新型コロナウイルスの感染拡大で派遣社員の雇用が脅かされ、いわゆる「派遣切り」が横行するのではとの懸念が広がっている。これは6月末で契約が満了する人が多く、1か月前の5月末に更新のタイミングが集中するためで、「5月危機」が迫っていると朝日新聞が伝えている。

派遣の大量雇い止め「5月危機」迫る 国は実態把握せず #新型肺炎 #新型コロナウイルス https://t.co/omO3ERkbQI

— 朝日新聞(asahi shimbun) (@asahi) May 17, 2020

「派遣切りの嵐」が再来か?

今から約12年前の2008年。リーマンショックを発端とし、製造業を中心に派遣社員の雇い止めが横行、この「派遣切り」で職を失った人は、一年間で約30万人もいたといわれている。

しかし、今回の新型コロナウイルスの影響による派遣切りは、リーマンショックよりも酷くなるとみられている。

派遣社員は有期雇用が多く、四半期ごとの3か月更新が一般的。6月末で契約が満了する人の多くが5月末に更新するとみられ、10万人以上がその対象となっていると日本経済新聞が伝えている。

派遣雇用、数十万人減も 「リーマン超え」の恐れ https://t.co/vN2ruaAe2Z

— 日本経済新聞 電子版 (@nikkei) April 19, 2020

現在、国内にいる派遣社員は約140万人。リーマンショックの時は製造業を中心に派遣切りが行われたが、今回は飲食業や観光業など、様々な業種で雇い止めが起きるとみられ、リーマンショック以上の「派遣切りの嵐」が吹き荒れても不思議ではない。

すでに雇い止めされた人もおり、5月末のタイミングで雇い止めが一気に増えそうだ。迫りくるこの「5月危機」を回避できるのか? そして、もし派遣切りが横行した場合、どのような施策で乗り越えていくのか? 6月を迎える前の対応が必要になりそうだ。

すでに始まっている「派遣切り」

新型コロナによる影響が雇用にも及び始めている。12年の時を経て、「派遣切り」という言葉を再び耳にすることになるとは、誰も思わなかっただろう。もしかしたら、この5月から6月は派遣雇用に関するニュースを多く見ることになるかもしれない。ネット上ではすでに派遣切りにあったという声が聞こえてきている。

派遣切りが遂に俺の会社も始まったア゙ア゙ア゙ア゙ア゙

— 妖精@妖精 (@youmisei) May 19, 2020

今日来てくれてるブラジルの子はコロナの影響で派遣切り。
ブラジル、ネパール、フィリピン人で60人派遣切りらしい。
日本人は0
かわいそうやねぇ

— こーら (@koora12345) May 19, 2020

自主廃業 倒産がかなり増えているにも関わらず 実態を報道しない日本の報道。
これにより正社員の解雇 失業 派遣切り多くなっているにも関わらず 実態を理解しようとしない政府。

また対策の遅れで大変なことになる‼

コロナウイルス対策の遅れで 日本中を混乱させた反省まだ政府に無いのか?

— かず (@kanonnoto) May 18, 2020

5月6月 末 までに

どんな派遣切りのニュースが流れて

くるか。

大きい会社の経営者達がどんな

ナタやつえやカタナ

を使うのか

けっこう注目してる

今年の物語の流れが変わる。

— かるぺ (@yosukesan10) May 18, 2020

派遣切りがまた王道を歩き始めた感のある今の悩み😞🌀 わかってはいたが自分の知識、経験等を必要としないここにいる意味はない。毎日がしんどいわなあ😟 ルーチンワークにも飽きたし、潮時だわ😤 あまりにも疲弊すると戻るのにイラン動力と気力を使うようになるから。問題は次があるかだわなあ🙄

— ド田舎の、考える人 (@minokutsu98023) May 18, 2020

派遣切りに合いました。新しい仕事見つかるまではバイトをと違う派遣の人が今バイトも無いと言ってたが、調べたら沢山あった…選んでるから無いのでは…?

— 雲加紫 (@nere_Lacrime) May 18, 2020

手形の裏技駆使しても6月7月の倒産件数激増。
派遣切りも相まって失業者続出。
政府は融資や非課税などごまかしではなく直ちに真水を用意すべし。#新しい生活様式に抗議します #自粛の弊害#百害あって一利なし#うんコロナ

— muscle papa (@takesan299) May 19, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 朝日新聞、日本経済新聞

image by: shutterstock

MAG2 NEWS