新型コロナウイルス対策として国が妊婦向けとして配布した布マスクに不良品が見つかった問題で、厚生労働省は8億円かかるとした検品費用について、実際は800万円未満であると明らかにしたとNHKが伝えている。

●ネット激怒。妊婦用アベノマスク「不良品」検品費用8億円と判明

妊婦向けマスク検品費 8億円でなく800万円未満 厚労省 コロナ #nhk_news https://t.co/SYF62HYUZg

— NHKニュース (@nhk_news) May 15, 2020

8億円が一気に800万円に下がる不思議

これは14日の参議院厚生労働委員会で、社民党の福島党首からの質問に対し、厚生労働省の担当局長は「約8億円かかる」答弁し、批判が出ていた。

厚生労働省によると、4月30日時点で自治体に配布した妊婦向けの布マスクは約47万枚で、そのうち約4万7千枚に、黄ばみや異物混入などがあったとして返品されていた。

この検品作業に国が委託した専門業者が約550人態勢で検品しているといい、これに約8億円もの費用がかかるとされていた。

NHKによると、加藤厚生労働大臣は15日の参議院本会議で「8億円は、全世帯向けと介護施設向けなどの布マスクの検品も含めた契約額で、妊婦向けマスク分は1%にも満たない」と述べ、妊婦向け布マスクの検品の費用は800万円未満であると説明した。

なぜ検品のための費用が別なのか

厚生労働省によると、8億円のうちの多くは配達前に行っている検品費用だとしているが、マスクを製造した後、それとは別に検品のための費用を捻出していることになる。

「ネット激怒。妊婦用アベノマスク「不良品」検品費用8億円と判明」でも述べたが、一般的な認識として、検品作業は納入した業者が行うもの。別途で検品費用が拠出されていることには疑問が残る。今後、さらに厳しい追及がありそうだ。

800万円だから良いということではない

8億円が追及を受けたら一気に800万円に下がる。このずさんな対応は何なのだろうか。そもそも検品として別に費用がかかること自体に納得がいかない。ネット上でも同様の声が多数聞こえてくる。

800万円だとしても税金使う意味がわかんないわ。マスク作った会社が責任持って検品しろや😷

🍎 Rina 🐘 ริน่า @NYCでコロナ🏠62日目 抗体検査陰性 (@RiNakmr120) May 17, 2020

市相手に仕事した時でも手直しはこちら側の持ち出しだったけどな…。もちろん、納期厳守で。国相手だとやり直し分払ってくれて納期も緩々で良いの?
◼︎8億円⇒800万円に「妊婦向けマスク」の検品費用、厚生労働省が修正 https://t.co/9EzRG2Rkco

— くゎてくぁし◢ │⁴⁶ (@KWT_tksh) May 17, 2020

【速報】回収した布マスクの検品費用、厚労省が8億円でなく800万円未満と訂正 。どっちしろ金かけてる😢https://t.co/cLyy8iHK4R

— REBORN_vo1 (@vo1_green) May 17, 2020

調達費用にしてもそうだけど批判されると何故ここまで大幅に下るのか?

妊婦向けマスク検品、8億円→800万円 厚労省が修正https://t.co/bnzcyCkBF7

— p73k (@p73k) May 17, 2020

800万だろうが8億だろうが、不良品なら返品交換、費用は業者負担、だと思うんだけども、なぜ税金をホイホイ使うのか。
布マスク検品「8億円は全体分」 厚労省が説明修正、妊婦向けは800万円未満:朝日新聞デジタル https://t.co/C8qA1sEbu8

— ち ゃ ぼ ぼ う (@chabo2loop) May 17, 2020

布マスク検品8億円「当初から予定」 世帯向け配布「見直さない」 菅官房長官https://t.co/jEGtzVZgia

妊婦向けマスク検品費 8億円でなく800万円未満 厚労省https://t.co/7MejIeJlrZ

厚労省の回答が間違っていて、8億円は全体の検品費用だったと。
業者の検品に加え、国がさらに検品するようだ。

— alnc (@Axel_Nico) May 17, 2020

800万円ならアベさんに支払って貰えばよい。
でも、アベノマスクはいりません。郵送料無駄にしないでください。 https://t.co/maWPGWGrKF

— ニーナ (@1bfk5EGJAsEueB5) May 17, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: NHK、時事通信

image by: MAG2NEWS

MAG2 NEWS