日本では普通、駐車禁止などではまず切符が切られることがほとんどで、大抵はそれに懲りて同じ場所に違法駐車したりはあまりないだろう。

しかしこちらの動画では、路上に止めてあるBMWにテープが貼られ、しかも発車できないように後輪には拘束具までつけてある。よほど同じ場所に駐車を繰り返したか、悪質な駐車違反をしでかしたのだろう。

ここまでされたら当局に連絡し対応があるまで為す術もない、誰もがそう思うだろう。

しかしこちらのおじいさんは違った。

後輪にガッチリつけられていた拘束具を、力一杯引っ張って無理矢理引き剥がし、テープも剥がしてから颯爽と走り去ってしまった。

ナンバーなどは控えられているはずなので、後日みっちり罰を受けるとは思うのだが、やはり見ていて気持ちいいものではない。

図々しいというか、肝が座っているというか…

「頑固ジジイ」という文化は、日本の専売特許ではないようだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(RM Videos)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

MAG2 NEWS