に行動してしまうことは、独りよがりで責任放棄です。ステイホームという政府からの要請により、ゴールデンウイークは、繁華街や道路などはかなり空いていますが、地元の商店街には相変わらず人が多くて驚きました。

自分が良ければという基準で行動することが、自由ではないはずです。「自粛」の本来の意味は、周囲の「空気を読む」ことではなく、自分から進んで、行いや態度を改めることです。

shutterstock_1670025949image by: shutterstock  

忘れてかけている自由の意義

自由とは何か。新型コロナウイルス感染がもたらした地球規模的な危機に対して、憲法改正論争などの新たなルールづくりの前に、まずは日本人は自由の本質の問いに真摯に向き合うことが重要ではないでしょうか。

感染症は間違いなく、人類にとって驚異です。しかし、ウイルスを世の中から駆除することは不可能です。抑え込んだと思っても、いずれ、また異なるウイルスが出現するでしょう。人類の歴史とはウイルスなど感染症と共生してきた歴史です。

武漢の研究所から流出した説がありますが、ウイルスは自然の現象です。気温や海洋の水温もそうです。また、大地の森林や砂漠も、地球の様々な生命体も大きな自然の一部です。

人類がその自然を支配し、搾取してきたことで経済社会が発展してきたという側面は否定できません。その冒とくに、地球が「ノー」という強烈なメッセージを発したのです。

shutterstock_1189090210image by: shutterstock

人類は地球と共生する、サステナブルな経済社会を築く必要がある。そのような考えを持つ人が、今回のコロナ禍で増えたと期待しています。分断ではなく、共創する社会を私たち一人ひとりの英知から築かなければなりません。これからが、SDGs(持続可能な開発目標)の本番です。

 □ ■ 付録:「渋沢栄一の『論語と算盤』を今、考える」■ □
(『論語と算盤』経営塾オンラインのご入会をご検討ください)

  『渋沢栄一 訓言集』処事と接物

  人はその心を自由に持たぬばならない。
    心を寛くして物に屈託せず、
  事に当たりて適当の智能を発揮するは、
  心に余裕がなければできないことである。

切羽詰まった生活に陥って余裕がないときこそ、自由を自ら手放してしまうリスクが高まるということが、こちらの栄一の教えの行間から読み取れます。また、その心の余裕とは、前もって、リスクを直視し、対策の準備を整えることでありましょう。SDGsに掲げられている地球規模の感染症対策は対岸の火事の課題ではありません。

   『渋沢栄一 訓言集』国家と社会

  すべての人はその生存しつつある国に対し、
    自然に固有の権利と義務がある。
    この権利義務は、何人が付与し、
    何人が命令するわけでもないが、
    国民として生まれたその日から、
    身近に付随しておるのである。

現在、日本のような近代的民主主義国家において、自由とは命を懸けて獲得するものではなく、市民に与えられた権利という考えが一般的だと思います。しかし、渋沢栄一が指摘するように、権利と義務は同じコインの表裏の関係です。自由を尊重しながら、安心・安全・安定な社会を継続するための義務とは何か。この問いを私たち一人ひとりが真剣に考えて実行しなければなりません。

謹白 渋澤 健

image by: shutterstock

MAG2 NEWS