5月15日に本土復帰50年を迎えたものの、未だ在日米軍基地の70%が集中する沖縄。しかし岸田首相は復帰50周年記念式典の式辞で基地問題にはほとんど触れることがなかったばかりか、「嘘」と受け取られても止むを得ない内容を口にしたといいます。今回の『きっこのメルマガ』では人気ブロガーのきっこさんが、首相の式辞を具体的に引きつつ、その事実との乖離ぶりを指摘。さらに返還される米軍施設の使用用途について、地権者に相談なく決定した政権の姿勢を批判的に記しています。

きっこさんのメルマガご登録・詳細はコチラ

 

「おとぼけメガネおじさん」岸田首相が露わし始めた馬脚

沖縄にはいろいろな思いの当事者がいますので、短絡的に「記念すべき」と言うことはできませんが、5月15日、沖縄は本土復帰50年を迎え、午後2時から東京と沖縄の2会場で、同時進行の記念式典が行なわれました。天皇、皇后両陛下がオンラインで出席され、沖縄会場には岸田文雄首相が参列しました。そして、岸田首相、玉城デニー知事の式辞に続き、天皇陛下がお言葉を述べられました。

ご覧になった人も多いと思いますが、玉城知事の式辞も、天皇陛下のお言葉も、その後の県民代表と県民若者代表のスピーチも、とても素晴らしかったです。しかし、あたしは、あまりにも酷すぎる最初の岸田首相の式辞への怒りを引きずったまま画面を見ていたため、他の式辞などをじっくりと味わうことができず、後から映像を見直しました。

もはや「首相」や「総理」ではなく「おとぼけメガネおじさん」とでも呼びたくなってしまう岸田首相ですが、今回の式辞では、本土復帰50年を迎えても今もなお全国の7割以上が集中する基地問題には、ほとんど触れませんでした。そして、そんな岸田首相が何を述べたのかと言うと、「権藤、権藤、雨、権藤」や、吉田照美さんのキャッチフレーズ「物販、物販、また物販」を彷彿とさせるような「経済、経済、また経済」でした。

岸田首相は、まず「この50年、沖縄は着実に発展の歩みを進め、政府は5次にわたる振興計画や各種の特別措置等を講じ、その歩みを後押ししてまいりました」などと大嘘を抜かし、沖縄の人たちをポカーンとさせました。自民党政権はこの50年、沖縄にばかり米軍基地を押し付け、その基地に所属する米兵や軍属がどれほどレイプや殺人や強盗などの凶悪犯罪を繰り返しても、米国有利の「日米地位協定」の見直しなど一度も進めず、沖縄を差別し続けて来たじゃないですか。

そして、県が辺野古の新基地建設に反対していることへの嫌がらせとして、ここ数年、ずっと沖縄への振興予算を減額し続けて来たじゃないですか。一体どの口で「その歩みを後押ししてまいりました」などと抜かせるのか、さすがは「おとぼけメガネおじさん」です。その上、こんなことまで抜かしたのです。

「開業率が全国トップの沖縄は、創業意欲にあふれる地です。地元や民間の熱意により既に成果が出つつある取り組みをさらに後押しするため、科学技術スタートアップの拠点構築や支援を推進・強化します」

「沖縄のさらなる発展の鍵は、未来を担う子どもたちにあります。引き続き、子どもの貧困対策を沖縄振興の重要課題の一つと位置付け、着実に取り組みを進めます」

「引き続き、基地負担軽減に全力で取り組んでまいります」

沖縄は、開業率だけでなく廃業率も高いのに、そこには触れず、これまで何もやって来なかったのに「さらに後押しするため」などと抜かして、あたかも自民党政権が沖縄の発展を支えて来たかのような言い回し。沖縄の子どもの貧困率が全国平均の2倍となってしまったのは、これまで自民党政権が沖縄の貧困問題をホッタラカシにして来たからなのに、「引き続き〜着実に取り組みを進めます」などと抜かして、いかにもこれまで取り組んで来たかのような大嘘アピール。

きっこさんのメルマガご登録・詳細はコチラ

 

モリカケサクラ疑惑では、それまで一度も丁寧な説明などしたことがない安倍晋三首相(当時)が、答弁のたびに「今後も引き続き丁寧な説明をして行きます」と抜かしていました。UR口利き疑惑では、一度も説明せずに仮病でトンヅラした甘利明経産相(当時)が、3カ月ぶりの会見で「今後も引き続き丁寧な説明をして行きます」と抜かしました。今回の岸田首相の式辞は、こうした「悪しき前例」を見事に踏襲しているわけですが、もしかして自民党内には「引き続き」という言葉の使い方のマニュアルでも存在するのでしょうか?

そして今回、あたしが最もぶっ飛んだのが、2024年以降の返還が予定されているキャンプ瑞慶覧のロウワー・プラザ住宅地区(約23ヘクタール)への以下の言及でした。

「在日米軍施設・区域の整理・統合・縮小を進めており、返還された跡地は、沖縄の将来の発展のためにご利用いただくものになります。その一環として、キャンプ瑞慶覧のロウワー・プラザ住宅地区については、返還に先立って、緑地公園として県民の皆さまにご利用いただくことを、近く日米間で合意いたします。来年度中の利用開始に向け、必要な準備を進めてまいります」

これだけ読んでも、何が問題なのか分からないでしょう。あたしも、岸田首相の式辞をリアルタイムで聞いていた時は「へえ、そうなのか」と思っただけでした。あたしがぶっ飛んだのは、この地域の地権者へ取材した翌日の報道を見た時でした。この土地の地権者たちは、緑地公園にする話など聞いていないと言うのです。

沖縄の米軍基地や米軍施設は、全てそこに住んでいた人たちを追い出し、家々を戦車で踏み潰して破壊し、その上に造られたものです。そのため、全ての基地や施設に数多くの地権者がいます。軍用地の地権者は、市町村ごとの軍用地主会に所属しています。それぞれの地主会の会長が米軍と一括契約し、個々の地権者に借地料を分配します。

ま、それはともかくとして、もともとは暴力と武力で略奪された土地なのですから、米軍から返還されたら個々の地権者へ返すのが筋でしょうし、返還された土地を政府が何かに再利用するというのなら、まずはその土地の地権者たちへの説明と合意が必要のはず。しかし、地権者たちは「寝耳に水」、5月15日の岸田首相の式辞でこの計画を初めて知り、皆さん困惑していると言うのです。岸田首相は「近く日米間で合意いたします」などと抜かしましたが、まずは地権者たちとの合意のほうが先ではないでしょうか?

先週号のこのコーナーの「地球の反対側で売国を叫ぶ」で取り上げましたが、岸田首相は5月5日、ロンドンの金融街シティで講演を行ないました。そして、日本の貧富の格差をさらに広げる「資産所得倍増プラン」、危険極まりない「原発再稼働」、国民が何万人死のうがお構いなしの「6月から入国制限を大幅緩和」、国内じゃ誰も聞いたことのないトンデモ政策を3つも垂れ流して来ました。

そして今回は、数多くの地権者には何も説明せず、勝手に「緑地公園」って、もはや支離滅裂です。ご本人は安全運転につとめているつもりのようですが、この「おとぼけメガネおじさん」、どうやらそろそろ馬脚を露わし始めた模様です。

(『きっこのメルマガ』2022年5月18日号より一部抜粋・文中敬称略)

★『きっこのメルマガ』を2022年5月中にお試し購読スタートすると、5月分の全コンテンツを無料(0円)でお読みいただけます。
¥550/月(税込)初月無料 毎月第1〜第4水曜日配信

きっこさんのメルマガご登録・詳細はコチラ

 

image by: 首相官邸

2021年1月配信分 第104号 加害者の更生と被害者の救済/消えた黒猫の謎/探梅(1/27) 第103号 使い回しの施政方針演説/江戸時代のラブレター/スキー/あの魚の名前の意外な由来(1/20) 第102号 往生際の悪い男と執念深い女/新成人の皆さんへ/女正月/あの魚の名前の意外な由来(1/13) 第101号 初夢ダブルストラクチャー/大小歴と地球カレンダー/姫始(ひめはじめ)/世界のドナルド(1/6)

2021年1月のバックナンバーを購入する

2020年12月配信分 第100号 変異種と奇行種/女の平和/古暦(12/23) 第99号 今年の漢字/日本が大量保有する最強の化学兵器/海鮮鍋(12/16) 第98号 お帰り!はやぶさ2/タヌキとキツネの化かし合い/すき焼き(12/9) 第97号 あたしをスキーに連れてって/師走になると本当に師が走るのか?/寄せ鍋(12/2)

2020年12月のバックナンバーを購入する

MAG2 NEWS