韓国で新型コロナウイルスの流行の中心となった、秘密主義の新興宗教団体「新天地イエス教会」。この教会が感染源となり、多くの人たちに拡散させることになってしまった。しかし、また同じような出来事が韓国で起きてしまった。

中央日報によると、京畿道城南市(キョンギ・ソンナム)は16日、「恩恵の川教会」の信徒40人が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の確診判定を受けたと明らかにした。これで恩恵の川教会に関連した感染者は計46人になったという。

感染者増加をしている背景から、韓国政府と京畿道は事前に宗教集会の自制を求めていたが、恩恵の川では日曜日に教会で礼拝を行ったことが分かっており、これが感染を広めた原因と見られている。

3月1日と8日に行われた礼拝に参加した信徒135人全員を対象に15日検体を採取し検査。106人を対象にした調査が終了し、陽性判定が46人、陰性判定が58人、その他は再検査などだったという。

恩恵の川教会は9日から22日まで2週間自主的に閉鎖した状態となっているが、再び起きた集団感染に対し、別の教会施設とはいえ、韓国国内の反応も冷ややかだ。

自粛要請を無視して起きた集団感染

新興宗教団体「新天地イエス教会」で起きたコロナウイルスの集団感染は教訓とならなかったか。韓国の教会で再び礼拝をきっかけとした感染が起きた。1日あたりの新たな感染者数が二桁台となり、収束に向かっているかと思われていた韓国。自粛要請を無視して起きた集団感染だけに、ネット上では信じられないという声が聞こえてくる。

韓国では自粛要請は無視されるらしい。緊急事態宣言で強制すればどうなるのだろう。罰則弱ければそれでも無視するのかもしれない。韓国人は絶対入国させてはいけない。

【クラスター】ソウル近郊の教会で40人超がコロナ集団感染 礼拝自粛要請を無視 https://t.co/nifmMWJ0n6 @er_newsnetさんから

— 美しい日本 (@japanhascomeT) March 16, 2020


韓国のコロナの隔離解消者が昨日1日で300人計1000人越え。
新規感染も70人ちょい。

一方で自粛要請を無視したキリスト教の教会に集まった人が新たに集団感染。

確かに自粛ムードは一定の効果があるみたいやけど。。。
メンタルと経済への影響は。。

— skyholic 目指せ気象予報士️ (@skyholic84) March 16, 2020


当局からの指示を無視する傾向は韓国教会に顕著であるが、これを機に自浄作用が働くのか?

ソウル近郊の教会で40人超が集団感染 礼拝自粛要請を無視 https://t.co/3iao75SzGT

— Mahshah✝️ (@remnantmahshah) March 16, 2020


韓国発「教会でコロナ感染」を日本の宗教界はどう受け止めるべきか 感染症との戦いは仏教の伝統である https://t.co/PkPESEjNyX #POL

— tom_epr (@Tom10686) March 15, 2020


> 京畿道城南市(キョンギ・ソンナムシ)は16日、「恩恵の川教会」の信徒40人が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の確診判定を受けたと明らかにした。

また教会か

韓国首都圏の教会で新型肺炎の集団感染…一日で40人感染(中央日報日本語版) https://t.co/Rh5kcZOvru

— 進撃のグレン (@guren_3) March 16, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:中央日報

image by:青瓦台 Facebook

MAG2 NEWS