党内での求心力を失いつつあるとの声も聞かれる習近平国家主席ですが、ついに自身の考えを「習近平思想」なるものとして広めようと画策し始めたようです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者の北野幸伯さんが、習近平氏が目標とする「3人の男」を紹介し、その中の一人である「毛沢東」の人物像を掘り下げるとともに、習氏が自身の望みどおり「毛沢東と同等の神のごとき絶対権力者」となった後の中国と世界について言及しています。

毛沢東になりたい習近平と中国の暗い未来

習近平は、中華人民共和国「建国の父」毛沢東になりたいようです。

毛沢東に並ぶ「習近平思想」? 中国高官、相次ぎ発言

朝日新聞DIGITAL 8/5(土)19:18配信

 

中国共産党の高官が相次いで、習近平(シーチンピン)総書記(国家主席)の「重要講話精神」を「思想」と踏み込む発言をしている。秋の党大会では、習氏の「思想」が「毛沢東思想」や「鄧小平理論」などと並ぶ党の指導思想として党規約に盛り込まれるかどうかが焦点となっており、注目される。

「習近平思想」というのが、登場するかもしれないそうです。

中国の公式メディアは最近、「習総書記の重要講話精神と治国理政の新理念、新思想、新戦略」といった表現を多用し始めた。国務院新聞弁公室主任(閣僚級)で党中央宣伝部副部長の蔣建国氏は3日、朝日新聞など一部メディアに対し、こうした表現について「すでに完全な思想体系となった」と説明した。
(同上)

「すでに完全な思想体系となった」そうです。

また北京紙「新京報」は4日、習氏の腹心とされる北京市党委員会の蔡奇書記らが「習総書記の重要思想で頭を武装化」するよう求めたと報道。7月末の党の重要会議では、李克強(リーコーチアン)首相が「(習氏の講話は)一連の新たな重要思想を提起した」と言及していた。
(同上)

「『習総書記の重要思想で頭を武装化』するよう求めた」そうです。

ところで、「習近平思想」が登場する意味はなんでしょうか?

江沢民元総書記が唱えた「三つの代表」や胡錦濤前総書記の「科学的発展観」は指導思想として党規約に明記されているが、それぞれの名前はない。習氏の名前が入れば、毛沢東や鄧小平に並ぶ権威付けとなる。さらに「理論」より格上とされる「思想」との表現なら、毛沢東と並ぶ最高指導者の位置づけとなる。
(同上)

中国には、「毛沢東思想」と「鄧小平理論」がある。しかし、「思想は理論より上」。つまり、毛沢東は、鄧小平より上である。もし、「習近平思想」が登場すると、習近平は、「毛沢東に並ぶ偉大な指導者」になると。「バカバカしい」ことしていますね。

習近平は毛沢東にあこがれる

中国研究の大家・近藤大介先生によると、習近平は3人の男を尊敬しているそうです。

一人目は、父・習仲勲。(元副総理)お父さんを尊敬するのは、すばらしいことです。二人目は、プーチン。プーチンは、17年間政権にいて(08〜11年は首相だったが)なおかつ支持率87%。「長期独裁政権を築き、なおかつ国民から支持されている」ということで、尊敬している。三人目は、毛沢東。

毛沢東ってどんな人?

毛沢東は、どんな人だったのでしょうか?

天才的な戦略家であった、これについて、賛成しない方も多いでしょう。「毛沢東は逃げてばっかりだった」と。しかし、中国の戦略思想(たとえば孫子)によると、「戦わずして勝つ」のが「最上策」なのです。毛沢東は、孫子の教えに従い、日本と中国国民党を戦わせ、疲弊させた。日本は敗北。毛率いる中国共産党は、国民党との内戦で勝利し、中華人民共和国を建国した。

さらに、毛沢東は、1960年代末、「ソ連に対抗するため、アメリカと組む」ことを決意します。これ、今までは、「ニクソンとキッシンジャーが和解を決めた」と考えられてきた。しかし、ニクソン、キッシンジャーと共に米中和解を成し遂げたピルズベリーさんによると、「中国から接近してきた」そうです。つまり、毛沢東が「米中和解」を主導した。

これは、中国にとって、ありえないほど素晴らしい決断でした。まず第1に、ソ連の脅威が消滅した。第2に、中国は、アメリカ、日本から、金、技術をドンドンもらい、奇跡的な経済成長を成し遂げることができた。成長については、「鄧小平の功績」ということもできますが、その「枠組み」をつくったのは毛沢東です。

しかし、毛沢東は、非常に大きな失敗を二つしました。一つは「大躍進政策」。(1958〜1961年)これは、農工業の「大増産運動」。詳細は省きますが、これで1,000万〜4,000万人の餓死者が出たそうです。もう一つは、「文化大革命」。(1966〜1976年)これは、「知識人」など「反革命分子」の大粛清運動です。どれだけ亡くなったか? 40〜1,000万人まで諸説あり、はっきりしません。死ななかった「被害者」は、1億人とか。

「神」習近平と中国の暗い未来

長期独裁政権でなおかつ国民から支持されるプーチン。彼にあこがれる習近平。中国の「神」になった毛沢東にあこがれる習近平。要するに、習近平は「神」になりたいのですね。

「神」にもいろいろあります。たとえば、「エゴ」を消滅させて、「神のごとき人」になる人もいる。たとえば、ある分野に異常に優れ、「○○神」と呼ばれる人(例、野球神イチローなど)。

しかし、習近平がなりたいのは、「神のごとき絶対権力者」。彼がその願いを実現すれば、中国と世界はどうなるのでしょうか?

過去に例があります。たとえば、ヒトラー、スターリン、毛沢東、金日成などなど。彼らの共通点は、「国内で大粛清を行ったこと」です。習近平も「汚職追放運動」を熱心にしていますね。後々、さらに大規模な粛清が行われないか、今から心配です。

いずれにしても、今の時代「毛沢東のようになりたい」なんて馬鹿げています。それに、毛の国際的評価は、「偉大な戦略家」ではなく、「ヒトラー、スターリンに並ぶ大虐殺者」。そんな毛にあこがれる男がトップにいる。

中国の民は、哀れ。しかし、毛沢東にあこがれる男は、「日本に沖縄の領有権はない!」と宣言しているので、まったく油断できません。

image by: Flickr

出典元:まぐまぐニュース!