昨年から何かと話題を呼んでいた政界の「ネット工作」に関して、超巨大な“ブーメラン”が飛んできたようだ。当たったのは他でもない、野党第一党の「立憲民主党」である。去る5日、ジャーナリストの津田大介氏やエッセイストの小島慶子氏、東京新聞記者の望月衣塑子氏ら5名は、連名で以下の抗議文を公表した。

● Choose Life Projectのあり方に対する抗議

詳細はリンク先の抗議文に譲るが、要約すると「公共のメディア」を標榜してネット上で動画配信などの活動を続ける「Choose Life Project(以下、CLP)」(佐治洋・工藤剛史共同代表)が一時期、立憲民主党から番組制作費として1000万円以上の資金提供を受けていたことを、番組に出演してきた5名の識者らの独自調査によって確認、連名で抗議文を出したのである。

認めた「資金提供」の事実

CLPは「広告に依らない、市民スポンサー型のメディアを目指します」として、クラウドファンディングで資金を集めたり、マンスリーサポーター制度を使って運営費を募っていたが、今回の立憲からの資金提供については一切公表していなかった。

今回の抗議について当のCLP側は翌6日、公式HP上で詳細を説明した上で謝罪し、佐治洋氏は共同代表を辞任すると表明。そして、「2020年3月からクラウドファンディングで自分たちのファンドを運用できるまでの間、立憲民主党から『番組制作費』として、広告代理店や制作会社を通じてCLPが資金提供を受けていたことは事実です」と、今回の件を事実と認めた。

● 「Choose Life Projectのあり方に対する抗議」へのご説明(CLP公式HP)

思い出す「自民Dappi問題」

ここで思い出すのが、昨年大きな話題となった自民党の「Dappi問題」だ。すでに多くの記事や情報があがっているので詳細は以下の関連リンクをご参照いただきたいが、Twitterの「Dappi」なるアカウントが自民党から資金を受けて業務として政府・与党に有利な情報や野党を攻撃するツイートを繰り返していたとされる一連の疑惑だ。この時、「Dappi問題」を激しく追及していたのが、他ならぬ野党第一党の「立憲民主党」であった。まさに「巨大なブーメラン」がぶっ刺さったのである。

【関連】一大疑獄事件に発展か。自民党が繰り返す「ネット工作」の汚いやり口

この問題について説明責任を問われたのは、当然「立憲民主党」であり、この件で直接動いていた立憲の福山哲郎前幹事長だ。

CLPによると、運営資金の不足で困っていたときに相談したのが立憲の福山氏だという。

そんな折、私は立憲民主党の福山哲郎氏にCLPの話をさせていただく機会を得ました。フェイクニュースやあまりに不公正な差別が横行する状況に対抗するための新しいメディアを作りたいという理念に共感をいただき、広告代理店・制作会社を通じて番組制作のための支援をいただくこととなりました。(「Choose Life Projectのあり方に対する抗議」へのご説明より)

この事実について、立憲の福山前幹事長が6日に釈明コメントを発表したが、その内容が火に油を注ぐ内容となっている。

火に油を注いだ福山氏コメント

福山氏のコメントは以下の通り。

〇Choose Life Projectという、フェイクニュースに対抗するメディアの理念に共感したため、広告代理店と制作会社を通じて番組制作を支援した。

〇自立できるまでの期間だけ番組制作を支援することとし、その後自立でき支援の必要がなくなったとして先方から申し出を受け、支援は終了した。

〇なお、理念に共感して、自立までの間の番組制作一般を支援したもので、番組内容などについて関与したものでない。

以上

人間の感情として、1000万円を超える資金を提供してもらった団体を面と向かって批判したり、平等に扱う報道内容を出せるものだろうか? 福山氏の言う「番組内容に関与したものではない」ということが真実だったとしても、立憲という政党への批判をしづらくする原因にはなるだろう。そして、今回の福山氏のコメントは党を支持する国民に対して謝罪するわけでもなければ釈明にもなっていない。まさに「開き直り」と取られても仕方ないものだろう。

福山氏は処分せず、正式な謝罪もなし

しかし、立憲民主党は今回の問題について謝罪する気はないようだ。12日、西村智奈美幹事長は定例会見で経緯に関する調査結果を公表。時事通信によると、立憲がCLPに資金提供した問題について「公党として適切ではなかった。国民に疑念を与える結果となり、反省すべきことだ」と釈明するにとどめた。さらに、支出を決めた福山前幹事長について「違法性はない」として、処分しない考えも明らかにしたのである。

これには、さすがに立憲の支持者でも納得いかないに違いない。少なくとも福山氏を中心に当時本件に関わった議員、そして現在の党執行部メンバーで会見を開くべきだろう。さらに、実際に資金を提供した際の事実関係を時系列で示し、メールのやりとりなどについても詳らかにする必要がある。なぜなら、いつも自民党に同じことを求めている野党第一党なのだから。

今回のCLP問題について、早く正式な発表がおこなわれることを切に願いたい。一連の騒動について、ネット上ではさまざまな意見が投稿されている。

Twitterの反応

「フェイクニュースや不公正な差別が横行する状況に対抗する新しいメディアを…というCLPの考え方に福山氏が共感し、番組制作・運営の支援を行ったが、党として番組内容に関する要求は一切していない」と言うが、第三者による客観的検証も検討すべきでは?

CLPの対応はこちらhttps://t.co/jsWiOMJ0Ht

— 盛田隆二Morita Ryuji (@product1954) January 13, 2022


CLPの釈明の件で立憲民主党関係の擁護ツイートに福山哲郎の過去発言を引用してツッコむの、クッソ楽しいなwww

— めがねppiのあぶデカロケ地bot (@eachtime1208) January 13, 2022


蓮舫さん。
CLPへの献金問題ダンマリじゃないですよね?これが自民党だったら5年間は立憲民主党のオカズですよ。

立憲民主党のやる事は全て正しく変換されちゃうんですか? 青筋立てて「福山さん、福山さん、福山さん」って追求しますよね?たとえ同胞であろうとも#立憲民主党はいらない

— 沓掛時次郎 (@585807) January 13, 2022


立憲民主党のCLP問題への対応を見てると、結局泉健太体制に変わっても何も変わらなそうだなとガッカリする。
党内における枝野・福山ら前執行部の影響力が未だ色濃すぎて、どう見ても現執行部が前執行部の言いなりになってる。
岸田政権の方がアレよりよっぽど安倍麻生二階に対して反旗を翻している。

— 赤 坂 (@428_shiburin) January 13, 2022


立憲福山議員のCLPへの税金出資を不問とのこと。
自浄能力のない立憲など野党第一党から引きずり下ろせ。
参院選で大敗の審判くだる。

— 久坊 (@50xUt74tcc28Bo6) January 13, 2022


まあ立憲も、CLPの件で福山を処分せんとなったことで新執行部に禊を果たす気がないと見れるし、枝野が泉に入れ替わっただけで福山が余計なことをし続ける政党のままになることが見えてきたけど
あれ追い出さんと立憲はもうどうにもならんやろ
支持率・求心力の低下の原因を探ると大体こいつに行き着く

— 最後尾 (@highway_managin) January 13, 2022


立憲に陳情しに行って、福山が理念に共感してくれれば1000万単位で支援してくれるんか?
銀行や信用金庫から融資を受ける際には事業計画書を提出しなければならないが、CLPからそのようなモノを提出して貰ってないのか?
事業計画書を公開しろ。もし、無ければ何故無いのか説明しろ。

— 金魚丸 (@DRB1188nddMDGOI) January 13, 2022

image by: UK in Japan- FCO, CC BY 2.0, via Wikimedia Commons, shutterstock.com

MAG2 NEWS