中国の研究者グループが国内の豚から新型のインフルエンザウイルスを検出し、人への感染も確認されたとBBCニュースやAFP通信などが伝えている。研究結果をまとめた論文が29日、米科学アカデミー紀要に掲載された。新型コロナウイルスの収束が見えない中、新たな流行の恐れが不安視されている。

豚インフルエンザのパンデミックの可能性は?

今回報告されたウイルスは、2009年に流行したインフルエンザH1N1に由来するとされ、2016年頃から多くの豚で感染が確認されているという。

注目すべきは人への感染能力を持っているという点で、季節性インフルエンザの免疫では防げないほど感染力が強いとされる。

人から人への感染例はまだないというものの、パンデミックを引き起こす可能性があり、今後注意が必要だ。TBSニュースによると、「中国の養豚業者の間ですでに感染者が一定程度いる」とされ、既に豚から人への感染が起きていることが明らかになっている。

過去には鳥インフルエンザが世界中で大流行

インフルエンザウイルスには、A型、B型、C型、D型の4種類があるとされ、A型ウイルスは人にもさまざまな動物にも感染する。B型ウイルスは人と人の間でのみ感染が循環し、季節性の流行を引き起こす。一方、C型ウイルスは人とブタに感染する可能性があるが、感染症状は一般的に軽度とされ、D型は牛をはじめとする家畜に感染するという。

近年、動物から人へ感染した代表的なものとしては鳥インフルエンザがある。これは鳥に対して感染性を示すA型インフルエンザウイルスのヒトへの感染症で、世界的に流行したこと過去もある。日本で人が発症した例は確認されていない。

ネットからは「もううんざり」の声

新型コロナウイルスの混乱が続く中、新たなインフルエンザウイルスの発見に世界中が辟易としている。もしパンデミックの事態を引き起こしてしまったら、この先世界はどうなってしまうのか。ネット上では「怖い」「勘弁してほしい」「また中国」など、落胆にも近い声が聞こえてくる。

コロナウイルスの次は豚インフルエンザが流行るの…?
もしくは同時…?😱
どちらにせよ怖い、、

— Chihiro(*´◡`*)M (@ChrBsk) July 1, 2020

今度は豚インフルエンザって、、、勘弁してー😱

— なおや (@ncksa_disney) July 1, 2020

次は豚インフルエンザ…?
中国の衛生環境的なのを改善するべきなのでは…?

— よつば@気分屋 (@Yotuba_t) July 1, 2020

コロナも去年の10月ぐらいに少し中国で出始めて、医師が警鐘を鳴らしてたけど、1月ぐらいから日本にもちらほら入ってきて今はこんな感じ。で、また中国の豚からでた新型インフルエンザに警鐘を鳴らしてるらしいけど、また同じことになるのでは?警鐘を鳴らす、と聞くだけで嫌になる😢気分滅入るな〜😕

— naoko (@naoko705chopin) July 1, 2020

豚インフルエンザは以前から危険と言われてたからね…

— 徹平 雛森りんご&ゴッサマ推し&愚民 (@MPJ7iM0bmdvwGcP) July 1, 2020

コロナに続いて、三峡ダム崩壊、新たに豚インフルエンザ流行とか、年内だけで役を揃える様に中国の災害が派生してしまうだけなら、運が悪かったと思えるが、政府が情報隠蔽して対策遅れるというのはやめて欲しいな。

— Tom Tit Tot (@Tom_Tit_Tot) July 1, 2020

コロナの次は豚インフルエンザですか
いよいよ神様が人類滅ぼしに来たかな

— セイント (@saint0228) July 1, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: BBCニュース、AFP通信、TBSニュース

image by: shutterstock

MAG2 NEWS