菅義偉首相は18日、首都圏の緊急事態宣言解除を決め、夕方に官邸で記者会見を行った。会見中盤にはフリーランス枠でお笑いユニット「大川興業」の大川豊総裁(59)が質問に立った。大川氏はコロナ対策に電子マネーを使う案を提案し、菅首相は「提言として受け止めさせていただきます」と回答。しかし、緊急事態宣言解除の批判を避けるため、国民へのウケを狙い、大川氏を指名したのではとの声があがっている。

大川豊総裁が記者会見で菅首相に質問

政府は東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言を21日の期限で解除することを決定し、菅首相が記者会見で説明した。

新聞社やテレビ局などのメディア関係者らが質問をしていく中で、新内閣広報官の小野日子氏から「大川さんどうぞ」と指名。

いつもの学ランではなく、グレーのジャケットにジーンズ姿の大川氏は「フリーランスの大川興業の大川と申します。連日のコロナ対策お疲れさまでございます」とあいさつした。デイリースポーツなどが報じた。

【関連】NTTが総務省を高額接待してまで望んだ「NTT法」改正という真の目的

大川氏は新型コロナウイルス感染拡大防止と経済の両立は難しいと持論を述べた上で、「たとえば電子マネーで国民に配布し、期間限定でコロナ予防ポイントみたいなものをつける。若者たちにすごく関心を持ってもらえると思っている」と提言。

終始厳しい表情の菅首相だったが、大川氏の質問時だけは柔和な表情になり「今の発想、提言を受け止めさせてもらう」と回答。「(今は考えていないが)そういう考え方があるということを受け止めさせていただきます」と答えた。この様子はNHK『ニュース7』でも完全中継された。

これに対し、ネットでは「大川総裁がまともに質問してる!」「この提案はかなりの妙案」など、大川氏を称賛する声が上がっている。

大川興業の大川総裁さんの質問が良かった。給付金を電子マネーで配布とか、コロナ対策ポイントや病院船の提案とか目からウロコ。
今は出来ないかもだけど、将来的に出来るといいな。
マスコミや野党もこんな提案をしてくれたらいいのに。 https://t.co/tZ6Xzoenmu

— K2 (@chomo8000mtw) March 18, 2021

いまテレビを付けたら菅首相の記者会見で大川興業の大川総裁が質問していた。初めて見たが、「給付金を電子マネーで配布したらどうか」などと、なかなか面白いことを言っている。電子マネーなら貯蓄に回らないだろうと。

— 竹熊健太郎《地球人》 (@kentaro666) March 18, 2021

車内で音声のみでこの電子マネーでコロナポイントの質問を聞いていて、なかなか骨のある質問した記者さんやなぁ〜と思ったら。

大川総裁でしたかー!
さすがです! https://t.co/FV8j6N2GhH

— teninall (@teninall1) March 18, 2021

その一方で、1都3県の緊急事態宣言解除をめぐっては時期尚早との声もあるため、そうした批判を避けるために、国民へのウケ狙いで大川氏を指名したのではとの見方もある。

総裁の真摯な姿勢を理解した上で、会見に招き、質問させた政府の腹黒さに呆れる。
大川総裁 菅首相の官邸会見で質問 NHK「ニュース7」完全中継…トレンド急浮上(デイリースポーツ)#Yahooニュースhttps://t.co/o0fIh57pYp

— 日本の今そこにある危機 (@corata65) March 18, 2021

大川興行だ。

ポイントによる一時金の給付は、大川興行は前から言ってるよね。

しかし、大川興行を指名すること自体、国民のウケを狙ったものだ。
それだけの意味。提案を聞くつもりは全くない。#総理記者会見 #nhkr1

— dep7k (@dep7k) March 18, 2021

大川氏を質問に立たせた官邸の狙いはどこにあったのか?大川氏が発言していた時だけ菅首相の表情が緩んだことは間違いなく、何かしらの意図があったと考えられる。

大川氏は1月4日行われた記者会見で菅首相に、昨年5月には緊急事態宣言延長決定後に開かれた会見で安倍晋三首相(当時)にも質問をしている。

【関連】総務省NTT疑獄事件が引き金に。日本の通信業界を襲う恐ろしい事態

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by : 左 大川興業公式サイト / 右 首相官邸

MAG2 NEWS