新型コロナウイルスとの関連が疑われ、米ニューヨーク州で多く確認されている「川崎病」に類似した症例が、102人報告されていたことがわかった。そのうち71%が集中治療室(ICU)に入ったといい、州では警戒を呼び掛けていると時事通信が伝えている。

米東部ニューヨーク州のクオモ知事は、同州以外にカリフォルニア州など14州と首都ワシントンも子供の血管などに炎症が起きる症状を調査中だと明らかにしました。 https://t.co/PCvyktZKjH

— 時事ドットコム(時事通信ニュース) (@jijicom) May 13, 2020

「川崎病」類似症例がNY州で増加

ニューヨーク州のクオモ知事は13日に会見し、全身の血管に炎症が起こる「川崎病」に似た症例が100件以上にのぼっていることを明らかにした。川崎病は主に乳幼児がかかるとされているが、今回報告されている症例では5歳から14歳が全体の約6割を占めている。

報告された症例のうち、6割が新型コロナ検査で陽性で、4割に抗体があったという。7割が集中治療室(ICU)に入り、約4割は現在も入院している。死亡が確認されたのは5歳男児、7歳男児、18歳の女性の3人。

TBSによると、クオモ知事は川崎病に類似した症状を示す子どもに対して、優先的に新型コロナウイルスの検査をするよう州内の病院に対して指示したといい、5日以上続く高熱や腹部の強い痛み、下痢またはおう吐、皮膚の変色などを症例の特徴としている。

米NY 18歳女性も死亡、「川崎病」に似た症状で https://t.co/54CsPYl2Nq #tbs #tbs_news #japan #news

— TBS NEWS (@tbs_news) May 13, 2020

また、ニューヨーク州以外にもカリフォルニア州などの14州、そして首都ワシントンも、この川崎病に似た血管などに炎症が起きる症状を調査中だとしている。

CNNによると、疾病対策センター(CDC)は新型コロナウイルスに関連する恐れがあるとして、医師に警告する準備を進めている。

新型コロナとの関連はあるのか?

新型コロナウイルスによる感染症の被害が最も大きいアメリカで、徐々に増えつつある「川崎病」に似た症例の報告。実際に新型コロナと関連があるかどうかはこれから研究が進められていくが、もし何か繋がりがあるとすれば厄介だ。特にこの川崎病に類似した症例は若年層に見られることが多いとされ、ネット上でも心配する声が上がっている。

世界各地で報告されている川崎病は特に日本人を含むアジア系の人々が多く発症している。
しかしニューヨーク州のこの「川崎病に似た」症例では、白人がもっとも多く25%、次に黒人22%、ヒスパニック系やそのほかが19%ずつと続く。アジア系は3%。

— kotoli (@kotoli33) May 14, 2020

川崎病に似た症状ってやつがポツポツ増えているので詳細知りたい

— piyochangod (@piyochangod) May 14, 2020

自分は川崎病にかかったことあるから、人名っていうことは分かってたけど、川崎市のことだと思ってる人もいるんだね。

— オトうつぼ (@otoutubo) May 14, 2020

3月は時々「たこつぼ」心筋症という日本語の疾患名が海外から流れてきていたが、最近は「川崎病」が流れてくるようになった。
たこつぼにも気をつけて下さい。 https://t.co/HoNZg87O3a

— mm (@tyonarock) May 14, 2020

川崎病様の疾患がイタリアでは30倍ぐらい増加したという報告。日本ではこういった様相は認められてないということだけど。
人種差、COVID-19の株とかに影響されるのかな

— 通りすがりの麻酔科医 (@torisugari_anes) May 14, 2020

コロナ落ち着いてきたなーって思ったら次は川崎病似のやつ流行ってきてるとか地球終わってんな笑

— もくでん◢͟│⁴⁶ (@mkdn_kyz) May 14, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 時事通信、TBS

image by: Ron Adar / shutterstock

MAG2 NEWS