共同通信によると、ブラジルのボルソナロ大統領が「地元民放CNNブラジルに対し、自身に38度の熱など新型コロナウイルス感染症の症状があることを明らかにした」とし、「既に検査を受け、7日にも結果が判明する」と報じている。

ブラジル大統領がコロナ感染か 「ただの風邪」と軽視 | 2020/7/7 – 共同通信 https://t.co/wqVsSHWjs6

— 共同通信公式 (@kyodo_official) July 7, 2020

ブラジル・ボルソナロ大統領に新型コロナ感染の疑い

ブラジルでは6日までに162万人の感染が確認されており、そのうち6万5000人が亡くなっている。感染者数、死者数とも米国に次いで世界で2番目に多い。

しかし、ボルソナロ大統領は経済活動を優先し、新型コロナ感染症を「ただの風邪」と断言。危機感を募らせる地方の州知事たちを敵視し、新型コロナウイルスの脅威を否定し続けていた。

記者たちからブラジル国内で増え続ける感染者数について尋ねられても、「だから何なんだ? 」と言い放つなど、大統領の資質を疑問視されていたボルソナロ氏。当初は批判的な意見が多かったが、ここへ来てその方針を評価する声も聞かれ始めていた。

国内では評価されつつあるボルソナロ大統領

実はボルソナロ大統領はさまざまな経済対策を打ち出している。仕事を失った貧しい人たちへ助成金をスムーズに配布したり、デリバリーサービスをする飲食店やネット企業などに集中的に助成金を出すなど、失業者の増加食い止めに尽力している。

また、経済の生命線だとして、長距離トラックの運転手に徹底した衛生対策を行うなど、経済の側に立った感染対策を進めているといってよい。刻々と状況が変化する中、これらが今改めて評価されているのだ。

ボルソナロ大統領は高熱のため、今週のスケジュールを全てキャンセルしたというが、自身も新型コロナウイルスに感染してしまったのか。検査結果が出るのは7日。もし陽性反応が出て離脱することになれば、ブラジルにとって大きな影響が出そうだ。

Twitterの反応

メディアのこれまでの報道から、すっかり悪者イメージのボルソナロ大統領。ネット上では「やっぱり自分も感染したのか」「しばらく帰ってこなくて良い」「身をもってコロナの恐ろしさを知ることになった」など、さまざまな声が上がっている。

国民に強いてきた事を
身をもって体験してほしいね

トップがこれだとね
特に貧困層は救われないhttps://t.co/eWCntByLuQ

ブラジル大統領が38度発熱でコロナ検査、今週の予定取りやめ−CNN – Bloomberg https://t.co/dkcKObnL2T

— sun-go☆ (@sungo_show) July 7, 2020

コロナは風邪って言うてたブラジルの大統領がコロナとかフラグ回収すぎる

— じよーじ🍥 (@ltlsjoh) July 7, 2020

無防備戦法のブラジル大統領がとうとうコロナかも…? https://t.co/wQ0yaVr4YO

— 令和干物ちゃん (@himono_1234) July 7, 2020

新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領 https://t.co/rPEJ1tsQec

— 【第9回総選挙お疲れ様】MA108P (@MA108P) July 7, 2020

ブラジルのポルソナ大統領にコロナの症状が出たというのが話題となり、重症化して自分の誤りを認めて欲しいと思う人は大勢居ると思うが、こういう人に限って重症化しないんだよな…

— 学生 (@sa07782248) July 7, 2020

「コロナは風邪」発言のブラジル大統領、発熱で検査 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル https://t.co/xXKe7OjmjW
2年くらい入院していた方がいいと思う。

— 越後屋 もっち (@1905Tor) July 7, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 共同通信

image by: BW Press / shutterstock

MAG2 NEWS