「精日」と呼ばれる中国の方々がいるのをご存知でしょうか。日本人や日本社会を高く評価し自らの生活に取り入れる人々のことで、このような若者たちが増えている一方、中国政府は彼らを「中国人のクズ」と吐き捨てているのだそうです。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、そんな「精日」について詳細に解説した書籍をレビューしています。

偏屈BOOK案内:『精日 加速度的に日本化する中国人の群像』

612laD+6LiL『精日 加速度的に日本化する中国人の群像』
古畑康雄 著/講談社

「精日=精神的日本人」と呼ばれる新しい中国人が、日中両国で注目されている。著者の取材で得た感触では、「もともと日本人ではないが、日本人や日本社会の生活様式、文化、価値観を高く評価し、自らの生活にも取り入れることで、できるだけ(彼らの考える)日本人に近づこうとする外国人(実際には中国人)」のことだという。聞き慣れない言葉だが、どこの誰が言い出したんだ。

著者が初めて「精日」という言葉を聞いたのは、2018の全人代における王毅外相の発言だった。「精日をどう思うか」という記者の質問に「中国人的敗類」と吐き捨てた。敗類とは、集団の中の裏切り者、堕落した者、人間のクズという意味で「中国人のクズ」、昔の日本の言葉で「非国民」のような表現である。

日本メディアは「精日=日本の軍服を着た親日派の若者」という、中国当局やメディアのレッテル貼りをあっさり鵜呑みにしているが、この本を読めば、それがまったくのウソであることがわかる。「精日」とは中国共産党の愛国ナショナリズムというプロパガンダに対し「NO!」を表明する人たちであり、中国政府との距離感の変化を見せる、新しい中国人のことを指すのだという。

この本では「精日」という言葉を手がかりに、昨今の中国の対日意識の変化を捉え、併せて日本人が今後どう中国と向かい合うべきかを考える。著者は共同通信で2001年に中国語ニュースサイト「共同網」を立ちあげた人で、「作られた反日」が転換期を迎えている昨今、「精日」の正当な評価を望んでいる。

中国の反日デモは2012年9月以来、全く起きていない。しかし政府やメディアは、未だに過去の「日本=侵略者」という見方を国民に押しつけている。観光等で来日し、現実の日本を知った人は日本に好感度が高い。「精日」とは、温和、礼節、清潔、秩序、勤勉、協調、謙虚といった、日本人の優れた特性やライフスタイルを尊重し、学び、自分の生活に取り入れようとする中国人をいう。

大手検索サイト「百度」の「精日」解説では「極端に日本軍国主義を崇拝し、自らの民族を恨み、精神的に軍国主義の日本人と自らを同一視する非日本国籍の人々を指す。(略)このような人々は中国や韓国などに分布し、知識レベルの低い若者たちが主体であり、『日雑(日本雑種)』とも呼ばれる。精日は日本軍国主義に熱狂するという明かな特徴があり、他国への興味を自分の国家や民族に対する侮辱や冒涜の上に築いている」と、政権側の定義を用いている。

共産党政権が「精日」を忌み嫌うのは、日本的価値観への支持が、自らの愛国イデオロギー(抗日、反日)や統治を正当化する歴史観への否定に繋がるからだ。しかし「精日」は、日本からいいものを謙虚に学ぼう、いいものはいいと言ってなぜ悪いのか、と考えているだけなのだ。一党独裁のもとの中国人はまるで機械のような均一な思想を持っている、というわけではないことが分かる。

現地取材における相手の個人情報は危険だから出さない。表紙には4人の精日の若者が顔出ししているが、たぶん日本に住んでいる人なのだろう。今の日本には「精中」や「精韓」の日本人もいるが、自らを誇らしくそう名乗ることはせず、ただただ母国を貶める言動に勤しんでいるのだから情けない。

観光で初めて日本を訪れた中国人の多くは、国家が宣伝する日本の姿が真実の日本ではないことに驚くらしい。政権やメディアが作り上げた日本のイメージが、あまりに非現実的な歪んだものであるため、真実を知ると愕然とし、日本への反感が一気に好感に変わるという、劇的な意識変化が起きているようだ。

言論NPOという組織が2018年10月に発表した日中両国の世論調査では、日本に良い印象を持つ中国人が42.2%と、前年より10.7ポイントも改善したそうだ。その理由は米中貿易摩擦など中国の対外関係の悪化にあり、風向きが変わればまた反日キャンペーンに転じる可能性もある。その逆流に歯止めをかけることができるのは、「精日」に象徴されるような新たな中国人だと著者はいう。

中国共産党政権がなぜ「精日」という言葉を忌み嫌い「中国人のクズ」とまでいうのか。それは、彼らの「日本精神」とも通ずる日本的価値観への支持が、政権の愛国イデオロギーや、自らの統治を正当化する歴史観の否定につながるからだ。一方で、「精日」という言葉は政権側の自作自演だという説もある。

共産党を批判する「精日」の一人は、「南京大虐殺」は虚構であると明言する。なぜ1990年代になってから、中国はこんなことを言い出したのか。天安門事件以降、共産党のイデオロギーは事実上破綻したからだ。そこで江沢民は民族主義を使って国民の凝集力を高めようと、本多勝一が言い出した「南京大虐殺」という新ネタを使い出した。それまで誰も知らなかったのは、創作だからだ。

ネットでは「精日」の他、「精美(アメリカ)」「精俄(ロシア)」などがあるが、韓国人は嫌われていて「精韓」はない。日本は中国人が憧れる「西側の普遍的民主主義社会の価値観」「中国と比較的近い生活様式」「東アジアの中産階級が喜ぶ文化・娯楽環境」の三つを備えた国だという、20代の「精日」の意見がある。このような見解を持つ中国人は、決して少なくはない。

「政治制度の違いは別として、ゴミの分別、環境保護、社会治安、人と人との関係など、最も基本的な社会のレベルから見ても、中国が日本の現在のガバナンスの程度に達するには100年で充分かどうか疑わしい」という「精日」がいる。20代の若者と、60代の知識人が日本について同じような見解を示していることに著者は驚く。中国人の帰属意識に大きな変化があることは事実らしい。

わが家から自転車で5分、三井ショッピングパークに行くと中国人女性が少なくない。見かけは日本人と変わらないが、常に陽気な数人連れで、声が異様に大きいから目立つ。とにかくうるさい。でもなんとなくふにゃふにゃな中国語は、いつも喧嘩腰のような韓国語より抵抗感が少なくて我慢できる。

編集長 柴田忠男

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS