27歳の若さで死去、ワクチン接種との因果関係は不明

プロ野球・中日ドラゴンズの木下雄介投手が8月3日に死去していたことが分かった。27歳だった。スポニチなど複数紙が報じた。

木下雄は7月6日、ナゴヤ球場での練習中に息苦しさを訴え、意識不明で緊急入院。因果関係は不明だが、6月28日にコロナワクチンの1回目の接種を済ませたばかりで、副反応を心配する声があがっていた。

プロ入り5年目の今季は右肩と右肘を手術。リハビリに励む中での突然の訃報に、野球界やファンの間で衝撃が走っている。

ファン悲痛「あまりに若すぎる」「これからの選手だったのに」

木下雄死去の一報は、8月6日午前2時頃からツイッター等で急速に拡散された。

スポーツ新聞の早刷りを撮影したと思われる画像が出回ると、「どうかフェイクニュースであってくれ」「球団が正式に情報を出すまでは絶対に信じない」など悲痛な声があがったが、ファンの願いも虚しく最悪の事態となった。

ワクチン接種後の「激しい運動」日本と海外で基準に差

デイリー新潮の記事によれば、木下雄介投手はワクチン接種後に「かなり力の入った激しい運動」をしており、「まず心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及ん」だという。

日本の厚生労働省は、「新型コロナワクチンQ&A」の中で、「ワクチンを受けた当日は、激しい運動や過度の飲酒などは控えましょう」と呼びかけている。

一方、シンガポール保健省は7月5日、ワクチン接種後に数名の若い男性が心筋炎などを発症したことを受けガイドラインを更新。接種から1週間は激しい運動を避けるよう勧告している。

【関連】コロナ第4波対策、専門家が勧める「マスク素材」は?ウレタン、アベノ役に立たず

【関連】台湾人が大谷翔平に熱狂する理由。知られざる日本と台湾「絆の歴史」

今回の件との因果関係は不明だが、プロ野球選手の若すぎる死が、若者世代のワクチン接種率に悪影響を与えることも懸念される。ワクチンのリスクとリターンや接種後の過ごし方について、あらためて丁寧な説明が政府に求められそうだ。

image by: Poootaro, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

MAG2 NEWS