開幕まで1カ月を切った東京五輪・パラリンピック。急ピッチでさまざまな準備が進められていく中、メインスタジアムとなる新国立競技場では入念なリハーサルが行われているようだ。そこから漏れ聞こえてくるのは『ドラクエ』の音楽だといい、ネットでは「開会式の演出がドラクエ風か」「ドラクエ人気は日本だけなのに」などと話題になっている。

東京五輪、開会式は『ドラクエ』演出か?

紆余曲折がありながら1500億円以上かけて完成した新国立競技場から、まさかドラクエの音楽が流れてくるとは驚きだ。

SNSでは「ドラクエのテーマ曲が聞こえてくる」というツイートが続出。そのうちなぜか既に削除されてしまったものも複数あるが、多くのツイッター民から情報が寄せられている。

国立競技場で何かオリンピックのリハーサルみたいのやってる?
ドラクエの音楽とか聞こえてくるけど

— 南方朱雀 (@VermillionKite) June 27, 2021

そういえば昨夜仕事で国立競技場界隈にいたが、場内から音楽が聞こえたんですよ。

曲名なんだっけ、ドラクエ?

— かめらおやぢ (@oyaji_vaper) June 29, 2021

【関連】刑務所の面会か。丸川大臣「五輪食事会場に監視員とアクリル板」の不見識

詳細は不明だが、東京五輪の開会式で『ドラゴンクエスト』にちなんだ演出が行われるとみられる。

前回のリオ五輪の閉会式では、マリオに扮した安倍晋三首相(当時)が登場して周囲を驚かせるという演出があった。世界中で大人気のマリオだけに、多くの人が喜び話題となった。

それで味を占めたということなのか。今回の東京五輪ではドラクエがチョイスされたようだ。しかし、ドラクエ人気が高いのは日本だけ。マリオと比べれば圧倒的に人気は低く、むしろガラパゴス状態にあるといってよい。

ネットでは「スクウェア・エニックスならFF(ファイナルファンタジー)の方が良いのでは」「任天堂つながりでゼルダの伝説の方がマシだった」などの声があがっている。

おまけにスクウェア・エニックスはスマートフォンゲーム『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』の“10連ガチャ”で、実際は10回抽選していないことがバレて炎上、消費者庁から景品表示法違反があったと28日に行政指導を受けている。

【関連】NHK人事に菅政権が圧力?毎日新聞スクープが炙り出す「独立性」の嘘

すぎやまこういち氏、LGBT差別発言擁護の過去

ドラクエの音楽といえば、作曲者であるすぎやまこういち氏を抜きにしては語れない。ドラクエシリーズだけではなく、競馬のファンファーレも手掛けるなど、作曲家として多大な貢献を果たしてきた。

しかし、その一方で、今年で90歳を迎えたすぎやま氏が「老害化している」としてネットを賑わすことがある。

2015年6月に公開された番組『チャンネル桜』に出演したすぎやま氏は、「生産性がない同性愛の人達に皆さんの税金を使って支援をする。どこにそういう大義名分があるんですか」と語った自民党の杉田水脈議員(当時は落選中)に対し、「正論ですよ」と同調。LGBT差別発言を繰り返す杉田氏をすぎやま氏は擁護していたのだ。

その後も杉田氏は同性カップルなどを否定し続け、大きな問題となったことは記憶に新しい。

東京五輪でドラクエの音楽が使用されれば、当然すぎやま氏も注目される。

そんなすぎやま氏のLGBTに対する間違った思想が世界へ広まってしまう恐れが出てきた。

【関連】米NYタイムズ紙が東京五輪を「中止できない」と判断した6つの数字

クローズアップされてしまえば世界中で炎上してしまうのは必至。世論が大騒ぎしかねない事態となる可能性もある。

ボランティア配布のユニフォームでテロの可能性

一方で別の懸念も指摘されている。それは物理的な炎上ともとれるテロ行為。そのきっかけを日本が作り出してしまっている。

というのも、東京五輪ボランティアスタッフに配布されているユニホームなどが、フリマサイトに出品されていることが明らかになったのだ。

日テレニュース24によると、「メルカリ」上では、ユニホーム1枚が4万1000円、そして「ラクマ」上ではユニホームなどが99万9999円という高値で販売されていたという。

すでに売却されたものも複数あり、ユニホーム以外にも、ボランティアに配布されたとみられるノートなど非売品のグッズが出品されている。

ユニフォームが手に入ってしまえば五輪会場や関連施設に入ることも可能となり、いくら警備を強化しても関係なくなってしまう。テロに繋がってしまう危険度が増したといっても過言ではない。

そもそもボランティアへのユニフォームなどの配布方法は適切だったのだろうか。フリマサイトに出品されてしまうことは十分考えられたはず。あまりにも警戒心が薄いといわざるを得ない。

開催まであとわずかに迫った東京五輪。しかし、安全安心どころか不安は高まる一方だ。

【関連】米から帰国で「犯罪者」扱い。メディアが報じぬ理不尽な日本の入国管理

Twitterの反応

五輪開会式にドラクエの真偽はさておき
海外認知度で考えればマリオ、ゼルダ、ポキモン辺りで
ゼルダがマストなんじゃないですかね

— こぎ (@kogi180) June 29, 2021

なんか五輪の開会式にドラクエの音楽が使われるかもってニュース見たけど、なんで国内人気しかないドラクエをチョイスした

— hika (@g65zl) June 29, 2021

オリンピック開会式に序曲流れるらしいけど、すぎやまこういちが反LGBTだから、オリンピック憲章に反するような人間の曲使うと炎上するっていう話題を見かけた

— お (@tojyo_aki226) June 29, 2021

スクエニは、もうダメですわ( ノД`)…
ドラクエのサントラ、以前はよく聴いていたけど、すぎやまこういちが杉田水脈と一緒になって、LGBTの自死を笑った動画を見てから、聴くのをやめた。
すぎやまは右派だと知った上で、「人格と作品は別」と切り分けていたけど、アレはムリ。

— そうすけ (@no_hate_sohsuke) May 10, 2019

【関連】辛坊治郎氏が“死と隣り合わせ”の70日間ヨット航海で悟った「真の孤独とは何か?」

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by : Tomacrosse / shutterstock

MAG2 NEWS