大陸間弾道ミサイル(ICBM)で世間を騒がせている北朝鮮ですが、「日本海での北朝鮮漁船による海賊行為にも、もっと強く抗議すべき」と語るメルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』の著者で北朝鮮事情に詳しい宮塚先生。一体、日本海で何が起こっているのでしょうか。さらに、北朝鮮による輸入魚の「異物混入問題」の恐るべき真相も明かしています。

日本海で北朝鮮の漁船が海賊行為

岩波書店発行の『広辞苑』に、「蹂躙」とは「ふみにじること。ふみつけること。特に、暴威・暴力あるいは強大な勢いを以て、他人の権利・敵の陣営・国土などを侵害すること」とある。

なぜ、このような陳腐な文字をタイトルに使ったかというと、日本海側のある県のテレビ局から「日本の漁場が北朝鮮の漁船によって荒らされている。日本のイカ釣り船が漁場を追われている。漁師たちはこのままでは漁場が乗っ取られるとまで言っている。漁師がその現場の模様をビデオで撮ったので、解説してほしい」との依頼があったからである。

テレビ局の取材記者は小欄がかつて、生まれ故郷の秋田県・Y市で起きた北朝鮮から輸入していた「ハタハタ」にまつわる事件のことを解説したことを知っていたようだ。Y市ではハタハタを材料にした「ハタハタ弁当」が売り物であったが、ある時、この駅弁を食べた客から「弁当のハタハタに鉄の塊のような小さな異物が混入している」との苦情が出るようになった。駅弁業者は当初は「そんなことはあり得ない」と看過していたが、相次ぐ苦情に駅弁のハタハタを調べてみると、確かに小さな異物が入っているのが確認された。

「これは一体どういうことなのか」ということで、真相究明のために県の水産関係者などに原因調査を依頼したが、なかなか納得するような答えは得られなかった。そこで、駅弁業者から「そう言えば、Y市出身で北朝鮮のことを研究している人がいるではないか」ということで、勤務先に訪ねてきたことがあった。

「なぜ、このようなことになったのか、説明してほしい」とのこと。「重さを増やすためにやったのでしょうか?」と開口一番尋ねられたが、当時、ソ連から輸入していたサケマスは木箱に厳重に梱包されており、大きな魚なので重さを増やすために異物を混入することは考えられたが、ハタハタは小さいので、重さを増やすために異物を混入することは考えづらい。

それでは「理由は何か?」と質されたが、なかなか理由が浮かんでこない。そこで、「これは北朝鮮の水産会社で働く従業員たちのいたずら・反抗によるものではないか」と答えたところ、彼らは「納得がいかない」と言うような表情を示したが、この説明は正しかったことはその後、中朝国境踏査の調査の時に、吉林省・延吉市の西市場で北朝鮮から水産物を輸入している朝鮮族の業者が、「あなたの説明は間違っていない」とのことであった。

今から10年以上も前までは北朝鮮は日本に水産物を大量に輸出して外貨を稼いでいたが、北朝鮮の水産会社では責任者が職場の従業員に「この魚は日本に輸出して貴重な外貨を稼ぐ貴重なものである。粗末に扱うでないぞ」と厳命していたが、従業員にしてみれば「自分たちもこの魚を食べたいが食べるな」と言われ、しかも「日本は悪い国である。それなのにこの魚を日本人に食べさせるのか、癪に障るではないか、何かしてやろう」という雰囲気が職場にあり、そのとばっちりがハタハタに向けられたとのことであった。

この当時は北朝鮮では食卓に海の魚が食卓に上る家庭は少なかった。それが、北朝鮮の食糧不足と栄養失調などが取りざたされるようになり、金正恩は海の魚をもっと摂取すること(特に動物性たんぱく質の補給のため)を奨励し、漁業関係者に漁獲を増やすことを命じた。これに利益を得たのが漁師である。北朝鮮で漁師といえば、核心階層・動揺階層・敵対階層の中では敵対階層などに属していたが、上からの命令により漁業分野が脚光を浴びるようになり、漁師たちは時ならぬ恩恵をあずかるようになった。

北朝鮮では金になる職業は「幹部(カンブ)・漁夫(オブ)・寡婦(クァブ)」とまでいわれるようになった。これに目を付けたのが朝鮮人民軍である。

人民軍は水産物を利権として独占するようになった。北朝鮮ではどんな小型の漁船でも「朝鮮人民軍の所属」であり、管理責任者(責任者)がいる。しかも、港に係留されている漁船は朝夕の点検があるだけではなく、出漁する時には漁場までの往復の燃料しか与えられない。しかし、これでは漁獲量も限られるとの漁師の不満に、それならばもっと燃料を供給するから、日本海に日本の「大和堆」という良好な漁場があるから、そこに行けば豊漁となる事間違いなし、と言われ、「大和堆」が日本の排他的経済水域(EEZ)にあるにもかかわらず、この好漁場でスルメイカなどを違法操業で乱獲していくのである。

北朝鮮の漁師たちは「大和堆」が日本の排他的経済水域にあるが、これは日本の領海ではないことを承知しており、水産庁の船が北朝鮮漁船から数十分間にわたり追跡され、挙句の果てには小銃の銃口を向けられたこともある。北朝鮮の漁師たちの無法行為に対して、日本政府は「抗議する」だけである。日本は自らの水産資源を奪っていく、北朝鮮の漁船に対してもっと強固な対応をすべきである。

宮塚コリア研究所代表 宮塚利雄

image by: Flickr

出典元:まぐまぐニュース!